menu

ワクワク大陸オーストラリアへ。「シドニー」で感性を刺激する旅を

入国規制が緩和され、渡航が可能になったオーストラリア。世界的に有名な観光地の多いオーストラリアは、久々の海外旅行で行きたい国の一つという人も多いのではないでしょうか?特に、初めての人にもリピーターにも人気が高い、自然と都会を同時に楽しめるニュー・サウス・ウェールズ州の「シドニー」は、その有力候補!世界中から観光客が訪れる人気都市です。今回は、旅行写真家のYUUKIが巡ってきた、オーストラリア政府観光局がおすすめする観光スポットや現地ツアー、グルメスポット、ホテルなどを、詳細情報とともにお届けします。新しい旅を想像しながらご覧ください。

  • 作成日:
  • 更新日:

自然と都会を同時に楽しめる!国際色豊かなシドニー

オーストラリア最古で最大の都市シドニー。世界トップクラスの多国籍な文化が特徴で、食やアート、エンターテインメントのシーンも盛んです。高層ビルが立ち並ぶエリアには緑豊かな公園があり、中心地から30分ほどで美しいビーチに辿り着け、少し足を延ばせば世界遺産地域ブルー・マウンテンズがある…至る所で自然を身近に感じられる環境が、多くの人を魅了しています。電車、トラム、バス、フェリーと充実した移動手段は、どこへ行くにも便利。幅広い世代の人が楽しめる、魅力満載の都市です。

楽しさ倍増!絶対に体験したいシドニーのおすすめツアー

世界遺産「シドニー・オペラ・ハウス」の館内ツアーで特別感を味わって

オーストラリアのアイコン「シドニー・オペラ・ハウス(Sydney Opera House)」は、シドニー観光に欠かせないスポット。世界的に有名な歌劇場で、オペラやミュージカル、バレエなど様々なジャンルの公演が行われています。シドニー港に突き出したベネロング・ポイントに位置し、特徴的な外観が青い海と空によく映えます。「20世紀建築の名作」と言われ、2007年に世界文化遺産として登録されました。周辺にはいくつかのパブがあり、観光客や地元の人々が、オペラハウスやハーバーブリッジを眺めながら最高のロケーションで食事を楽しんでいます。

オペラハウスは複雑な構造により当初の予算・予定を大幅に超え、14年もの歳月をかけ1973年に完成。基本設計を担当したデンマークの建築家は、完成したオペラハウスを見ずに生涯を閉じたそうです。館内ツアーでは、建設にまつわる歴史や裏話を聞けたり、ツアーでしか立ち入れないエリアに入れたりと、貴重な体験ができます。日本語のガイドがついてくれるので、英語ができなくても楽しめます。

ツアーでは、コンサートホールや、オペラシアターの中に入ることもできます。運が良ければリハーサルの様子を見られるそう。外観だけでは知り得なかったオペラハウスの魅力を体感できるので、訪れた際はぜひ館内ツアーに参加するのがおすすめです。

シドニー・オペラ・ハウス 基本データ

<住所>Bennelong Point,Sydney NSW 2000 Australia
<TEL>+61 2 9250 7111 (月~金 9:00-17:00)
<営業時間>公演により異なる
見学ツアーは10時~最終16:30開始
<定休日>見学ツアーは12月25日および聖金曜日(復活祭直前の金曜日)休業
<駐車場>あり(有料)約1,200台

料金

ガイド付き見学ツアー:$43

行き方・アクセス

<電車・バス>サーキュラー・キー駅から徒歩6分
<フェリー>埠頭 サーキュラー・キーから徒歩11分

シドニーの絶景を上空から!ヘリツアーで記憶に残る体験を

シドニーを代表するヘリコプター会社「シドニー ヘリツアー(Sydney HeliTours)」で、ヘリコプターでのシドニー散歩を体験。オペラハウスやボンダイビーチなど有名な観光地を回るプランはもちろん、シドニーの美しい海を周遊するプラン、世界遺産地域ブルー・マウンテンズや、夜のシドニーを飛行するプランなど、様々なツアーが楽しめます。

今回は南側の海沿いを周遊し、崖に沿って緩やかにうねる道路橋「シー・クリフ・ブリッジ(Sea Cliff Bridge)」や自然が美しい岬「カルーラ・ヘッド(Kaleula Head)」周辺をぐるっと回る取材用ルートを飛行。上空から見る景色に終始わくわくが止まりません!撮影のためにドアのない助手席がある機体を選ぶこともできるので、貴重な景色をカメラに収められます。

