いつか行きたい、西オーストラリア州の絶景スポット10選

GENIC NEWS

​オーストラリアの西側の1/3を占める西オーストラリア州は雄大な自然の宝庫。
州都パースから少し足をのばせば、心震える素晴らしい絶景の数々に出会えます。
いつか行く旅に思いを馳せて楽しめる、西オーストラリア州の絶景ポイントを写真とともにご紹介します!

西オーストラリア州の絶景10選

1.鮮やかなピンク色の湖「ヒリアー湖」

西オーストラリアには、いくつものピンクレイクが存在します。州都パースから720kmほど南東に位置するエスペランスの沖にあるミドル島のヒリアー湖もそのひとつ。

湖面がピンク色に見えるのは、水中の藻が太陽光の影響を受けるため。天候によってはパープルやシルバーに見えることも。
ミドル島への上陸は許可が必要ですが、エスペランス発のセスナ機で上空から眺めることができます。

2.ターコイズブルーの海と白砂の絶景を誇るビーチ「ラッキーベイ」

南極海に面するエスペランスの周辺には、世界中の海好きの人々が憧れる、青く輝く透明度の高い海と、真っ白なパウダーサンドのビーチが点在しています。その中で特に人気が高いのが、エスペランスから50kmほどにあるラッキーベイ。

浜から沖に向かってグラデーションのように変化する青い海と、歩くたびにキュッキュッと音がする、真っ白な鳴き砂のビーチは感動的な美しさ。
さらに、オーストラリアでも珍しい野生のカンガルーが遊びに来るビーチとしても有名です。
10月から11月には、周辺にワイルドフラワーが咲き、さらなる絶景が楽しめます。

3.まるで異世界!古代の石が織りなす自然のアート「ピナクルズ」

パースから北へ約250kmに位置するナンバン国立公園は、ピナクルズの奇岩群で有名です。
荒涼とした金色の砂漠に、何千もの石柱が林立する、まるで異世界のような不思議な光景が広がります。

太古の昔、海だったこの地に、砕けた貝殻や砂などが堆積して石灰石層を造り、何千年もかけて堆積と侵食を繰り返して形成されたピナクルズ。
ひとつひとつ形状が異なり、風化は今も続いています。最も美しいのは、周囲がオレンジ色に染まる夕暮れ時で、神秘的な風景を造り出します。

4.アウトバックに突如現れる圧巻のビッグウェーブ「ウェーブロック」

パースの東約350kmにある小さな街、ハイデンの郊外に位置するウェーブロックは、長さ約110m高さ約15mという巨大な花崗岩の一枚岩。

まるで押し寄せる巨大な波が一瞬で固まったかのような形は、先史以来、途方もなく長い歳月をかけて侵食され形成されたものです。

5.悠久の時が造り上げたダイナミックな赤い渓谷「カルバリー国立公園」

ピナクルズから北へ約370kmに位置するカルバリー国立公園は、内陸から約600kmを経てインド洋へ注ぐ、マーチソン川の侵食により形成された壮大な渓谷。
赤い地層がむき出しになった峡谷や、ブッシュが生い茂る大地など、ダイナミックな景観が広がります。

岩に縁取られた自然の窓 ネイチャーズウィンドウ(ザ・ループ)から眺めるマーチソン川と、遥かに広がる赤い大地は迫力満点です。7月から11月には、ゴツゴツとした赤い大地に約800種類のワイルドフラワーが咲き、訪れる人々の目を楽しませてくれます。

6.世界遺産に登録される、パヌルル国立公園の壮大な奇岩の連なり「バングルバングル」

ハチの巣のような奇岩が山脈状に連なるバングルバングルは、西オーストラリアの北東部、キンバリー地域に位置するパヌルル国立公園にあリます。世界遺産に登録されるこの奇岩群は、1983年に映像の撮影クルーにより世界に紹介されるまで、先住民族などわずかな人にしか知られていない秘境でした。

オレンジと茶色の縞模様を持つドーム型の砂岩は、約3億5千万年前から堆積・隆起し、2千万年をかけて侵食されてできたといわれています。また、国立公園内にはカテドラル渓谷やピッカニニークリークなど、自然の神秘が体感できる見どころも。
ヘリコプターやセスナ機の遊覧飛行や、地元先住民族のガイドで遺跡をめぐるトレッキング、自然の景観を活かした国立公園内の宿泊施設に滞在など、多彩な方法で壮大な景色が堪能できます。

