menu

新しい街と古街が同居する「宇多津」を散歩

四国水族館のオープンで注目を浴びる香川県宇多津町(うたづちょう)。一番小さな県である香川の中でも一番小さな町です。この小さな町の中に、うたづ臨海公園周辺の新しい宇多津と、情緒溢れる宇多津古街(こまち)の、新旧あわせもった魅力が詰まっています。新しい宇多津ではゴールドタワーの最上階にある天空のアクアリウム「ソラキン」や、スペシャルティコーヒーを楽しめるカフェ「トートコーヒー」をピックアップ。古街では「宇夫階神社(うぶしなじんじゃ)」とその境内にあるうどん店「手打ちうどん うぶしな」、浮き彫りの彫刻で飾られた天井が美しい「郷照寺(ごうしょうじ)」、登録有形文化財「倉の館 三角邸(さんかくてい)」、創業70年を超える老舗料亭「公楽」と「蔵カフェ こうらく」を紹介します。
フォトグラファー、片渕ゆり(ぽんず)さんの写真とともに街に出かけましょう。

  • 作成日:

特集「#瀬戸大橋を渡ろう。四国の入り口、香川・中讃の旅」

8名のフォトグラファーが、この地の魅力をあますことなくお伝えします。

ゴールドタワーとソラキン

四国水族館のすぐ隣にそびえ立つのは、高さ158mの金色に輝くガラス張りの ゴールドタワー。 展望台から空と瀬戸内海を背景に飛ぶように泳ぐ金魚や熱帯魚を観賞できる天空のアクアリウム「ソラキン」と、地上部分にに展開する子供が遊べる屋内遊戯施設「プレイパーク」の複合施設。子供から大人まで遊んで楽しめる丸ごとエンターテイメントスポットです。

ソラキン

天空5Fでは「天空の煌めき(宇宙)」をテーマに、金魚・鏡・ミラーボールで演出した万華鏡をイメージした異空間を。 天空4Fでは「天空の潤い(地球)」テーマに、熱帯魚・草花で演出した森の中に迷いこんだような冒険心くすぐる世界を、それぞれ再現しています。

ゴールドタワー 基本データ

<住所>香川県綾歌郡宇多津町浜一番丁8-1
<TEL>0877-49-7070
<定休日>無休
<駐車場>有料駐車場 約300台、1日 600円
ソラキン、プレイパーク、カルビ屋大福を利用すると無料。会計時にご確認ください。

ソラキン(ゴールドタワー内) 基本データ

<営業時間>
平日  10時〜18時(最終入館受付 17時30分)
土日祝 10時〜22時(最終入館受付 21時30分)
<料金>
大人(中学生以上) 1,200円
小人(1歳~小学生) 800円

プレイパーク(ゴールドタワー内)基本データ

<営業時間>10時〜18時(最終入場 17時30分)
<料金>
大人(中学生以上) 800円
小人(1歳~小学生) 1,200円

トートコーヒー

四国水族館から徒歩6分ほどのところにある、瀬戸内海の潮風薫るコーヒー店です。取り扱うコーヒー豆は「スペシャルティコーヒー」に分類される高品質のもの。最新鋭の焙煎機ローリングスマートロースターで豆の個性を引き出す焙煎を行い、感動的なコーヒーを味わわせてくれます。大きく広い窓から緑豊かな遊歩道を眺めながら、のんびりした贅沢な時間をお過ごしください。

コーヒーのおともに、手作りスイーツも。

お店ではコーヒー豆の販売もしています。旅のお土産に美味しいコーヒー豆を選ぶというのも、ちょっと洒落ていませんか?

トートコーヒー 基本データ

<住所>香川県綾歌郡宇多津町浜一番丁3-8
<TEL>0877-85-5895
<営業時間>9時~19時(カフェ:ラストオーダー18時、18時30分閉店 豆の販売は19時まで)
<定休日>金曜日
<駐車場>店舗前9台、第二駐車場6台

古街 街歩き

鎌倉時代から室町時代にかけて港町の基礎が築かれた宇多津古街(うたづこまち)には、由緒ある神社仏閣や、古い日本家屋の町家が今も数多く残っています。四国八十八ヵ所霊場の第78番札所「郷照寺」があり、お遍路さんの姿もよく見かけます。三角屋根の洋館が特徴的な「倉の館三角邸」や「宇夫階神社」など、歴史や文化を感じさせる建物が数多く建ち並びます。

