デジタル一眼カメラを手にするだけで簡単にできること【やさしすぎるカメラの取説】

GENIC編集部

デジタル一眼カメラ(一眼レフカメラやミラーレスカメラ)を使ってみようと思っても、いろんな疑問がいっぱい。
でも、難しく考えないで!手にしてしまえば、とっても簡単に使えてしまうんです。
ここでは、初心者の方向けに、デジタル一眼カメラを手にするだけでできてしまうこと、を説明します!

1.何も設定しなくても簡単に撮れる!

デジタル一眼カメラには「AUTO(オート)」というモードがあります。
AUTOに設定しておけば被写体にカメラを向けてシャッターを切るだけで、自動で明るさやピントが合わせられ、簡単に撮ることができるんです。

少しカメラに慣れてきたら、Pモードがオススメ。AUTOモードよりもいろんな設定が細かくできるので、撮りたいイメージに仕上げやすくなるのがメリット。

2.撮った写真をスマホに転送できる!

カメラのWi-Fi機能を使えば、カメラで撮影した写真をスマホに直接転送できます!
カメラを購入する前にWi-Fiに対応しているかチェックしてみて。Wi-Fi対応カメラならパソコンも必要なく、インターネットが繋がらないところでも問題なし!
メーカー専用のアプリをスマホにダウンロードするだけで、いつでもどこでも転送できます。

スマホ用カードリーダーもオススメ!

カメラからメモリーカードを抜き取り、カードリーダーを使ってスマホに直接読み込むことで、転送中のカメラの電池を節約できます。旅先や長時間のお出かけで重宝!USB Type-C に対応。
ADR-3TCML36S

\4,644 /サンワサプライ(086-223-3311)
※機種によって対応しない場合があるので要確認!

3.スマホでシャッターを切れる!セルフスナップも楽々!

カメラとスマホのアプリをWi-Fiでつなぐと、遠くに置いたカメラのシャッターを手元のスマホで押すリモート撮影が可能に。セルフタイマーやリモート撮影を使えば、簡単にセルフィーを楽しめます。ちょうどいい場所にカメラを置く台や場所がないことも多いので、三脚もあると便利。

手のひらサイズの手軽なものや、三脚の足を伸縮できるタイプもあるので、用途に合わせて選んでみて。

4.写真の明るさも簡単調整!

左:ローキー 右:ハイキー

「写真を撮ってみたら、思い通りの明るさで写らなかった」という失敗を解決してくれるのは、露出補正という機能。カメラが決めた明るさよりも、明るくしたいときは露出をプラスに補正して、暗くしたいときは露出をマイナスに。そうすることで、撮りたい明るさで撮ることができます。
露出補正は見た目に近い明るさに補正するだけでなく、表現にも使えるので、被写体のイメージに合わせて設定してみて。

露出補正とは?

写真の明るさを調整する機能。カメラが決めた明るさ(標準露出)よりも、明るくしたり暗くしたりしたいときに、露出補正値を調整します。

5.動く被写体にもピントが合う!

動く被写体にピントを合わせたいときはフォーカスモードをAF-Cに設定しよう。シャッターボタンを半押し、または全押ししている間、被写体が動いてもピントを合わせ続けてくれます。反対に、料理や街並みなどの動かない被写体を撮影するときにはAF-S(通常はAF-Sに設定しておくと◎)に設定するのがオススメ。

frauki

星やオーロラなど、オートフォーカスではピントが合わせにくい被写体はマニュアルフォーカス(MF)がオススメ。レンズのピントリングをまわすことで、手動でピント合わせが可能に!

<こんなのも便利!>感覚で撮れるタッチシャッターでピント合わせ!

液晶モニター上でピントを合わせたい被写体にタッチするだけで、自動的にピントを合わせてシャッターを切ってくれる機能。簡単に写真が撮れるので、撮りたい瞬間を逃したくないときにオススメ。

GENIC VOL.52【GENIC的やさしすぎるカメラの取説2019!】
Text: Miho Comuro
illustration: Ayumi Kuriyama
Edit: Yoko Tadano

GENIC VOL.52

「アジア」と「カメラの使い方」の2大特集!

Amazonへ

デジタル一眼カメラで想いのままに!

初心者にも本格派にもぴったりのカメラNikon Z 50がデビュー!<使ってみたレポ Vol.1>

[PR]

インスタグラム投稿に最適!「OLYMPUS PEN E-PL10」の魅力をインスタグラマーyucoが紹介!

[PR]

前の記事