menu

【人生に気づきをくれた1枚】藤原さくら×笑子 ~「私が撮りたかった女優展」より

ジャンルや経歴の違う5人の写真家たちが今撮りたい女優を指名し、作品を撮り下ろす「私が撮りたかった女優展」。2022年8月に第4回が開催されました。今回は写真展より「人生に気づきをくれた1枚」をテーマに作品を選出していただきました。フォトグラファーたちに聞いた撮影舞台裏やそこに込めた想い、そして女優の皆様からいただいた素敵なコメントを作品とあわせてお楽しみください。
3組目は、女優・藤原さくらさん×フォトグラファー・笑子さんです。

  • 作成日:

ADVERTISING

藤原さくら

1995年生まれ、福岡県出身。シンガーソングライターとしてのみならず、役者としても活躍。数ある女性シンガーの中でも聴く人の耳を引き寄せる唯一無二の歌声。現在、弾き語りツアー2022-2023“heartbeat”開催中。2022年11月にシングルEP『まばたき』をリリース。

笑子

写真家 1998年生まれ、東京都出身。写真学科を卒業後、本格的に活動を開始。現在は主にフィルムカメラを用いて撮影を行う。ファッション、ポートレート、アーティスト写真などの撮影を手がけ、2021年には企画・空間デザイン・写真をそれぞれが担当した展示「透明な庭 in purified silence」を開催。
愛用カメラ:CONTAX G2
愛用レンズ:CONTAX Planar T* 45mm F2

心の赴くままに

「引きの写真ですが、さくらさんの存在感がぐんと際立つ写真。イメージ通りの動きをしてくださるさくらさんに驚きつつ、波長がだんだんと合っていく感覚に嬉しくなったことを覚えています」。

Comment from Sakura Fujiwara

「撮影1日目の笑子ちゃんは多分緊張されていたと思うのですが、少しずつ気持ちが解けてあたたかい雰囲気の中で撮影ができました。2日目、よりフランクに最近のことをおしゃべりしながら2人だけでの撮影。笑子ちゃんは『あ、そこにはまってみてください!』と道端の色んなところに私を挟まらせてパシャパシャしてました(笑)。写真を見てすぐに家族に自慢しちゃいました!ほっこりとした季節を写し出した良い写真たち。宝物です」。

Interview Photographer

Q.なぜ藤原さくらさんを撮りたかったのですか?

写真を始めた頃からいつかお会いしたいと思っていた方でした。お芝居をしている姿、歌っている姿、写真に写る姿、それぞれ違った魅力を感じていました。それだけでなく一貫した芯の強さがあるところやチャーミングな人柄にも惹かれていました。

Q.撮影コンセプトと撮影舞台設定について教えてください。

1日目は美術館というロケーションも相まって、緊張感のある撮影だったのですが、憧れや凛とした空気感、もう二度と訪れることのない初めての瞬間を写真に収めることができました。2日目は2人きりで目的地を決めず、ふらっと歩きながら撮影しました。たわいもない会話を重ねながら撮った写真は、より柔らかくあたたかいものになったと思います。新たな一面を見せたいというより、自然体なさくらさんを心の赴くままに撮影できたらいいなという気持ちで臨みました。

「たまたま立ち寄った公園で、植物に差し込むいい光を見つけて、わくわくしながら撮影した写真です。あたたかい光とさくらさんの優しい表情が心地よくてお気に入りの写真の1枚です」。

Q.写真のアガリを見たときの感想を教えてください。

全てフィルムで撮影したので写真を見るまではとても緊張していたことを覚えています。あがってきた写真を1枚ずつ確認するにつれ、緊張がほぐれ、心が柔らかくなり、いろんな方に見てもらう機会があることを改めて楽しみに感じました。

Q.今回の撮影が自分の人生にどんな影響や気づきを与えてくれましたか?

写真が好きという気持ちに確信を持つことができました。写真のみならず、今回の撮影を通して出会えた方や過ごした時間がこれからの自分の支えになっていくと思います。そして、これから先も間違いなくこの写真を何度も見返すだろうなと思い選びました。写真に切り取られた瞬間だけではなく、その前後やそのとき感じた気持ちを鮮明に思い出すことができる大切な写真です。

Q.自分だからこそ撮れる写真とはどのようなものだと思いますか?

自分を含め、見る人が“心地よい”と感じる写真が撮れたらいいなと思っています。

藤原さくら Instagram
藤原さくら Twitter
笑子 Instagram

Information

「私が撮りたかった女優展 2022」

3,900円(税抜)

展示し切れなかったアザーカットを含む写真集が発売中。詳しくはオンラインストア(https://actress-ex-onlinestore.com)をチェック。

私が撮りたかった女優展 オンラインストア

GENIC vol.64【人生に気づきをくれた1枚】
Edit:Megumi Toyosawa

GENIC vol.64

GENIC10月号のテーマは「写真と人生」。
誰かの人生を知ると、自分の人生のヒントになる。憧れの写真家たちのヒストリーや表現に触れることは、写真との新たな向き合い方を見つけることにもつながります。たくさんの勇気とドラマが詰まった「写真と歩む、それぞれの人生」。すべての人が自分らしく生きられますように。Live your Life.

GENIC公式オンラインショップ

おすすめ記事

【人生に気づきをくれた1枚】三吉彩花×Miss Bean ~「私が撮りたかった女優展」より

【人生に気づきをくれた1枚】上白石萌歌×遠藤文香 ~「私が撮りたかった女優展」より

次の記事