20分で有名スポットを周遊できる「シドニー・ハーバー・ヘリ・フライト(SYDNEY HARBOUR HELI FLIGHT)」や、30分で湾岸線ビューを巡る「シドニー・ヘリ・グランド・フライト(SYDNEY HELI GRAND FLIGHT)」などのツアーは、所要時間も短く初めてのヘリツアーにピッタリ。シドニー空港を拠点としているため、出発数分で観光スポットの上空に辿り着くのも◎。フライト場所まで無料の送迎バスが走っているので、アクセスしやすいのも嬉しいポイントです。普段乗る機会の少ないヘリコプターで旅先の景色を楽しめば、より特別な思い出になること間違いありません。

シドニー ヘリツアー 基本情報

<住所>Building 472, Ross Smith Avenue Heliport, Sydney Airport Mascot NSW 2020 Australia
<TEL>+61 2 9317 3402
WhatsApp +61 492 793 435

料金

シェアフライト
月~金 $220 土日 $200
プライベートフライト
月~日 $550

地元のフォトグラファーと行く「ボンダイ」のサンライズフォトグラフィーツアー

地元で活躍しているフォトグラファーRosie Englishさんと一緒に撮影が楽しめる、ボンダイのサンライズフォトツアー。毎朝、日の出とともにボンダイビーチの撮影を行っているRosieさんは、シドニーのビーチや歴史に関する知識、この地域のベストショットを撮るためのヒントとコツを教えてくれます。

夜明けから段々と色づく空、陽に照らされて光る水面は息を呑む美しさ。撮り方を教わることができるのはもちろん、カメラを持っていなくてもRosieさんのカメラで撮影してもらえるので、最高の記念になります!

取材日は有名なボンダイビーチのプールの清掃日でしたが、いつもと違った姿を写真に収められる貴重な経験に。ブロンテビーチまで海岸沿いを歩きながら、変わりゆく景色にシャッターを切る手が止まりません。地元フォトグラファーに案内してもらうからこそ撮れる景色に、大満足間違いなしです。

サンライズ・フォトグラフィー・ツアー 基本データ

<TEL> +61 2 8006 8034

料金

内容や人数によって異なります。

おしゃれなレストランがいっぱい!シドニーのおすすめグルメ

窯焼きピザが絶品!アートな空間の「ザ・ドルフィン・ホテル」

サリー・ヒルズ(Surry Hills)の人気レストラン「ザ・ドルフィン・ホテル(The Dolphin Hotel)」。この辺りは洗練されたショップやカフェ、レストランが立ち並ぶ、センスの良い人たちが集まるホットなエリアです。

ザ・ドルフィン・ホテルはダイニングルーム、ワインルーム、パブリックバーの3つのスペースがある、ユニークな造りが特徴。

ダイニングルームの壁には専属アーティストの作品が描かれていたり、センスの良い花のオブジェが飾られていたり、視覚的にも楽しめるアートな空間です。

ここでは100種類以上の国内外のナチュラルワインと、イタリアンフードがいただけます。窯で焼かれるピザが美味しいと評判で、おすすめは、濃厚なトマトとチーズが楽しめる王道マルゲリータです。

ザ・ドルフィン・ホテル 基本データ

<住所>412 Crown St Surry Hills, 2010 Sydney NSW Australia
<TEL>+61 2 9331 4800
<営業時間>月~木曜 12:00~0:00
金~土曜 11:30~0:00
日曜 11:30~22:00
<休業日>なし
<駐車場>なし

行き方・アクセス

<電車>セントラル駅から徒歩で約12分

雰囲気バツグン!「フレッズ」で地元の素材を活かした食事を

ギャラリーやアップカミングなレストランがたくさん並ぶパディントンは、歩いているだけでワクワクするおすすめのエリア!「フレッズ(FRED’S)」では、アメリカ人シェフDanielle Alvarezが「farm to table」という理念の元、オーストラリア産の食材を使った料理を提供しています。

店内はシックなフレンチ風のインテリアで、温かく心地よい雰囲気。ディナータイムは薄暗く照明が落とされ、各テーブルに置かれたキャンドルが気分を上げてくれます。

オーガニックや自家製にこだわった食事はとても美味しく、個性的なメニューにも心を奪われます。食事に合うようにセレクトされた、120種類以上もあるワインリストも必見です。中心には大きなアイランドキッチンがあり、調理の様子を見ることもできてエンターテインメント性もばっちり。シドニーを訪れたら外せないレストランです。

