【写真を通して伝えたいこと #4】YUUKI(トラベルフォトグラファー)

GENIC編集部

まだ見たことのない光景や奇跡の一瞬を探して、世界を駆け巡るフォトグラファーたちが、「旅先での一枚」を通して伝えたい想いとは…?
カメラとともに世界を旅するフォトグラファーでありセレクトショップオーナーでもある「YUUKI」のアイデンティティに迫ります。

YUUKI

YUUKI 1984年生まれ、和歌山県出身。専門学校卒業後アパレル数社でデザイナーとして勤務しながら、自身のハンドメイドブランドを展開。26歳でフリーランスのファッションデザイナーとして独立。数年前より、趣味の旅行と写真が高じてトラベルフォトグラファーとして世界各国を取材。オンラインセレクトショップ「ANCIENTALA」のオーナーも務める。

旅とは…❝クリエイションのインスピレーションであり、人生でなくてはならないもの。❞

─旅を撮影する際のこだわりは?

現地の空気感をそのまま伝える。

きれいな観光地ばかりではなく、その土地の暮らしが感じられる場所で撮影するのが好き。現地の空気感を大切にしたいので、ローカルの人とは積極的に触れ合います。

上の写真はトルクメニスタンのマーケットでの一枚。
日本人が珍しいらしく、カメラを向けると笑ってくれる人が大勢いました。

─これから行きたいところは?

南米。

特にアルゼンチンとチリ。写真でしか見たことがない世界を、実際に自分の目で見てみたい。

─カメラにハマッたきっかけは?

写ルンです。

中学とか高校の頃「写ルンです」が流行り、カラオケとかで撮り始めたのがきっかけ。現像に出すと、自撮りしたはずが鼻から下しか写ってなかったり、フラッシュが効きすぎて真っ白だったり…。見ていた景色とは違う思わぬ仕上がりがおもしろくて、撮ることにハマりました。

─今までのベストトリップは?

キューバ。

2017年に訪れたキューバは、時代の何もかもが止まっているかのようでした。
旅行ってこんなに大変だったんだ、と痛感。インターネットも繋がらず、何年ぶり!?って感じで紙の地図を見ながら歩き、わからないことは人に聞きました。

実は前の結婚の新婚旅行だったんです。
それって、普通の人は「ベストトリップ」にはならないですよね(笑)。
それでも一番だと思うくらい、心が躍った旅先でした。近々、また行きたいです。

─思わずシャッターを切りたくなる瞬間は?

初めて見る光景に出くわしたとき。

その国のローカルらしさが溢れる一瞬にときめきます。
この写真は、ネパールの街中でよく見かけるスナックの屋台車を思わずパチリ。

─旅先でのベストショットは?

南アフリカのヒョウ!

サファリからホテルに戻る途中、「レオパード!!」という叫びとともにジープが急停止。
とっさに構えたカメラで捉えることができた、偶然の一枚。

YUUKI Instagram

オンラインショップ ANCIENTALA

YUUKIさんがオーナーを務めるオンラインセレクトショップ「ANCIENTALA」
が、3月にリニューアルオープン。新作が続々と入荷!

GENIC VOL.54 【Traveling with Camera】
Edit:Satoko Takeda

GENIC VOL.54

「My Identity with Camera.写真を通して伝えたいこと」を大特集。
国内外の表現者やクリエーターたちが、レンズを通して切り取りたい世界、写真という表現を使って伝えたいこと、にたっぷり迫りました。

Amazonへ

いつか行きたい南米の観光スポット

Photo:skipwithgrace

新・世界七不思議の1つ。謎多き遺跡「マチュピチュ」

Photo:krystinesc

巨大なキリスト像が目印!コルコバードの丘

Photo:krystinesc

世界の「不思議な手」まとめPART2♡にょきっと編

前の記事