【写真を通して伝えたいこと #1】市川渚(クリエイティブ・コンサルタント)

GENIC編集部

クリエイティブ・コンサルタントとして活躍中の市川渚さんに、写真に込める想いをお伺いしました。

Nagisa Ichikawa

市川 渚 1984年生まれ、千葉県出身。クリエイティブ・コンサルタント。ブランドPRなどを経て、2013年独立。ファッションとテクノロジーに精通し、国内外のブランド、プロジェクトの企画制作に携わっているほか、ジャーナリスト、コラムニスト、フォトグラファー、モデルなど、さまざまな顔を持つ。GENIC WEBにて「市川 渚の“偏愛道”」好評連載中。

❝デザインされたもの、されていないもの、双方が持つ美しさを伝えたい❞

タイ・サムイ島「Six Senses Samui」にて。「ドレスがお気に入りで、海を入れた全身写真を残しておきたいと思ったものの、出張で一人だし、周りにも人がいなくて、必死にカメラを固定して自撮りしました(笑)」

「現実であること、作りすぎないこと、整然としていること」が自分らしい写真のキーワードだと考えているという市川さん。カメラ歴は約15年。
「10代の頃から自分のコンパクトデジタルカメラを持っていましたが、20代になって自分で旅行に行くことが増えて、写真を撮る機会が多くなっていきました。Instagramに投稿するようになったのは、時代の流れですね」

雪山にて。「繊細な木の枝が密集した様子が好きで、よくこういう写真を撮ります。F11まで絞って、カリッと解像させるのがポイント」

短い夏休みで宮古島市・伊良部島へ。「Osmo Actionで撮影したので海の中でも問題なし。アクションカメラ特有の歪みはありますが、青い海と空の広がりがよりうまく表現できた気がします」

ギャラリーに並ぶ写真はどれも、“白とグレー”が印象的。
「彩度をカメラ側の設定で少し落としておくことがこだわり。Lightroomでオリジナルのプリセットをいくつか作ってあり、RAWデータにプリセットをあてた上で1枚ずつ微調整していきます」

シアトルにあるパブリックライブラリーはレム・コールハース率いる「OMA」の設計。
「アイコニックな黄色いエスカレーターに乗り込む人を上階から狙ってみました。建築や風景は人を入れずに撮ることが多いのですが、たまに入れると場が生きてくるなと思った1枚」

❝自分の目で見たすべてのものがインスピレーションの源❞

フルサイズミラーレス「SIGMA fp」の試写のため、芦ノ湖へ週末ドライブ。「右に見えるのは"つるし雲"という富士山の近くに現れる珍しい雲で、こんなにはっきりと見えるのは年に1度あるかないかだと聞きました」

近年は自身のクリエイティブ制作や情報発信にも力を入れているとのこと。
「写真はひとつのメディアだと考えているので、文章や動画などを組み合わせて、ファッション、旅、テクノロジーなどの分野における自身の視点を、さまざまな形で発信していきたいなと思っています」

「NYに行ったら、必ず訪れたいと思っていたワールドトレードセンター跡地。祈りを捧げて、ふと見上げると、木々の間から力強く空へと伸びるOne World Trade Centerが」

そうやって仕上げた写真で伝えたいこととは?
「世の中に溢れる美しいものや場所。デザインされたもの(人工物)、されていないもの(自然物)、双方が持つ美しさです。自分の目で見た、すべてのものが私のインスピレーション源。自分の目で見た、その瞬間を捉えたいと思って、撮影しています。だから写真と現実がかけ離れないことを大切にしていますね」

「自宅での物撮りは午前中、必ず自然光で行うのがポリシー。現像では白の色味にこだわっています。ここは作業スペース」

市川渚 Instagram
市川渚 Twitter

GENIC VOL.54 【写真に込めた私たちの想い】
Edit:Yuka Higuchi

GENIC VOL.54

「My Identity with Camera.写真を通して伝えたいこと」を大特集。
国内外の表現者やクリエーターたちが、レンズを通して切り取りたい世界、写真という表現を使って伝えたいこと、にたっぷり迫りました。

Amazonへ

連載コラム「市川渚の“偏愛道”」

【市川渚の“偏愛道” Vol.05】私流、旅の必需品たち

【市川渚の“偏愛道” Vol.01】白に対するこだわり

前の記事