撮欲を満たす福井の旅へ!第2回:大人の修学旅行にもぴったり!見どころ溢れる「勝山市」

PR

GENIC公式

東京から新幹線で約4時間、飛行機を使えば約3時間で行くことのできる福井県。今回は、プロトラベラーのChihiroとトラベルブロガーのyucoが、県庁所在地である福井市に隣接する「大野市」「勝山市」「永平寺町」を旅しました。2人が口を揃えて「本当に行ってよかった!」と言うこの3つのエリアの魅力を、“撮りたい!”が止まらなくなるフォトスポットを中心に、3回にわたって紹介します!

第2回:恐竜がお出迎え!見どころいっぱいの「勝山市」

第2回は、福井県の北東部に位置する、“恐竜のまち”として知られる勝山市。緑の美しい寺社や、伝統的な機織り体験にスキーからパラグライダーまで。勝山市には、大人も楽しめる観光スポットやアクティビティが詰まっています。
のどかな道の小さなマンホールまでもがシャッターチャンス!という、撮りたいが溢れる勝山市を紹介します。

現代建築の巨匠が設計!「福井県立恐竜博物館」

常設展示室には、44体もの恐竜の全身骨格が展示されている「福井県立恐竜博物館」。ここでしか出会えない恐竜もたくさんいることから「恐竜好きの聖地」とも呼ばれています。
骨格が影として壁に映し出されるようにライティングされた展示もあり、大人女子でもワクワクしてしまうスポットです。

さらなる見どころは建築!現代建築の巨匠・黒川紀章氏の設計で、入口から入ってすぐの吹き抜け部分には、恐竜の骨格を彷彿させるエスカレーターと階段が。楕円形の天窓から降り注ぐ光と相まって近未来的な雰囲気を醸し出します。
恐竜と撮るのももちろん楽しいですが、このスケールの大きなエスカレーター、絶対にカメラにおさめておくべきスポットです。

勝山ならではの光景「ホワイトザウルス」と「恐竜マンホール」

恐竜博物館近くにそびえ立つ、真っ白な恐竜「ホワイトザウルス」も、一度は見ておきたい勝山市のお目立ちオブジェ。田園の緑、稲穂の黄金色、雪景色の白と、季節ごとに異なる背景との組み合わせが楽しめます。
撮る角度によって、恐竜の表情や躍動感が変わるので、撮り合いっこするのもおすすめです。

恐竜博物館へ向かう途中の坂道で、恐竜が描かれた色付きのマンホールに出会えます!色が違うものや足跡が描かれたものもあるので、探してみて!勝山市ならではの光景です。

ここも恐竜推し!「道の駅 恐竜渓谷かつやま」

恐竜博物館から車で10分ほどの場所にある「道の駅 恐竜渓谷かつやま」。こちらもやはり恐竜だらけ!
敷地内には恐竜のオブジェがあり、建物の外壁には恐竜が描かれ、恐竜にちなんだお土産や恐竜をイメージしたハンバーガーなども販売する、“恐竜推し”の道の駅です。

もちろん地元の特産物やお酒、お菓子なども充実しているので、旅の思い出を持ち帰るショッピングを楽しんで!
福井の銘菓“水ようかん”が入ったドリンクやソフトクリーム、名産の里芋を使用したスムージーやコロッケなど、その場で食せる地元らしいメニューも楽しめるうえ、建物が新しくてきれいで広々としているので、休憩にもぴったりです。

艶やかな苔が美しすぎる、緑に囲まれた「国史跡白山平泉寺」

入口から雰囲気が抜群で、かっこよさが際立っている「国史跡白山平泉寺」。澄んだ空気が神聖な気持ちにさせてくれる場所です。
「苔宮」とも呼ばれ、参道の脇や立派な鳥居をくぐり抜けた境内には美しい苔が一面に生い茂っており、まるで苔の絨毯のよう!その緑の艶やかさに感動すること必至です。苔は触ることもできるので、手で直に触れて感じてみてください。

