オープンまでに10年を要したルーブルアブダビ。かかった費用が凄い!

GENIC編集部

taramilktea Instagram

どこを見ても美しい
アラブ首長国連邦の
新たな観光スポット

anniesbucketlist Instagram

2017年11月、アブダビ沖にあるサディヤット島にオープンした、ルーブルアブダビ。
ルーブル博物館初の、海外展開です。

建設が決まったのは、実は2007年。
2012年完成を予定していましたが、金融危機によって約5年遅れました。

theblondehills Instagram

設計したのはフランス人建築家、ジャン・ヌベル。
モチーフは「光の雨」。
特徴的な網目状のドームから入り込む光が、とても美しい空間を生み出しています。

東京ドーム約5個分の広さがあり、パリのルーブル美術館からはもちろん、フランスの名だたる美術館から貸与された展示品が飾られ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、モネ、ゴッホなどの名画を見ることも。

taramilktea Instagram

ルーブルアブダビが、「ルーブル」を名乗るために必要な金額は、30年間で約4億ユーロ。
なんと日本円にして、約530億円!
建設費用が高いのは想像がつきやすいけど、これには驚き。

展示物のレンタル費など、他にも莫大な予算がかかっているルーブルアブダビ。
美術品はもちろんだけど、ルーブルアブダビ自身を見に行く価値、間違いなくあり!

世界の美しい建築物

ブルーに染まる世界の美しき建造物たち

私も主役になれる場所「カタルーニャ音楽堂」

世界中のフォトスポットを地図で!

GENIC WORLD MAP

GENIC編集部のコラムで紹介したスポットは、こちらの世界地図からもご確認いただけます。

※ 本記事内のすべての個人写真は、アカウント所有者より許可を得て掲載しております。

前の記事