フレッズ 基本データ

<住所>380 Oxford St, Paddington, NSW, 2021, Australia
<TEL>+61 2 9114 7331
<営業時間>
水曜 17:30~23:00
木~日曜 12:00~16:00 17:30~23:00
7月5日、12日、19日、26日 17:30~23:00
<休業日>月・火曜
<駐車場>なし

行き方・アクセス

<車>シドニー国際空港から約20分
<電車・バス>ミュージアム駅からバスで、またはセントラル駅からバスでPaddington Town Hallを過ぎた最初の停留所で下車

ニューオープンの「ラッキー・クォン」で広東料理に舌鼓

サウス・イブリー(South Eveleigh)という街の倉庫街跡地に新しくオープンした「ラッキー・クォン(Lucky Kwong)」。工業地帯でもあるイヴリー(Eveleigh)エリアは、おしゃれな店がひっそり佇んでいるので、探索しながらの街歩きが楽しい地域です。

ラッキー・クォンは、オーストラリアで有名な中国系オーストラリア人シェフKylie Kwongが、サウス・イヴリー地区の食・文化・コミュニティの開発に向けて、アンバサダーに任命されオープンしたレストラン。彼女が食べて育った家庭料理を元にした「Sung Choi Bao Of Pork」や「Home-Style Fried Eggs With XO Sauce」といった広東料理がいただけます。

近くのガーデンで育てたハーブや地元産の食材がふんだんに使われたシンプルな料理が特徴です。看板メニューの「Steamed Spanner Crab & Prawn Dumplings with Sichuan chilli dressing & Jiwah native bush mint 」は山椒やブッシュミントが利いていて、モチモチした皮と中の具材やソースの組み合わせが絶品!ピリッとした辛みが、病みつきになる味です。

ラッキー・クォン 基本データ

<住所>2 Locomotive Street,Eveleigh, NSW 2015 Australia
<TEL>+61 2 8377 1878
<営業時間>月~金曜 11:00~14:30
<休業日>土・日曜
<駐車場>なし

行き方・アクセス

<車>シドニー国際空港から約17分
<電車>レッドファーン駅から徒歩で約5分

お土産にもピッタリ。パケ買いしたくなるおしゃれなクラフトジンの蒸溜所「プア・トムズ・ジン・ホール」

倉庫を改造し、ユニークなスピリッツを蒸留しているクラフトジンの蒸留所「プア・トムズ・ジン・ホール(Poor Toms Gin Hall ) 」。車やバイクがたくさん並ぶ金属工場の近くにありながら、トレンド感のある素敵な内装で、地元の人にも人気です。

オーダーする人も多い「ストロベリー・ジン」は、ハイビスカス、ストロベリー、新生姜やハーブをジンに浸した、フローラルでフルーティーな味わい。ピンクに色づけされていて、見た目もキレイで味も美味しく、人気の理由に納得!シドニー滞在中に何度か見かけた話題のクラフトジンです。

商品パッケージがとても可愛いので、お土産にもピッタリ。飲み終わった後はインテリアとして飾れ、いろいろな楽しみ方ができるのも素敵です。お酒以外にオリジナルのアパレル商品も展開しているので、興味のある人はチェックしてみて。

プア・トムズ・ ジン・ホール 基本データ

<住所>6 Chalder Ave,Marrickville NSW 2204 Australia
<TEL>+61 2 9557 2282
<営業時間>木・金曜 16:00~23:00
土曜 12:00~23:00
日曜 12:00~22:00
<休業日>月・火・水曜
<駐車場>なし

行き方・アクセス

<車>シドニー国際空港から約13分

センスの良いホテルでシドニー滞在をアップグレード

洗練された空間「エース・ホテル・シドニー」

2022年、サニー・ヒルズに新しくオープンした「エース・ホテル・シドニー(ACE HOTEL SYDNEY)」は、オーストラリア初のエース・ホテル。客室の他にジム、レストラン&カフェ、ロビーバー、そしてルーフトップバー&レストランが備わっています。

客室はコンパクトなタイプからキッチン付きのスイートまで、どの部屋も色使いやデザイン、インテリアが素敵で、さすがエース・ホテル!オーストラリアの砂漠の色からインスピレーションを得た、黄土色の大理石の階段が設けられていたり、地元のアーティストの作品が展示されていたりと、エース・ホテルならではのオリジナリティをそのままに、オーストラリアのエッセンスが加えられた内装になっています。周辺にはハイドパークや、ショッピングに便利な「シティ」(シドニーCBD)があり、オペラハウスまで徒歩30分ほどと、観光にも好立地な最新ホテルです。

