【撮欲も満たす“おひとりさま旅”スタイル #11】オア明奈

旅好きならば一度は試してみたい“ひとり旅”。国内から海外まで、自由気ままに旅をするソロトラベルのエキスパートに聞いた「ひとり旅スタイル」はワクワクするストーリーが満載です。
ひとり旅をしたくてもあと一歩が踏み出せないでいた、あなたの背中をトンッと押してくれること間違いなし。みなさんが実践している撮影ワザも必見です。
#11では、お祝い&ライフスタイルプロデューサーのオア明奈さんのひとり旅スタイルを紹介します。

  • 作成日:

オア明奈

お祝い&ライフスタイルプロデューサー/1985年生まれ、大阪府出身。「人生を棚卸しして、自分を知る」ためのライフログスクール主宰。2020年12月には、1年の総括実践ワークショップを開催。詳しくはInstagramのLinkflyをチェック。
愛用カメラ:OLYMPUS PEN/iPhone X

ひとり旅について2つの質問

Q.ひとり旅の必需品は?

iPhoneXと、Topologieの肩にかけられる紐付きのスマートフォンケース。

Q.ひとり旅の荷物は?

スーツケース派。

人生の節目を迎える年に出発した自分と向き合う旅

「ニュージーランドのラグランという街があまりにも素敵すぎて恋をしてしまいました。到着した宿ではライブが開かれていて、海に沈む夕陽と笑い声とメローな音楽にうっとり」。

「旅は人生を深めるために行くもの。自分と向き合うために行くものだと思う」というオア明奈さん。35歳という節目を迎える年に、未来のために頑張る人生から、今を謳歌する人生に切り替えようと思い、3ヶ月間ニュージーランドへ。

「ビーチ前の住宅街にあるAirbnb。とても居心地が良く、素敵なキッチンで毎日ご飯を作るのが楽しかった」。

「一人で行くのは心身ともにデトックスして生まれ変わるためと、本の執筆に集中するため。すべてを自分で決めることができるひとり旅は、人生が自由であることを教えてくれると同時に、自分の無力さにも気付けて強くなれる。ひとり旅こそ、人生を味わう究極の時間です」。宿泊はなるべく現地の人と交流を取ることを重要視し、Airbnbかバックパッカーズホステルをチョイスします。

オア明奈 Instagram
オア明奈 Twitter

GENIC VOL.57 【撮欲も満たす ”おひとりさま旅”スタイル 】
Edit:Izumi Hashimoto

GENIC VOL.57

テーマは「100人の旅という表現」。
表現者たちのオンリーワンな旅スタイルや、撮欲も満たすひとり旅、旅するように暮らす多拠点生活など、様々な旅する人とその想いに迫ります。

Amazonへ

おすすめ記事

【撮欲も満たす”おひとりさま旅”スタイル #7】エリカ

GENIC 2021年1月号 100人の出演者リスト

前の記事