menu

長いあいだ心に巣くっていたコンプレックスから、救い出してくれた「Z 30」のこと

連れていることも忘れてしまいそうなほどに軽やかで、見た目も可愛らしい。気負いなく、まるでそれが当たり前かのように目の前を流れていく光や風を追っている。
動画制作に長いあいだコンプレックスを持っていた私、古性のちが撮る「Nikon Z 30」のあたらしい動画の世界をご覧ください。

  • 作成日:

まるで幼馴染のあの子のような心地の良さを持つカメラ「Z 30」。

「やあやあ。久しぶりだね、と思わず声をかけたくなるしっくり感」

初めてZ 30を手にしたとき「幼馴染のようなカメラだなあ」とふと思った。確かに初対面のはずなのに、すっと手に収まる心地よさ。それに私の“好き”を驚くほどよく熟知していて、 カメラを構えたとき頭の中に浮かぶ、言葉にならない言葉みたいな“私らしさ”の種のようなものを、ちゃんと掬い取ってくれる。

何だかそういう阿吽の呼吸みたいなものが「大丈夫!なんとかなるよ」が口癖の、幼少期からずっと隣で歳を重ねてきたあの子に似ていた。

「Z 30で撮影した動画を静止画で切り出したもの。好きな場面を簡単に写真へと変換できる嬉しさ」

気づけば長らく動画コンプレックスだった。「のちさんって動画やらないんですか?」と誰かに聞かれるたび、やれ写真の一瞬を切り取る瞬間が好きだの、やれ何となく心がときめかないだのと言っては、逃げてきた。

気づけばネット上で私の写真を支持してくれている人が増え、もはやそこから飛び出すのが怖くなってしまっていたのかもしれない。

いつでも軽やかに手に入れたり、手放したりをしていたかったはずなのに。そんな臆病になっていた私を「難しいこと考えなくても、まあやってみようよ」と引っ張り出してくれたのが、Z 30だったのだ。

Zシリーズ最小・最軽量で、旅先の写真も動画も軽やかに。

「今回、町歩きで初めて撮った朝顔。まだ写真全体がなんとなく硬い」
撮影機材:Z 30 + NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR 焦点距離:36mm 絞り:F/5.3 SS:1/640秒 ISO感度:100

Z 30と初めて歩いたのは旅先。和歌山県・田辺市だった。

2度目ましての田辺市は、ゆったりとした時間が流れていて肩の力が抜ける。「この場所はね、ちょうどいいんです」と話す町の人の話にうんうん、と首を振る。そんな田辺町を一緒に歩けるのがZ 30でよかった、と思った。いい意味で、このカメラには気負いがない。すんなり私の日常に入り込んできてくれる。

「今回、過ごさせてもらった100年の歴史ある古民家。15時をすぎると入る光がご褒美」
撮影機材:Z 30 + NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR 焦点距離:23mm 絞り:F/7.1 SS:1/500秒 ISO感度:500

「田辺名物の江川のちゃんぽん。気さくなお母さんが腕を振るってくれる」
撮影機材:Z 30 + NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR 焦点距離:27.5mm 絞り:F/4.5 SS:1/100秒 ISO感度:320

「純喫茶で出会った100点満点つやっつやのオムライス」
撮影機材:Z 30 + NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR 焦点距離:32.5mm 絞り:F/5.0 SS:1/80秒 ISO感度:800

「夕暮れ時のやわらかな光を受ける、遠い昔の記憶を持つ器」
撮影機材:Z 30 + NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR 焦点距離:38mm 絞り:F/5.6 SS:1/500秒 ISO感度:500

「おだやかな田辺の海は女性のひとり旅がよく似合う」
撮影機材:Z 30 + NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR 焦点距離:50mm 絞り:F/6.3 SS:1/80秒 ISO感度:250

「空をゆっくり見上げる余裕を常に心に置いておきたい」
Z 30で撮影した動画から切り出した写真

「いつまでも見入ってしまうリフレクションタイム」
撮影機材:Z 30 + NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR 焦点距離:48mm 絞り:F/6.0 SS:1/1000秒 ISO感度:100

「望遠レンズでのぞいた先には夏の繊月」
撮影機材:Z 30 + NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR 焦点距離:155mm 絞り:F/5.3 SS:1/50秒 ISO感度:500

懐かしい味のする江川のちゃんぽんに、光が綺麗な古民家。何個でも食べたくなる喫茶のオムライスに、古道具のコップ。日々の終わりを包み込む淡いカラーの夕暮れ。

目に映るものすべてが美しく見え、夢中でシャッターを切る。そして、自然と動画を回す。

この感覚はフルサイズのカメラ Z 6IIと初めて出会ったときの感じと一緒だ。こんなに小さなカメラに、こんなに感動をもらえるなんて。驚いた。

「自撮りも動画もトライポッドグリップがあればなんのその」

ちなみにやけに軽いな、と驚いていたら、Zシリーズの中でも最小・最軽量で、重さは500mlのペットボトル程度らしい。身軽に田辺の町を散策できた。

ただ目の前を流れていく時間を思いのままに繋げてみる。それだけで。

「さらさら流れる時間や光とレンズ越しに見つめ合う」
撮影機材:Z 30 + NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR 焦点距離:135mm 絞り:F/6.3 SS:1/1000秒 ISO感度:500