7.世界遺産の海でジンベイザメやザトウクジラと遊泳!「ニンガルーリーフ」

美しい海に多様な海洋生物が生息する、世界遺産ニンガルーコーストの海域内にニンガルーリーフはあります。沿岸は長さ約260kmにおよび、ターコイズブルーの海には、200種以上の色とりどりのサンゴや、500種以上の魚たちが生息しています。

年間を通じてマンタやウミガメなど海の生物と触れ合うことができ、3月中旬から7月にかけては、世界最大の魚、ジンベイザメが多数やってきて一緒に泳ぐ遊泳体験が人気です。
また、7月からはザトウクジラとともに遊泳するという、世界でも珍しい貴重な体験もできます。

8.世界遺産!ジュゴンやイルカ、多様な海洋生物と出会える海「シャークベイ」

1991年に世界遺産に登録されたシャークベイは、パース北約850km、インド洋に複雑に突き出たペロン半島の中間あたりにあります。点在する島々、深く切り込んだ湾やいくつもの入江をもつこのエリアは、海洋生物の宝庫として知られ、世界最大のジュゴンの生息地です。また、世界最古の生物といわれるストロマトライトを見ることもできます。

<見どころ① モンキーマイア>
野生のイルカを間近で見ることができるモンキーマイアは、シャークベイでも一番の人気。
ここから就航するクルーズで、約1万頭も生息するジュゴンやイルカ、ウミガメなどが泳ぐ姿を見ることができます。
<見どころ② シェルビーチ>
白い浜と真っ青な海が、鮮やかなコントラストを描き出すシェルビーチ。4000年前から小さな白い貝殻が蓄積してできたビーチは、長さ約110km、深さは約10mにも及びます。
<見どころ③ ハメリンプール>
35億年前から生息する世界最古の生物、ストロマトライトが入江に密集する不思議な光景が見られます。一見岩のように見えるストロマトライトは実は藻の一種で、一年に0.3〜0.6mmとゆっくり成長を続けています。

9.赤い大地に横たわる世界最大の一枚岩「マウントオーガスタス」

世界最大の一枚岩、マウントオーガスタスが今の姿になったのは地殻変動などにより9億年以上前に遡ると言われています。岩の長さは約8km、標高715mと、ウルル(エアーズロック)の2倍以上の大きさで、岩というよりもほぼ山のよう。
足に自信のある方は頂上まで往復約12km、約6時間のトレイルコースがおすすめ。

マウントオーガスタスの北側にあるエミューヒル・ルックアウトからは全景を眺めることができ、夕暮れ時に刻々と色を変える岩肌は必見。
7月初旬からは、周辺に、巨大な猫ジャラシのようなピンクのマラマラが一面に咲き、赤い大地を華やかに彩ります。

10.切り立った深い谷に天然のプール、地球の息吹を感じる壮大な風景「カリジニ国立公園」

パースから北東へ約1400km、広大なアウトバックに位置するカリジニ国立公園。地殻変動や侵食など25億年にわたる地球の営みが造り上げた急峻な峡谷や断崖など、圧巻の景色が広がります。崖上に位置するオクサー展望台からは、大地にぱっくりと口を開けた岩肌と、深い谷底の雄大な光景が迫ってきます。

渓谷には水遊びもできる滝や天然のプールがあり、公園内で唯一、年間を通して水が流れるデイルズ渓谷のフォーテスキュー滝では、滝つぼに自然の淡水プールがあります。
深い谷底へ降りていくことから「地球の中心への旅」と呼ばれるハンコック渓谷では、狭い洞窟の先に幻想的なカーミッツプールが出現し、まるで別世界のような美しい光景が楽しめます。

西オーストラリア州政府観光局の公式SNSアカウント(@nonbiriperth )では、日本にいながら西オーストラリア州の魅力を身近に感じられる情報を発信しているので、CHECKしてみてください。

ニュースの出典元:西オーストラリア州政府観光局

おすすめ記事

砂漠に立つ無数の奇岩群「ピナクルズ」で自然のパワーを感じて!

政府観光局が取り組むおうちで楽しむ世界旅行

前の記事