江戸時代に建てられた拝殿に、大きな鳥居や御手洗池、さらに国指定名勝である「旧玄成院庭園」など、広い敷地内にたくさんの見どころがあるので、撮影旅行にもぴったり!
御手洗池にある鳥居を、池の反対側から撮影すると、池に鳥居が映り込んだリフレクション写真を撮ることができます。美しく幻想的な光景を、空気ごと閉じ込めて。

白山平泉寺からの帰りに寄りたい!発酵食品と酵素スイーツの店「白山亭」

平泉寺のすぐそばにあり、ランチタイムには人がひっきりなしに訪れる発酵料理と酵素スイーツの店「白山亭」。発酵食品を使ったランチと平泉寺の苔を思わせる甘酒と白みその"苔ティラミス"が人気です。
"美肌ごはんセット"というランチプレートには、小鉢に入った11種類ものおかずが並びます。ほとんどのメニューに野菜が使われていて、身体も喜ぶ、女子が大満足できるプレートです。
店内のボードにはその日の11種類のメニューが細かく書かれているので、内容を確認しながら発酵食品の酸味やコク、風味などを存分に感じて食べ進めるのがおすすめ。
苔ティラミスは、甘酒と白みそを使っていてクリーミーで少し塩味もある、甘すぎないのが嬉しいご当地スイーツです。

歴史を感じる勝山のスポット「旧勝山城下町跡」と「勝山驛(勝山駅)」

白山平泉寺では、古くから石をまちづくりに活用する技術を持っていました。九頭竜川の河岸にある約20数kmにわたる「七里壁」は、川の流れによってできた段差の崖部分に川石を積み上げた石壁です。江戸時代には、この七里壁を境として城下町が作られました。

雨水や川水からの地下水が、いくつかの崖を伝わり、最も低い面から湧き出ている「大清水」。石づくりの街の歴史を感じます。。
現代も「旧勝山城下町跡」は石畳がとてもきれいな場所で、風情がある伝統的な町屋が残っており、江戸時代に迷い込んだような感覚になります。歴史を学びながら巡るとおもしろい場所です。

国の有形文化財にも指定されている「勝山驛(勝山駅)」も歴史を感じる勝山のスポットの1つ。駅舎の外観にはとても趣があり、古き良き時代の面影を垣間見ることができます。イベントの際にのみ運転される、国内に現存する現役最古の電気機関車もレトロでかっこよく、まるで物語の中に入ったような気分に。

圧巻のスケール!「大師山清大寺 越前大仏」

何から何まで、驚く大きさ!「大師山清大寺」は、敷地面積から大仏まで、すべてがダイナミックで、国内では例を見ないほどスケールの大きな寺院です。
東京ドーム約5つ分ほどの敷地内には、緑の美しい庭園や日本一高い五重塔など、見どころ、そしてフォトスポットが目白押し!中でもおすすめなのは、本殿に入る前の広場や端の階段です。

「越前大仏」の像高は17メートル。こちらも日本一の大きさで、圧倒されること間違いなしですが、壁面に並んだ1,281体の仏像も圧巻で、ここでしか見られないもの。絶対にカメラにおさめたいユニークさです。少し離れたところから、手前の地面を大きめに入れるような構図で、広さを表現するのがおすすめの撮り方です。
こんなにスケールの大きな寺院が、個人の私財で建立されたというから驚きです。どこを撮っても絵になるので、絶対訪れて!旅のクライマックスになること間違いなしです。

「ゆめおーれ勝山」で機織り体験を!