郷照寺

四国八十八ヵ所霊場の第78番札所「郷照寺(ごうしょうじ)」の見どころは、何と言っても本堂と大師堂の華麗な天井。こちらは絵画ではなく、一つ一つ彩色された花の浮き彫りです。1999年に完了した「平成の大修理」で設置されました。訪れた際には天井を見上げるのをどうぞお忘れなく。

郷照寺 基本データ

<住所>香川県綾歌郡宇多津町1435
<TEL>0877-49-0710(受付時間 午前9時~午後4時)

宇夫階神社と手打ちうどん うぶしな

「宇夫階神社(うぶしなじんじゃ)」は登録有形文化財に登録されている由緒正しき神社。境内社として塩竃神社、金刀比羅宮、石鎚神社など多数の神々が祭られています。そんな神社の境内に「手打ちうどん うぶしな」があります。「神社の境内でうどん屋さんが営業?」と驚かれるかもしれませんが、なんと店主は宇夫階神社の神主さんなのです。地元の方が通う、飾り気が無く親しみ深い、美味しいうどん屋さんに、腹ごしらえに行かない手はありません。

宇夫階神社 基本データ

<住所>香川県綾歌郡宇多津町1644

手打ちうどん うぶしな 基本データ

<住所>香川県綾歌郡宇多津町1597-1
<電話>0877-49-3837
<営業時間>11時~15時
<定休日>水曜日

倉の館 三角邸

古街のシンボルといえば、この「倉の館 三角邸(さんかくてい)」です。童話に出てきそうなトンガリ屋根にステンドグラス窓の洋館と、書院造りの和風建築が違和感を感じさせずに同居しています。この邸宅はもともと当地の豪商が来客用に建てた別棟だったとのこと。邸内の見学には事前予約が必要です。

倉の館 三角邸 基本データ

<住所>香川県綾歌郡宇多津町2148
<TEL>0877-49-8007 (宇多津町教育委員会)。邸内見学は要予約、土日は閉館。

料亭 公楽と蔵カフェ こうらく

築100年を超える数寄屋造りの建物で、名物のうなぎ料理を筆頭に懐石料理を味わうことができる老舗料亭「公楽」。現亭主の進取の気風に富んだ祖父が、大正時代の建物を改装し料理旅館を始めたのが1946年とのこと。近年では蔵造りの大広間をカフェに改装し、リーズナブルに懐石料理を楽しむことができる「蔵カフェこうらく」をオープン。伝統を大切にしながらも祖父譲りのチャレンジ精神を「変わることも大切」と話す現亭主の料理をぜひご堪能ください。

料亭公楽

料亭 公楽 基本データ

<住所>香川県綾歌郡宇多津町3643-1
<TEL>0877-49-0334
<営業時間>11時30分~14時 17時~21時
<定休日>不定休

蔵カフェ こうらく

蔵カフェ こうらく 基本データ

<住所>香川県綾歌郡宇多津町3643-1
<TEL>0877-49-2480
<営業時間>
昼 火曜日~土曜日 11時~16時 日曜日11時~14時
夜 金曜日、土曜日のみ 18時~22時
<定休日>月曜日

青ノ山

宇多津駅から車で10分ほどで行くことのできる標高224mのこぢんまりした山です。香川県が選定した「香川のみどり百選」のひとつで、その眺望は絶景の一言。駐車場からは讃岐富士と呼ばれる飯野山が、頂上展望台からは、宇多津の市街地、瀬戸大橋のほか、坂出市や丸亀市の街並みも一望できます。
また、飯野山と青ノ山は兄弟にたとえられており、青ノ山の頂上が平らなのは、兄の飯野山が弟の青ノ山と背の高さで喧嘩になり兄に頭を切られたため、というおもしろい伝説があります。

青ノ山 山頂展望台 基本データ

<住所>香川県綾歌郡宇多津町青の山山頂
<駐車場>約30台

行き方・アクセス

坂出ICより駐車場まで車で約15分、駐車場から山頂まで徒歩約5分

片渕ゆり(ぽんず)

ライター/フォトグラファー 大学卒業後、コピーライターとして働いたのち、どうしても長い旅がしたいという思いから退職。2019年9月から旅暮らしをはじめ、TwitterやnoteなどのSNSで旅にまつわる文章や写真を発信している。
愛用カメラ:FUJIFILM XーT3
愛用レンズ:XF35mmF1.4 R

片渕ゆり(ぽんず)Twitter
片渕ゆり(ぽんず)Instagram
片渕ゆり(ぽんず)note

おすすめ記事

Photo by 6151

特集「#瀬戸大橋を渡ろう。四国の入り口、香川・中讃の旅」

次の記事