menu

【素の私を愛するために:1】花盛友里

「素の私」って、どういうことだろう。メイクをしている「私」は?写真に写る「私」は?すっぴんの「私」に心底うんざりする日だってあるんだけれど...。「素」の自分自身を愛するということは、シンプルだけれど、とても難しい。ボディ・ニュートラルのムーブメントが注目を浴びている今、ありのままの自分を愛するために様々なアプローチをする3名の写真家に、その想いを伺いました。
1人目は、フォトグラファー、花盛友里さんです。

  • 作成日:

ADVERTISING

花盛友里

フォトグラファー 1983年生まれ、大阪府出身。中学時代から写真の楽しさに目覚め、2009年よりフリーランスとして活動開始。女性誌や音楽誌、広告などで主にポートレートの撮影を手掛ける。
愛用カメラ:Nikon D4S
愛用レンズ:NIKKOR 50mm f/1.8G

かわいいからだよ

素とは飾らず、偽りのないもの。友達の前のようなラフな姿を撮りたい

「撮影中、過去のとても辛い経験を教えてくれた彼女。だからこそ、今こうして笑えているんだと感じました。そんな彼女への尊敬の気持ちも含めて撮った一枚」。

「着替えて出てきた飾らない瞬間。普段の私たちにも、こんな美しい瞬間は絶対にあるんですよね。この写真を見てくれた人が、自分自身も素敵な存在だって思ってくれたら嬉しいな」。

エロでもアートでもない、私たちのためのヌード

モデルは一般応募の先着順。撮影は一人40分の一回勝負。雑誌や広告でも活躍するフォトグラファーの花盛さんが、そんなルールで撮り続けてきた「脱いでみた」シリーズは、女の子たちに素の自分こそが美しいんだということを伝え続けているプロジェクト。
「今、写真は簡単に加工ができちゃうので、例えば朝起きたままの自分が嫌になる瞬間があると思うんです。でも、どんな体であっても、加工なんてしなくても、絶対にあなたは美しいんだよということを言いたくて」。

実はシリーズ開始当初は、プロのモデルさんを起用した企画だったのだそう。
「撮っていくうちに、すごくかわいいプロのモデルさんもコンプレックスがあるということを知って。こんなに美しく見えているのに私たちと一緒なのか、って驚いたんです。プロの彼女たちが『こんなにかわいく撮ってくれて嬉しい』って言ってくれるなら、それを一般の子でやることができたら、みんな救われるんじゃないだろうかと」。

一般の方を撮影することで、花盛さん自身にもいい影響が。
「モデルの子に『ここのラインめっちゃ綺麗だよ』って言うとき、私もこういうふうに美しいんだって自分のことも肯定できるんです。だからこのシリーズの撮影は私にも絶対必要な時間」。

「この角度から撮った体は、誰かを特定することなく、誰でも美しいと思う。脚の太い細いも関係ない、人やから美しい、肌やから美しい。私は誰であるかや、体型が関係ない美しさが好き」。

「仕事の合間を縫って行っている個人のプロジェクトなので、撮影はいつも急。飾らないその子の素を撮りたいから、カメラを意識していない瞬間にシャッターを押します」。

笑顔は絶対的に素晴らしくて、美しい。「みんな笑ったらいいねん」って思ってる

初対面の一般の女の子を、初めて訪れる場所で撮ることには難しさも。
「でも、それも修行(笑)。私はフォトグラファーとして仕事をしているので、常にある程度ベストの状態で撮らせてもらえますが、それでいいものが撮れるのは当たり前だし、自分の力ってほんとに3割ぐらい。あとはモデルさんやスタッフさんのおかげ。でも『脱いでみた』の場合は、私が全力投球をしないと撮られる方も力を出せない。だから、今日はだめだって諦めることは絶対にしません」。
あえて素肌を綺麗に撮ることもしないのだそう。
「必要ないんです。だって、笑顔が最強だから。笑顔って、どんなメイクよりも絶対的に素晴らしくて、美しい。女の子たちがみんな、泣くときはいっぱい泣いて、笑うときはいっぱい笑うっていう当たり前のことができたら。そんな願いを込めてシャッターを切っています」。

「『脱いでみた』シリーズではレタッチは一切していません。肌の質感がのっぺりしてたら人間味がないし、リアルじゃないから。この写真は、ブラがちょこんとおいてある感じもかわいい」。

「パッと見た瞬間は男の子のように見える一枚。彼女はすごくおしゃれだったから、彼女の服をクローゼットにかけてその中に入ってもらいました」。

「STOCKの新作のブラレットを着けてもらって撮影。実はお腹がコンプレックスだったという彼女。でも、この写真はちょっと寄ったお腹のお肉がかわいいですよね。仕上がりを見て『こうやって撮ってくれて、自分のお腹もいいかもって思えた』と言ってくれて、本当に嬉しかった。醍醐味です」。

花盛友里(@yurihanamori) Instagram
花盛友里(@nuidemita_hanamori) Instagram

Information

花盛さんプロデュースのランジェリーブランド「STOCK」の新作が発売。
「幸せも喜びも悲しみだってぜんぶひっくるめて、自分を楽しむ気持ちをストックしてほしい」。花盛さんのそんな想いから生まれた、みんながモデルになれるランジェリーブランド。

STOCK
STOCK Instagram

GENIC vol.62【素の私を愛するために】
Edit:Yoko Abe

GENIC vol.62

テーマは「素肌と素顔を写す」。
人の美しさを大切に写しとった「素肌」と「素顔」の世界をお届けします。「性」ではなく「生」を感じる、神秘的で美しい森に迷い込んでしまったような写真たちと、そこにある撮り手の想いに迫ります。

GENIC公式オンラインショップ
Amazonへ

おすすめ記事

【魅惑的な「肌」の世界:1】増田彩来

カメラメーカーおすすめ!人や肌を美しく写し出す優秀カメラたち

次の記事