【yucoの加工レシピ Vol.15】流行りのレトロ加工ができるビデオアプリ「RTRO」。何気ない日常をおしゃれな瞬間に変身させよう♡

yuco<連載コラム>

yuco<連載コラム>毎週水曜日更新
様々なSNSに写真と動画で旅を綴るyucoが
もっと写真が楽しくなる
最新の加工事情やアプリレビューをお届け!

【yucoの加工レシピ Vol.15】流行りのレトロ加工ができるビデオアプリ「RTRO」。何気ない日常をおしゃれな瞬間に変身させよう♡

こんにちはyucoです。
相変わらず色んなアプリや加工を試している日々ですが、最近は、写真も動画もレトロな感じにするのがマイブームなんです♡
このコラムでも何度か話題にしているレトロ加工。トイカメラも流行っているし、ヴィンテージっぽいイメージが好きな人も多いはず。今回紹介するのは、どんな瞬間もおしゃれに、そして、どこか懐かしい雰囲気に変身させる動画アプリ「RTRO」です。

このアプリは、フィルム調のレトロな映像が撮れるアプリです。使い方は簡単!!

無料で使えるフィルターは3種類。これだけでも十分に可愛いのですが、もっと色々なフィルターを試してみたい人は、有料で購入するのも◎。有料のフィルターは全部で13種類。
アプリを開いて下部の好きなフィルターを選び、赤丸を押して撮影スタート。
撮れる動画の長さは最大1分です。

撮影前、右上のマークをタップすると、以下のように、3つの設定をすることができます。

DEVICE LENSで設定できるのは、レンズの焦点距離。オート、1倍、2倍まで選択が可能です。設定では2倍ズームまでですが、RECボタンを押しながらズームしたい箇所へ動かすと2倍以上のズームインもできます。
FRAME RATESは、フレームレート数(単位時間あたりに処理させる静止画像数=コマ数)を選択することができます(有料機能)。
ANAMORPHIC DESQUEEZEは、映画の画面のように黒い縁をつけることができます。
スマホを縦で撮影すると左右に出るため、横で撮影する際におすすめです。

一度撮影をとめても、続き(丸印部分)から撮影を再開できるのは嬉しい♡
難しい編集が苦手な人、おしゃれなフィルターでシンプルなショートムービーを作りたい人におすすめです。

撮影した動画は、アプリ上でクリップの長さ調節(トリミング)や、サイズを3:4や1:1などに変更することも可能です。
なお、ANAMORPHIC DESQUEEZEで撮影した場合は9:16のサイズは1:2.4に変わります。

RTROを使って撮影した動画は、左下(Stories)から確認することができます。

RTROで撮影した動画は、アプリ内に一時保存しておくこともできます。撮影時、左上の「✖」で「Save Video」を選択しておくと、カメラロールに保存しなくても、「Stories」に残ります。

左下のEDITから、アプリ内保存している動画のサイズやクリップの長さをいつでも変更できます。
また、右端の「RESUME」を選択すると、アプリ内に保存している動画に、続けて新たに撮影することもできます。

これは家の中で撮ったもので、レトロ加工された動画は温かみがあってどこか懐かしい雰囲気になります♡
おしゃれな動画を簡単に撮ることができるので、試してみてください!

【yucoの加工レシピ】バックナンバー

Vol.14 好きなものを集めてインパクトのある一枚に!コラージュ加工で自分らしさを最大限に発揮して♡
Vol.13 要らないものは指一本でなんでも消しちゃおう!スマホでできる簡単レタッチ

yuco

旅、ファッション、カフェ情報から、おしゃれな写真の撮り方まで、みんながHappyになれる情報をSNSで発信しているトラベルブロガー。世界で流行っている写真加工や動画のスタイルをいち早くキャッチし、実践している。

yuco Instagram
yuco Blog
前の記事