エース・ホテル・シドニー 基本データ

<住所>47–53 Wentworth Ave, Sydney NSW 2000 Australia
<TEL>+61 2 8099 8799
<駐車場>なし

行き方・アクセス

<車>シドニー国際空港から約22分
<電車>ミュージアム駅・キャピトル スクエア駅から徒歩で約5分、セントラル駅から徒歩で約7分

「パラマウント・ハウス・ホテル」でリラックス

複合施設「パラマウント・ハウス(Paramount House)」にある、「パラマウント・ハウス・ホテル(Paramount House Hotel)」。1940年に建てられ、パラマウント・ピクチャーズ・スタジオ(Paramount Pictures Studios)のオフィスとして使用されていました。現在はリノベーションされており、ホテル以外に、コーヒーショップやコワーキングスペース、映画館、ヨガやマッサージを提供するレクリエーションクラブが入居しています。

全29の客室は全て異なるデザイン。ルーム「Mack Daddy」は、プライベートバルコニーから差し込む日の光がとても綺麗で印象的な、このホテルで最も広い部屋です。

バスルームのアメニティはオーストラリア産のAesopで揃えられています。洗いざらしのベッドリネン、空間にマッチしたインテリアが気持ちよく、おしゃれだけど、気を張りすぎなくていい空気感が、居心地の良さに繋がります。

1階のカフェ&レストラン「パラマウント・コーヒー・プロジェクト(Paramount Coffee Project)」は常に地元客で大賑わいの人気店。YUZUチキンバーガーは、柚子が利いてさっぱりした味わいがとっても美味しいので、ぜひ食べてみて!シティにも近く、どこへ行くにも便利なロケーションです。

パラマウント・ハウス・ホテル 基本データ

<住所>80 Commonwealth Street Surry Hills, Sydney NSW 2010 Australia
<TEL>+612 92 111 222
<駐車場>なし

行き方・アクセス

<車>シドニー国際空港から約20分

感性を刺激する!センス光る「ジ・オールド・クレア・ホテル」

「ジ・オールド・クレア・ホテル(The Old Clare Hotel)」は、グルメ通りとして人気を誇るケンジントン・ストリートにあります。1915年に建てられた事務所と1940年に建てられたパブを改装し、2つの建物にまたがる少し変わったブティックホテルです。

重厚なインテリアが特徴のジ・オールド・クレア・ホテル。ホテル内のあちこちにオーナーの趣味でコレクションされたヴィンテージチェアが置かれています。「Abercrombie Room」はシンプルでありながらもインテリア1つ1つのセンスがよく、キュートなバスタブもあり、そこにいるだけで感性が磨かれるような空間。

屋上プール、ジム、会議室、バー、レストランなど充実しているので、ホテルにこもってゆっくり過ごすのもおすすめ。アートギャラリーやデザインスタジオ、人気のカフェやレストランが立ち並ぶシドニー中心部のチッペンデールに位置しているので、外に出てフラッと散策するだけでも十分楽しめます。ホテルでのんびり過ごしたり、街歩きを楽しんだり、充実した滞在になること間違いなし!

ジ・オールド・クレア・ホテル 基本データ

<住所>1 Kensington Street, Chippendale,Sydney NSW 2008 Australia
<TEL>+61 2 8277 8277
<駐車場>なし

行き方・アクセス

<車>シドニー国際空港から約20分
<電車>セントラル駅から徒歩で約10分

魅力満載!シドニーで記憶に残る旅を

美しい自然と、グルメやアートに敏感な都会を、一度の滞在で堪能できる都市、シドニー。旅の思い出をより濃くしてくれる特別な体験や、多国籍文化だからこそ出会える様々なグルメ、感性が豊かになるようなセンスの良いホテルなど、五感が刺激されるスポットが目白押しで、足を踏み入れればきっとすぐにシドニーの虜になるはず。今回はシティをメインに紹介しましたが、ブルー・マウンテンズやハンター・バレーなど、まだまだたくさんの魅力溢れるスポットがあります。

久しぶりの海外旅行、入国規制が緩和され訪れやすくなったオーストラリアから始めてみませんか?

ノーザンテリトリーとシドニーの旅をダイジェストでお届け!

読み込み中

次回は、ワクワクするような冒険がたくさん待っているノーザンテリトリーをご紹介!お楽しみに。

オーストラリア政府観光局

YUUKI

1984年生まれ、和歌山県出身。デザイナーとして勤務後、独立。春夏のみのブランド「TADO」を運営するNALALA LLC.のfounder。また、ブランディングディレクターの他、観光PR、ホテルや広告の撮影など、写真家としても活動している。

YUUKI Instagram
YUUKI Twitter
次の記事