【撮影がもっと好きになる写真術 #12】今っぽいコラージュアートは「くすみカラー」がキーワード

GENIC編集部

「好きなように撮る」。これが写真の楽しさです。でも、あの人みたいに撮ってみたい、もっと自分らしい表現を探りたい。そんな向上心や情熱を持って写真を学ぶことも、とても大切なこと。
そこで、“あの人”の表現が教えてくれる、とっておきの写真術をご紹介。
#12は、Molly Tobyの「コラージュアート」です。

今っぽいコラージュアートは「くすみカラー」がキーワード

仕事で忙殺されていたときに、インスピレーションとクリエイティビティを保つためにコラージュを始めたというMolly。イラストと組み合わせた、ちょっとレトロ感のあるコラージュは、昨年までよく見ていたコラージュとはひと味違います。重要なのは色のオシャレ感。くすみカラーでギャルっぽさをセーブして。

Edit Tips

「"Procreate"を使ってiPad Proで制作。写真を選んでトーンを調整したら、手描きの要素を加えていきます。デザインは感覚で決めますが、たいてい自分の生活の中からインスピレーションを得ています。デジタルアートが苦手なら、接着剤とハサミを使った触感のあるコラージュに挑戦するのもおすすめです!」
by Molly Toby

Molly Toby

Molly Toby グラフィックデザイナー、コラージュメーカー。オーストラリアのセントラル・コースト出身。自身のサイトではオリジナルグッズの販売も行っている。

Molly Toby Instagram

GENIC VOL.56 【撮影がもっと好きになる写真術】
Edit:Izumi Hashimoto

GENIC VOL.56

「“好き"を撮る」をテーマに、 好きなものを愛でるように撮って表現する人たちにフォーカス!

Amazonへ

おすすめ記事

【撮影がもっと好きになる写真術 #1】フィルムカメラで撮る多重露光写真

【撮影がもっと好きになる写真術 #2】玉ボケで表現する花火が幻想的で美しい

前の記事