【撮影がもっと好きになる写真術 #2】玉ボケで表現する花火が幻想的で美しい

GENIC編集部

「好きなように撮る」。これが写真の楽しさです。でも、あの人みたいに撮ってみたい、もっと自分らしい表現を探りたい。そんな向上心や情熱を持って写真を学ぶことも、とても大切なこと。
そこで、“あの人”の表現が教えてくれる、とっておきの写真術をご紹介。
#2は、tauon.qooさんの「玉ボケ」で表現する花火です。

玉ボケ

SNSで話題になった、tauon.qooさんが撮影した、まるで宙を舞うような妖艶な光が美しい、花火の玉ボケ写真。
玉ボケとは面積が小さい光(点光源)がボケた現象のこと。スマホやコンデジでは大きな玉ボケを作ることは難しいので、フルサイズやAPS-Cのカメラがおすすめです。センサーサイズが大きいほど玉ボケが大きくなり、単焦点レンズがあれば、より作り出しやすくなります。

Shooting Tips

「玉ボケはF値の小さい(明るい)単焦点レンズを使い、被写界深度の浅さを利用するとより作りやすくなり、手持ちでも撮影可能です。
ポイントは花火が白飛びしない露出、花火が流れないシャッター速度、ピントの位置、花火との距離。実際に現場でいろいろと調整してベストな設定を見つけて。白飛びを防ぐために暗めに撮り、編集で明るくするのもポイントです。」
by tauon.qoo

tauon.qoo

tauon.qoo 会社員、新潟県出身。カメラ歴12年。風景、星景、花火、ポートレートなど幅広くジャンルに縛られず撮影。noteでは撮影方法からレタッチ方法、プリセットなど紹介中。(https://note.com/tauon_qoo)

tauon.qoo Instagram
tauon.qoo Twitter

GENIC VOL.56 【撮影がもっと好きになる写真術】
Edit:Izumi Hashimoto

GENIC VOL.56

「“好き"を撮る」をテーマに、 好きなものを愛でるように撮って表現する人たちにフォーカス!

Amazonへ

おすすめ記事

【写真を通して伝えたいこと #3】古性のち(フォトグラファー)

【写真を通して伝えたいこと #5】葵(21世紀生まれの写真家)

前の記事