「はたや記念館 ゆめおーれ勝山」は明治から平成の長きにわたり操業していた繊維工場を活用した施設で、手織りやまゆ玉クラフト、当時の機械を使った繭からの糸とりが体験できます。
館内にはミュージアムゾーンもあり、スタッフから繊維のまち勝山の歴史や文化を聞くのも一興です。
(飛び入り体験可!マスク作り体験のみ要予約)

福井名物の油あげが絶品!「禅や」

築120年という古民家を改装した居酒屋「禅や」。地元の人からも大人気ですが、福井県ならではの食事が楽しめるので、観光客にもおすすめです。
福井名物の竹田の油あげは、普段食べているものとは厚さが全く異なり、外がしっかり焼かれパリパリ、中はしっとりとしていて、食べ応えのあるお揚げです。おろしポン酢とネギでさっぱりといただきます。竹田の油あげは道の駅やスーパーで気軽に購入できるので、お土産にもぴったり。
店員さんがとても親切なので、おすすめをいろいろ聞いておしゃべりも楽しみながらメニューを選んで!

食事にもカフェタイムにも「Hamburgers Cafe Nalu Aloha Style」

外観は城下町の雰囲気を残しつつ、暖簾をくぐると一転、ハワイアンテイストのお店「Hamburgers Cafe Nalu Aloha Style」。ハワイの小物などがたくさん飾られていてアロハな雰囲気でゆったりとした時間を過ごすことができます。
人気メニューはハワイアンチーズバーガー。バンズはカリふわに焼かれ、パテは肉々しくコショウが効いたシンプルな味付けで、焼いて甘みを引き出したパイナップルと相性抜群!大野市のモモンガコーヒーさんにオーダーしているオリジナル焙煎のコーヒーも絶品です。デザートにはハワイアンらしく、パンケーキも忘れずに。

アクティビティが充実!「ホテルハーヴェストスキージャム勝山」

目の前に西日本最大級のスノーリゾート「スキージャム勝山」のゲレンデが広がる「ホテルハーヴェストスキージャム勝山」。街から離れていますが、パラグライダーや芝ソリ、セグウェイ体験、天然温泉など、様々なアクティビティがホテル内にあり、1日中ホテルで遊べます。
標高が高い場所にあるため涼しく、星空がとてもきれいに見えるので、夜までしっかり楽しんで!パラグライダーを見ながら食べる朝食も、ワクワクタイムです。

広い窓からの景色を堪能「勝山ニューホテル」

車で恐竜博物館へ10分、白山平泉寺へ5分という抜群のアクセスの良さを誇る「勝山ニューホテル」は、静かで清潔感があり、勝山市内観光の拠点にぴったりのホテルです。
部屋の窓がとても広く、越前大仏のある大師山清大寺がよく見えます。朝焼けもきれいなので、早起きして写真や動画の撮影を楽しんで!
朝食ビュッフェには、福井の名産品や地産の料理がPOP付きで並び、美味しい福井のお米も堪能できます。

たくさんの見どころに刺激を受けられる「福井県勝山市」

いたるところで恐竜が優しくお出迎えしてくれる勝山市。大仏や五重塔など"日本一"に出会えるスポットや、歴史を学びながら味わいたい街並み、神社やお寺など、家族旅行にももちろん、“大人の修学旅行”にもぴったりの場所です。撮りどころもたくさんあるので、カメラを持ってアクティブに過ごしてみては?
第3回は、自分と向き合うのに最適な時間を過ごせる、永平寺町を紹介します。お楽しみに!

勝山観光ナビ

プロトラベラー Chihiro

プロトラベラー/街並みを散策しながらカワイイモノ・ヒト、文化に触れる旅行スタイルが好き。コーヒーとチルライフを愛する博多っ子。

Chihiro Instagram

トラベルブロガー yuco

旅、ファッション、カフェ情報から、おしゃれな写真の撮り方まで、みんながHappyになれる情報をSNSで発信しているトラベルブロガー。世界で流行っている写真加工や動画のスタイルをいち早くキャッチし、実践している。

yuco Instagram

福井県で“撮りたい欲”を満たす旅を

撮欲を満たす福井の旅へ!第1回:ゆったりとした時間が流れる癒しの「大野市」

撮欲を満たす福井の旅へ!第3回:禅に触れゆっくり自分と向き合う「永平寺町」

前の記事