menu

私たちが撮った「想い溢れる人写真」 Part 5

GENIC Vol.59掲載用に募集いたしました、みなさんが撮った「想い溢れる人写真」。
被写体へのあたたかな想い、写真への熱き想いをたくさんいただきました。中でも編集部の胸を打った、素敵な写真たちを紹介します。
Part 5は、misakiさん、shiさん、aekaさん、hiiiさんです。

  • 作成日:

ADVERTISING

misaki

娘との日常を残したくて、写真を撮っています。馴染みの街で、ネギをバットに見立てて"ネギバット"ポーズをする娘の姿です。

misaki Instagram

shi

この春、小学校を卒業した息子のサッカーチームです。コロナ禍で練習も試合もあまり出来なかったので、最後は仲間や絆を撮りたくて。あえていつもは撮らない足元を撮りました。

shi Instagram

aeka

娘がアイスを食べている姿が好き。夏になりこんがり焼けてきた肌、夏の定番のノースリーブワンピース、アイスが大好きで仕方ないという表情が、この写真のお気に入りポイントです。

aeka Twitter

hiii

三人目を妊娠中に、大きなお腹とカメラを抱えて公園に行った、なんでもないけど特別なあの日。「ままーみてーぺんぎん」という息子たちの言葉に、シャッターを切る私。この写真を見るたびに、胸がギュッとなります。

hiii Instagram

GENIC VOL.59 【私たちが撮った「想い溢れる人写真」】

GENIC VOL.59

特集は「だから、人を撮る」。
最も身近にして最も難しい、変化する被写体「人」。撮り手と被写体の化学反応が、思ってもないシーンを生み出し、二度と撮れないそのときだけの一枚になる。かけがえのない一瞬を切り取るからこそ、“人"を撮った写真には、たくさんの想いが詰まっています。泣けて、笑えて、共感できる、たくさんの物語に出会ってください。普段、人を撮らない人も必ず人を撮りたくなる、人を撮る魅力に気づく、そんな特集を32ページ増でお届けします。

Amazonへ

おすすめ記事

私たちが撮った「想い溢れる人写真」 Part 4

【DEAR MY PEOPLE 愛する人を撮る #1】砺波周平

【GENIC 2021年7月号】「だから、人を撮る」/ ポートレート特集

次の記事