「撮ってみたかった写真や動画」にNikon Z 50で挑戦!カメラって楽しい!<使ってみたレポ最終回!>

PR

GENIC公式

昨年11月に発売されたミラーレスカメラ「Nikon Z 50」を、インフルエンサーの6人が体験してお届けする連載コーナー!最終回は、それぞれが今まで撮りたいと思っていた写真や動画の撮影に挑戦!カメラレベルがさまざまな彼女たちがトライした素敵な作品たちに注目です!

まるでプロが撮ったかのようなスローシャッター写真!

Photo/旅人まりーしゃ

こちらのまるでプロが撮ったかのような写真は、旅人まりーしゃさんが撮影!ビジネスタウンを行きかう人たちの臨場感が写し出されています。普段の街並みも、あえて人物をぶらして撮ることでドラマチックな1枚に仕上がりますね!
シャッタースピードが優先される「Sモード」でシャッターが開いている時間を長めに4分の1秒で設定し、手ブレしないよう三脚を使ってカメラを固定して撮影しました。Z 50は操作が簡単なので、一見難しそうに見える写真もお手の物!

Photo/kicchan

kicchanさんが撮影したこんな写真もおもしろい!周りの人たちをぶらして、被写体だけが止まっているように写し出すテクニックです。
シャッターが開いている間、静止しているものはハッキリと、動いているものはぶれて写るという原理。やってみたい1枚です!

光を味方につけた美しい逆光写真!

Photo/chi-shan

chi-shanさんが撮ってみたかったのは、スマホでは表現するのが難しい、光を味方につけたこんな写真。逆光のシーンでは、被写体が真っ黒になりがちですが、Z 50ならこの通り!被写体と背景をともに美しく写し出せます♡ スマホでは表現できない光を捉えてくれるのが、Z 50のスゴイところです!

ロマンチックな光の玉ボケ写真!

Photo/旅人まりーしゃ

光の玉ボケを手前に入れた東京タワーの写真に、旅人まりーしゃさんがトライ!Z 50のキットレンズの望遠レンズを使って被写体の東京タワーにズームアップ!手前にイルミネーションのライトを入れて、東京タワーにピントを合わせて撮れば、幻想的な玉ボケ写真の完成!キラキラとした光を表現できました!カメラならではのテクニックです。

「多重露出」機能でできる幻想的な合成写真!

Photo/阿部サキソフォン

人物に夕日がフィルターのように重なった写真は、阿部サキソフォンさんが挑戦した多重露出撮影です!1枚の写真に画像を重ねて写すことができる機能で、Z 50では合成する画像がモニターに半透明で表示されるので、完成形を確認しながら撮影をすることができるんです!カメラ初心者でも簡単にアートな1枚を撮ることができました!

Z 50で撮った高画質動画で旅ムービーを作成!

これまで写真について紹介してきましたが、Nikon Z 50は実は動画にも強いんです!ということでYUUKIさんが挑戦したのは旅ムービー。4K動画をフルフレームで撮影できるうえに、「Creative Picture Control」で好きなフィルターをかけられるので、自分好みの色合いの高画質動画を手軽に撮ることができます。これなら最近話題のVlogも、オシャレに本格的な動画で作ることが可能!
こちらの動画はピクチャーコントロールの「ニュートラル」に設定し、ホワイトバランスでフィルム風の色味に調整したもの。カメラ本体の設定で、雰囲気ある動画がすぐに撮れるのが嬉しい!Z 50のボディはコンパクトで軽量なので、片手で持って撮影しても腕がプルプルしないというのも、女性にとって高ポイントです♡

やってみたかった!早回ししたようなタイムラプス動画!

KEIさんがやってみたかったのは、早回ししたような動画が作れる「タイムラプスムービー」機能。超カメラ初心者のKEIさんも、簡単に撮影ができた!とご満悦♡
旅動画やVlog用に編集する動画の素材の1つとしてタイムラプスムービーを盛り込めば、表現の幅が広がり、奥行きのある1本になること間違いなしです!

Nikon Z 50のココが私たちにぴったり!

Z 50のいろいろな機能を紹介してきましたが、インフルエンサーのみなさんが口を揃えて言うのが、高性能なのにとにかく軽量でコンパクトなのでお出かけに最適!ということ。
旅先でも、カフェでも、お部屋のインテリア撮影でも!あらゆるシーンで納得の写真を撮ることができちゃいます!

カメラ初心者から、すでに本格派カメラを愛用している人まで、カメラレベルの違うインフルエンサー6人が「Z 50が自分にぴったりなカメラだ!」と感じたのは具体的にどんなところだったのか?聞いてみました!

今まではスマホで撮影していた超カメラ初心者!

Photo/chi-syan(左)、Photo/KEI(右)

chi-syan「カメラに詳しくなくても、カメラ側がこちらに合わせてくれるような感覚で楽しく撮影できました!何気ないシーンで簡単にきれいにボケをつくることができ、カメラ初心者の私でもすぐにオシャレな写真が撮れて感激!」

KEI「ファッションの一部として持って出かけたくなるような、シンプルでスタイリッシュなデザインが私の好みにぴったり!さらに、高性能で軽量ボディなので毎日持ち歩いていました!愛猫を撮影するときは、シャッター音をOFFにするサイレント撮影が大活躍。少し離れたところからズームして狙うと、自然な表情や毛並みまできれいに写すことができて感動しました!」

エントリーモデルのカメラを使っていた経験あり!

Photo/阿部サキソフォン(左)、Photo/kicchan(右)

旅人まりーしゃ「今までは初期のミラーレスカメラを使い続けてきたのですが、最新のZ 50を使ってみて、コンパクトサイズで軽いのに性能がいいというところが、旅によく出る自分にぴったりだと思いました!望遠レンズを使った撮影が好きなので、Wズームレンズキットがあるのも嬉しい!操作もわかりやすく、こだわりの設定もできるので、幅広い楽しみ方ができると思います!」

kicchan「数年使い続けてきたカメラよりもずっと軽いので、Z 50は手軽に持って出かけることができました!本体で編集できる幅が広くカメラだけで理想の写真に近づけられ、今回、初めて試したタッチシャッターも使い勝手がよくて、魅力的です!」

阿部サキソフォン「軽量で小型のボディなので片手で持ってもグリップにうまくはまり、ふとした瞬間にもさっと構えられ、ステキな写真が撮れたので感動しました!高画質高性能なのはもちろん、より写真を撮るのが楽しくなるような機能もたくさんあるので、使っていてどんどん愛着がわきました♡重たい荷物が苦手な旅好き女子にはピッタリだと思います!」

フルサイズのカメラも使いこなす本格派!

Photo/YUUKI

YUUKI「とにかくコンパクトなのに高性能!センサーサイズの小さいカメラだと物足りないけど、フルサイズのカメラはボディも大きいし金銭的にもなかなか手が出せない、なんて人にピッタリだと思いました!レンズキットの標準ズームレンズ(NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR)も優秀で、たくさんレンズを持っていけない旅先にも最適でした!」

カメラ初心者にとっても本格派にとっても、魅力が溢れるNikon Z 50。ぜひ手にいれて、今までよりもっと楽しい写真ライフを送ってみませんか?

Nikon WEB
Nikon Instagram

【Nikon Z 50 使ってみたレポ】バックナンバー

Vol.3 小型で軽量なのに本格派!Nikon Z 50の優秀機能に拍手喝采!

Vol.2 Nikon Z 50での自撮りが簡単なのにすごすぎる!

Vol.1 初心者にも本格派にもぴったりのカメラNikon Z 50がデビュー!

前の記事