【写真を通して伝えたいこと #2】Dream Aya(写真家/ディレクター)

GENIC編集部

新たな道を歩みだした写真家/ディレクターのDream Ayaさんに、写真を通して伝えたいことをお伺いしました。

Dream Aya

Dream Aya 1987年生まれ、大阪府出身。2002年に上京しDreamのメンバーとしてアーティスト活動開始。2011年には、ガールズ エンタテインメント プロジェクトE-girls始動。2017年7月にボーカル&パフォーマーを引退しクリエイティブ業に専念。2020年、フリーランスで写真家として活動をスタート。クリエイティブディレクターやイラストレーター、ペイントアーティストとしても始動する。

❝本当に見てほしい部分はSNSを通してではなく個展。もう少しアナログで温かくてリアルなところ❞

「ベトナムのホテルにて。フィルムカメラで自分をなかなか撮らないけど、鏡を見つけたのでつい撮ってしまいました」

❝ずっと続けてきた写真に集中してみたいと思い独立を決意❞

E-girls、Dreamのヴォーカル&パフォーマーとしての輝かしいアーティスト活動を経て、今年から新たに写真家・ディレクターの道を選んだAyaさん。
ヴォーカル、ダンスを引退したのは2年前。
「アーティスト活動をしながら、周りにはメンバーや所属アーティストなど撮る被写体が常にいたこともあり、ツアーグッズ用の撮影をさせてもらったり、雑誌の仕事で同じ事務所のアーティストを撮影させてもらったりしていました。でも私の本業は歌って踊るアーティストだったので、なかなか思うように時間を費やすことができず、30歳という節目で引退の道を選びました」

「2018年の冬にNYのソーホーで個展をした際に、会場の前に座って休憩していたら大きいお姉さんと大きいワンちゃんが散歩していて、たまたま撮らせてもらった1枚」

「引退してから独立までの2年間、過ごしていく中でやりがいを感じるお仕事をもっとしていきたいとか、もっと表現をしていきたいという欲が出てきて、ずっと続けてきた写真に集中してみたいと思い独立を決意しました。さらに、もう一度イチから写真を勉強しなおしたいと思うようになり、実は2020年の3月からカメラ屋さんで働きながら勉強させてもらうことが決まっているんです。現像やプリントについて勉強しながら写真の仕事ができたらなって思って、通っていたカメラ屋さんに、初めて履歴書を書いて出して……(笑)。ありがたいことに私のことを覚えていてくださっていて、勉強させてもらうことになりました。もしかするとみなさんが現像しにいったら、実は私が現像していたなんていうことがあるかもしれません(笑)」

❝地元が田舎だったせいかレトロで温かい場所が好き。なんだか落ち着くんです❞

フィルム写真をこよなく愛するAyaさんが、愛用しているカメラはFUJIFILMのNATURA CLASSICA。
「人を撮ることが多いのですが、中でも姪っ子の写真が一番多いです。普段から撮りたくなるようなお茶目な動きをしてくれるんです」

「大阪に帰るとよく行く焼肉屋さんにて。食べ終わって私がご馳走様!と言ったときに、姪っ子がこの顔をしていたので撮りました。たぶん彼女はお腹いっぱいだったんだと思います(笑)」

「あとは以前、雑誌の連載をさせてもらっているときに気付いたのですが、自然と自分はレトロなロケ場所を選んでいるなと。地元が田舎だったせいか、おじいちゃんおばあちゃんがいるようなレトロで温かい場所が好きで、なんだか落ち着くんです。そこで出会った、クスッと笑ってしまうこととか、面白!って思うことに思わずシャッターを切っています」

「私の祖父の家がある島に行った時の一枚。船から島に住む近所のおじいさんが手を振ってくれている姿を撮りました」 

「友人家族と雪山のコテージにお泊まりした日の夜。お揃いの服を着た姉妹が可愛くて」

❝フィルムで撮影する楽しさや 現像してプリントする魅力を伝えたい❞

「撮りたいと思わせてくれることが周りにたくさんあるんです」と生き生きと話すAya さんに、これから写真を通して伝えたいこと・表現していきたいことは?を投げかけてみると、
「普段はインスタグラムをメインにデジタルで発信しているんですが、本当に見てほしい部分はもうちょっとアナログで温かくてリアルなところ」という答えが。

「お正月に実家へ帰ったときに、新世界で撮影。大阪にはレトロな喫茶店がたくさんあります」

「どんどんデジタルに変化していく時代で、フィルムを見たことがない子どもたちもいるので、これからもフィルムで撮影する楽しさや、現像してプリントして、思い出を写真に残すことの魅力を伝えて行けたらと思っています。私の個展に来てリアルを感じてもらって、フィルムカメラって楽しそうだなって思ってもらえたら、この上ないくらいに嬉しいです。だから私はフィルム写真を撮り続けます。」

「地元の銭湯での1枚。髪を乾かす椅子に座ってアイスを食べている姪っ子を撮りました。地元は時代が止まったようなレトロなところが多くて、とっても居心地のいい場所です」

❝そこで出会った、クスッと笑ってしまうことや 面白!って思うことに 思わずシャッターを切っています❞

「新元号の発表の瞬間に令和と書いた姪っ子です。令和と書いたのが日本で一番早い7歳児だったと思います(笑)」

「スキー場の入り口にいた犬。極寒のなか、なぜ小屋に入らず、小屋の上にいたのか謎でした」 

「去年の夏、友人家族とBBQしに行ったときにスイカ割りをしました。一番大きなスイカを食べてる男の子にカメラを向けたらこの顔」

「1年に一回は旅行に行くAMIAYAちゃんと、ベトナムへ行ったときの写真です。カラフルなところも好きで、見つけると撮りたくなります」

Dream Aya Instagram

GENIC VOL.54【表現者が撮る世界】
Edit:Yoko Tadano

GENIC VOL.54

「My Identity with Camera.写真を通して伝えたいこと」を大特集。
国内外の表現者やクリエーターたちが、レンズを通して切り取りたい世界、写真という表現を使って伝えたいこと、にたっぷり迫りました。

Amazonへ

新しい道を切り拓くヒント

Photo:alexandrapereira

ブロガーからアパレルブランドオーナーになった@alexandrapereiraにインタビュー!

【GENIC 2020年4月号】「My Identity with Camera.写真を通して伝えたいこと」をテーマに6大特集!編集長コメント付きで内容を紹介

前の記事