menu

写真家・⻘⼭裕企 写真展「ソラリーマンズ -東京・香港・京都-」開催&写真集「ソラリーマンズ」刊行

フェティッシュ(偏愛)だけどイノセント(純真)な作風で、制服やコンプレックスを魅力的に撮影する写真家・青山裕企自らが被写体となり、スーツを着て空を跳ぶプロジェクト「ソラリーマン」。
自称・日本一顔写真が使われているフリー素材モデルの大川竜弥さんと2人で、東京・香港・京都の三都市を跳びまわり撮影した作品による写真展が2023年9月23日(土・祝)~ 10月1日(日)の期間、東京・目白のGallery Mejiroで開催されます。同時に写真集「ソラリーマンズ」も刊行。オープニング・レセプションやソラリーマンズ撮影イベントもあります。

  • 作成日:
  • 更新日:

ADVERTISING

写真展「ソラリーマンズ-東京・香港・京都-」

写真家・青山裕企の原点となる作品「ソラリーマン」は、2006年から制作を続けています。今までに1,000人以上の現役サラリーマンを、空に跳ばせてきました。今までに写真集を四冊刊行、国内・海外の様々なメディアにて話題になりました。
「ソラリーマンズ」とは、写真家・青山裕企が自ら被写体となり、スーツを着て空を跳ぶプロジェクトです。写真をはじめたきっかけとなったのが、セルフ・ジャンプ・ポートレートであり、写真を“撮る・撮られる”楽しさへと原点回帰する作品になっています。子供から大人まで幅広く楽しめる作品であり、“みんな主人公”になれる写真です。
今回の写真展・写真集では、自称・日本一顔写真が使われているフリー素材モデルの大川竜弥さんと二人で、東京・香港・京都の三都市を跳びまわりました。

難しいことは考えず、とにかく楽しく見ていただければ幸いです。

青 山 裕 企

写真展「ソラリーマンズ -東京・香港・京都-」情報

自称・日本一顔写真が使われているフリー素材モデルの大川竜弥と2人で、東京・香港・京都の三都市を跳びまわり撮影した作品による写真展。

撮影:青山裕企・石迫翔摩・晴知花(ユカイハンズ)
モデル:青山裕企・大川竜弥・ソラリーマンの皆様

開催日時

2023年9月23日(土・祝)~ 10月1日(日)10:00~18:00
初日12:00オープン、最終日17:00クローズ
休廊日 なし

青山裕企 在廊予定日:9月23日(土)、9月30日(土)、10月1日(日)
※予定変更の可能性あり

入場料

無料

会場

Gallery Mejiro
〒171-0031 東京都豊島区目白5丁目5-1

Gallery Mejiro HP
Google Map

行き方・アクセス

<電車>西武池袋線「椎名町駅」から徒歩で約5分
都営バス「目白5丁目」バス停下車すぐ

オープニング・レセプション

日時

9月23日(土)15:00~17:00

参加費

無料
※予約不要

ソラリーマンズ撮影イベント

事前予約しスーツで行くと、大川竜弥と一緒に空を跳んで、作品として撮影してもらえます。

日時

9月30日(土)10:00~12:00
10月1日(日)10:00~12:00

参加費

無料
※要予約 yukaihands@gmail.comまでメールにて連絡

<写真集>青山裕企 108th:「ソラリ―マンズ」情報

4,500円(税抜)
著者:青山裕企
撮影:青山裕企・石迫翔摩・晴知花(ユカイハンズ)
モデル:青山裕企、大川竜弥(ソラリーマンズ)、ソラリーマンの皆様
デザイン・編集:青山裕企、須藤未悠、晴知花(ユカイハンズ)
仕様:B5判変型(182x238mm)/フルカラー
ページ数:96ページ
発行:ユカイハンズパブリッシング
発売日:2023年9月23日
ISBN:978-4-908942-38-9

<特装版(ハードカバー)20部限定>
9,000円(税抜き)
※ソラリーマンズ・限定グッズ・コンプリートセット(後日発送)

青山裕企 プロフィール

1978年、愛知県名古屋市生まれ。
2002年、自転車で日本縦断と世界二周の旅の道中で写真の道で生きることを決意。
2005年、筑波大学人間学類心理学専攻卒業後、上京して写真家として独立。
2007年、キヤノン写真新世紀優秀賞受賞。
ギャラリー・出版レーベル・オンラインコミュニティを運営。現在、東京都在住。
『ソラリーマン』『schoolgirl complex』『少女礼讃』など、“日本社会における記号的な存在”をモチーフにしながら、自分自身の思春期観や父親・少女像などを反映させた作品を制作。
2009年より写真集などの著書を刊行、現在100冊を突破(翻訳版も多数)。台湾・香港・中国・シンガポール・スペイン・ニューヨークなど、海外で個展やアートフェアなどに多数参加。
『schoolgirl complex』は、2013年に映画化、写真集は累計10万部以上のベストセラーとなる。
吉高由里子・指原莉乃・生駒里奈・オリエンタルラジオなど、時代のアイコンとなる女優・アイドル・タレントの写真集の撮影を担当。広告・企業・雑誌のグラビア・書籍の装丁・CD・アーティスト写真など、ポートレート撮影を中心に活動。撮るだけでなく、書く仕事(エッセイ・写真実用書)、教える仕事(講演・ワークショップ・講師)なども行う。TV・ラジオなど、メディア出演多数。
お金マイナス・人脈ゼロで、写真を始めて25年目、上京・独立してから18年目。自分なりの戦略で、写真業界を“ファーストペンギン”を目指して泳ぎ続けている。

青山裕企 Instagram
青山裕企 X
青山裕企 HP

おすすめ記事

【独自の作風で素肌を表現 This is My World:5】青山裕企

次の記事