風や光の息遣いが聞こえる町、田辺ではもう1本、動画を作ってみた。どれもすごく特別じゃない旅先でのワンシーン。そういうものを集めた短い動画を作った。

多分ずっとこういうものを作りたかった。

何度も見返したくなる特別な動画になった。

movie life 0811

「水面で混じりあう青とオレンジの時間」
撮影機材:Z 30 + NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR 焦点距離:50mm 絞り:F/6.3 SS:1/60秒 ISO感度:125

「家の入口で仲良く寄り添う姿に思わずにっこり」
撮影機材:Z 30 + NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR 焦点距離:145mm 絞り:F/6.3 SS:1/2000秒 ISO感度:500

1日が終わる頃にはすっかり私の長年のコンプレックスが顔を出さなくなっていて「こんなの撮ったの、見て」と誰かに見せびらかしたくなった。

なんだ、こんな簡単なことで良かったんだ。
私はただ、自分を褒めてあげられる、認めてあげられる自信がなかったのだ。

自分に自信がなくても良い。
手のひらの中にすっぽりとおさまった親友は、そんな不安をものともせず「大丈夫だよ」と先を照らしてくれるのだから。

Z 30の好きなところその1: 使い勝手の良い「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」がキットレンズに付いてくる

「お世話になった力強いパートナーたち」

今回の写真や動画は、ほとんどこのカメラのキットレンズ「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」で撮影している(一部はダブルズームキットレンズのNIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR)。これ1本あれば十分だから、最初から思い切りレンズにお金をかけなくとも、自分の世界をめいっぱい楽しむことができる。私のお気に入りは特に焦点距離50mmの世界。

「ゆっくりと夜に向かっていく町を見つめる贅沢な時間」
撮影機材:Z 30 + NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR 焦点距離:50mm 絞り:F/9.0 SS:1/50秒 ISO感度:500

「雨宿りの途中に出会った、ツヤツヤの宝石」
撮影機材:Z 30 + NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR 焦点距離:50mm 絞り:F/6.3 SS:1/80秒 ISO感度:400

Z 30の好きなところその2: くるりと回転するバリアングル式画像モニターでセルフィーしやすい

「自撮りも動画もトライポッドグリップがあればなんのその」

好きなところ2つ目は、バリアングル式のモニター。くるりと回すと低い位置や高い位置、セルフィーもなんなくチャレンジできる。思いっきり寄りのセルフィーは私自身はあまり撮る機会は多くないけれど、三脚がわりにもなるトライポッドグリップ(別売り)を装着すれば向かうところ敵なし。ひとり旅の撮影もなんなくこなせます。

「便利なリモコン付き。遠隔からぽちぽちできます」
Z 30で撮影した動画から切り出した写真

「トライポッドを使ってのセルフィーはナチュラルで良い」
撮影機材:Z 30 + NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR 焦点距離:50mm 絞り:F/6.3 SS:1/500秒 ISO感度:500

Z 30の好きなところその3: 動画から静止画への変換のしやすさ

「どこまでも歩いていけそうな海と空の出会う場所」
Z 30で撮影した動画から切り出した写真

この記事内にも何枚か入っているけれど、撮影後、動画から静止画を切り出すことができる。私も庭先のセミや少しずつ色が変わっていく黄昏時は、一番いいシーンを静止画で残したかったのであえて動画で撮影してから切り出してみた。絶妙なポーズとか、この瞬間をぜったいに逃したくない! みたいな時に重宝する。

ちなみに今回は使用しなかったけれど、動画を撮影している最中に最大40コマまで静止画を撮影することも可能。

「一日の終わりにはしゃぐ影を追いかけて」
Z 30で撮影した動画から切り出した写真

「一生懸命に網戸をよじ登る儚い生命体」
Z 30で撮影した動画から切り出した写真

好きなところはまだまだあるけれど、長くなってしまいそうなので3つほどで。

新しい世界の扉を開いてくれた、ちいさなカメラとこれからも

「あの日と同じ、月の夜にだけかかる魔法」
撮影機材:Z 30 + NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR 焦点距離:35mm 絞り:F/5.3 SS:1/125秒 ISO感度:1250

この動画を撮っているとき、頭の中にはあれも、これもが溢れて止まらなかった。長年ストックしてきた、やってみたかったさまざまな表現に、やっと挑戦できそうな気がする。

大事なものは手のひらからこぼさずに。手放すのが怖かったものだけをきちんと手放して。
歩いていこうと思います。

古性のち

1989年横浜生まれ。世界中を旅しながら「写真と言葉」を組み合わせた作品を作る写真創作家。BRIGHTLOGG,INC取締役。現在、東京と岡山の二拠点生活中。2021年7月共著『Instagramあたらしい商品写真のレシピ』(玄光社MOOK)を発売。2022年に初の単著を出版予定。

古性のち Twitter
古性のち Instagram
古性のち note

【編集部からお知らせ】小型・軽量のVlogカメラNikon Z 30

動画撮影に最適化したデザインのZ 30は、Z シリーズ最小・最軽量。瞳AF、動物AF搭載で、カメラ任せで顔や瞳にピントが合った動画撮影が可能です。また、ハイアングル、ローアングルなど自由なアングルで容易に撮影できるバリアングル式画像モニターにはタッチパネルを採用。高画質で高感度性能にも優れているので、暗所でもきれいな動画撮影ができ、スマホと同様の簡単操作ながら、スマホでは体験できない映像表現が楽しめます。

Nikon WEB

おすすめ記事

#Z 30に関する記事

#古性のちに関する記事

次の記事