ブツ撮りが楽しくなる!フラットレイのテクニックをおさらい!

GENIC編集部

zam_oks

ブツ撮りのクオリティがグンとアップする
フラットレイ撮影のテクを
イメージサンプルと共にお届けします

あえて“影”を味方につけて、さわやかなSUMMER感を出す

ブツ撮りするなら影の入らないところで!と思いがちだけど、あえて影を味方につけてみるのはどう?
木洩れ日タイムを狙ったり、カーテンの柄や素材の質感を活かしたり。花瓶の水の光と影を効果的に入れるのもいいかも。

jasminedowling
zam_oks

まさにフレームイン! “枠”だけを小道具として取り入れる

フレームだけを小道具として使うテクニックも人気。ゴールドだとラグジュアリー感が出るし、ウッドフレームだとナチュラルテイスト、ブラックならスタイリッシュにも。小さいサイズを揃えておくと便利。

beautyblog_katy

お花で“前ボケ”を入れて、奥行き感のある写真にみせる

フレットレイは平面にものを並べるってことだから、同じ平面に置いた花瓶の花を前ボケとして活用させるテクは、ギリギリセーフ!というか応用として試してみたい。あまり濃い色にすると、悪目立ちするので、淡めのカラーがベターです。

jasminedowling
och.life

“カメラ”は撮るだけじゃなく撮られる時代!?

最近よく見るのがカメラを小道具として使っているポスト。真ん中で主役にするというよりは、飾りのひとつとしてさりげなく置かれているのがいい感じ。黒いカメラはマニッシュな雰囲気だけど、お花と合わせればキュートにも仕上がります。

annikabennika
demchena

カップを持つ手から“ペンを持つ手”にシフト

コーヒーカップを持った手を差し込んで撮影したフラットレイから、一部のインスタグラマーたちは、“ペンを持つ手”にシフトしているみたい。羽根ペンなど、ペンのデザインで個性を演出しよう。

alabasterfox

同じ色味のアイテムを並べて統一感を出す

家中から同じカラーのものを集合させて、床をキャンバスにして色あわせで遊ぶブツ撮りも楽しい。
ポップカラーを選んでも、モノトーンでまとめてもおしゃれ。

designbyaikonik
coolflatlay

(GENIC 2019年7月号より一部抜粋)

フラットレイを楽しむ

Photo:aiai

aiaiがレクチャー!マネしたくなる"Flatlay(フラットレイ)" テクニック

Photo:kinuszz

ブツ撮りに新しい風!「ハサミ」がそこにいる理由

Photo:alabasterfox

ブツ撮りテクニック!画面を通してつながる世界

Photo:thefictionfaery

隠せないスター性!ブレイクタイムをアガらせる新アイテム

※ 本記事内のすべての個人写真は、アカウント所有者より許可を得て掲載しております。

前の記事