【撮欲も満たす“おひとりさま旅”スタイル #3】rina

旅好きならば一度は試してみたい“ひとり旅”。国内から海外まで、自由気ままに旅をするソロトラベルのエキスパートに聞いた「ひとり旅スタイル」はワクワクするストーリーが満載です。
ひとり旅をしたくてもあと一歩が踏み出せないでいた、あなたの背中をトンッと押してくれること間違いなし。みなさんが実践している撮影ワザも必見です。
#3では、保育士のrinaさんのひとり旅スタイルを紹介します。

  • 作成日:
  • 更新日:

ADVERTISING

rina

保育士/ 1994年生まれ、静岡県出身。ソロキャンプ歴2年半。愛用のカメラCanon EOS Kiss X8iを持って、月に1回は必ずソロキャンプへ。
愛用カメラ:Canon EOS Kiss X8i

ひとり旅について3つの質問

Q.ひとり旅の必需品は?

キャンプ道具一式を積める軽自動車。一眼レフカメラ、スマートフォン。

Q.ひとり旅の荷物は?

車派。

Q.ひとり旅の撮影ワザは?

一眼レフとスマートフォンのアプリを繋いで、リモートビュー撮影をしています。手元で構図の確認や設定変更もできるのですごく便利です!

MY基地で好きなことをじっくり楽しむソロキャンプ

カメラの設定を変えながら好みの写りになるまでじっくりと星空撮影。気がつくとあっという間に1時間経っていることも。

rina さんのソロキャンデビューは、買ったばかりのキャンプ道具をとにかく早く使いたくて、思いつきで出掛けたのがきっかけ。
「ひとりキャンプは大勢で行くキャンプと違い、テントやタープを自分の好きな配置に設営できたり、料理や撮影、読書、焚き火、コーヒーの時間をじっくり楽しめます。一人だからこそ、時間を気にせず自分のペースで大好きな星空の撮影に没頭できるのもいいところです」。

「座りながらすべての道具に手が届く、楽ちんなコックピットスタイルが、ソロキャンでの私の設営の基本です!」

rina さんのお気に入りキャンプ場は、静岡県のふもとっぱら。
「開放的なサイトときれいなトイレ、いろんな表情を見せる富士山が目の前に広がるのが魅力です!」

「ソロキャンプで過ごす夜はとっても静か」。

rina Instagram

GENIC VOL.57 【撮欲も満たす ”おひとりさま旅”スタイル 】
Edit:Izumi Hashimoto

GENIC VOL.57

テーマは「100人の旅という表現」。
表現者たちのオンリーワンな旅スタイルや、撮欲も満たすひとり旅、旅するように暮らす多拠点生活など、様々な旅する人とその想いに迫ります。

Amazonへ

おすすめ記事

【撮欲も満たす”おひとりさま旅”スタイル #1】片渕ゆり(ぽんず)

【撮欲も満たす”おひとりさま旅”スタイル #2】田島知華(たじはる)

GENIC 2021年1月号 100人の出演者リスト

次の記事