世界でもっとも美しい駅の常連「アントワープ中央駅」

GENIC編集部

_walkcatwalk_

別名「鉄道の大聖堂」
わざわざ訪れる価値のある
ベルギーのアントワープ中央駅

charlies_wanderings

ベルギー第二の都市、アントワープ。
「世界でもっとも美しい駅」の常連として知られるアントワープ中央駅は、交通手段だけでなく観光スポットとしても人気。ベルギーの重要文化財にも指定されています。

元々は木造の駅舎でしたが、1895年から10年かけて改築され、1905年に今の姿になりました。豪華なネオ バロック様式に生まれ変わった駅は、別名「鉄道の大聖堂」と呼ばれています。

また2000年代に再建工事が行われ、折り返し式だった駅は4階層の構造に。地下鉄も通っており、現在はパリ-アムステルダムを結ぶ、高速鉄道タリスも発着しています。

出典: Zoë Gayah Jonker

巨大な屋根は、高さ44m、長さ185m、幅66mの鉄とガラスでできています。駅を利用する予定がなくても、わざわざ訪れたくなる美しい駅。内観だけでなく外観も壮大で、建築物としてじっくり観察したくなる魅力的な駅です。

もう1つ忘れてはいけないのが、アントワープ中央駅の中にあるカフェ「Le Royal café」。かつては、王室の待合室として使われていました。駅の中とは思えないとても豪華な空間ですが、普通のカフェと変わらない値段設定。優雅な時間を過ごすことができるので、駅に訪れた際にはぜひ利用してください。

世界のユニークな駅

Photo:nathalie_wanders

世界で一番長い美術館はなんと地下鉄の駅!

Photo:melmattos

便利なだけじゃない!「観る」も楽しいニューヨークの地下鉄駅!

世界中のフォトスポットを地図で!

GENIC WORLD MAP

GENIC編集部のコラムで紹介したスポットは、こちらの世界地図からもご確認いただけます。

※ 本記事内のすべての個人写真は、アカウント所有者より許可を得て掲載しております。

前の記事