広大な高原とお花畑に恋する女子旅へ!西日本最大級の花畑がある大分「くじゅう花公園」

daisuke_clover

九州・熊本県と大分県にまたがる広大な「阿蘇国立公園」の一角にある久住高原(くじゅうこうげん)は、年1回の野焼きによって保たれた美しい自然と四季折々の大パノラマが楽しめる観光スポット。
ここを訪れたら、ぜひ立ち寄ってほしいのが「くじゅう花公園」。西日本最大級の500種類500万本の四季折々の花を満喫できます。
阿蘇の自然を背景に、夢のようなお花畑が広がる様は、カメラ好きの女子はもちろん、乙女心をくすぐる絶景です。

  • 作成日:

ADVERTISING

メルヘンチックな季節の花を愛でることができるスポット

<春:4月下旬~5月下旬>カラフルなお花のパッチワークを愛でる

princess.nao
yoshi19860227
princess.nao

くじゅう花公園といえば、「春彩の畑(しゅんさいのはたけ)」。
ネモフィラ、シレネ、ディモルフォセカ、ナデシコ、ギリアなど、8種類の春の花を植え付けしているお花畑です。
まるで絵本の世界から飛び出してきたかのような絶景は、4月下旬から5月下旬が見ごろ。

<春:4月下旬~5月下旬>雄大な自然とともに青い絨毯を愛でる

daisuke_clover

“一生に一度は見たい景色”や、“青の絶景”でまず思い浮かべるのは、どこまでも広がるネモフィラの花畑。
くじゅう花公園では、「春彩の畑」と同時期に、別の丘一面に広がるネモフィラの花畑を楽しむことができます。
2021年は、7万株のネモフィラが植えられ、くじゅう花公園史上最大面積となります。

<春:5月初旬~6月上旬>乙女チックなピンクの風景を愛でる

m_yamaguchi_

太陽を浴びるとキラキラと輝き、まるで宝石のような「リビングストンデージー」。
同じ時期には、ネモフィラやポピーも満開になります。
くじゅう花公園は、咲き誇るお花の種類が一番多い春がベストシーズンです。

<秋>紅葉の季節に美しい花を愛でる

chengwufushi

秋は100万本のコスモスをはじめ、色鮮やかなサルビアなどが楽しめます。
カメラ好きには、マリーゴールドや千日紅(センニチコウ)が人気です。
くじゅう花公園は、平地より高い場所にあるので、防寒対策はしっかりと。

chie.415

一面に広がるマリーゴールドは圧巻。
秋は日が傾き、影が長くなってきます。影が入ると撮影がむずかしくなるので、撮影目的なら早めに訪れて。

もっとずっとお花畑と自然を満喫したいなら、くじゅう花公園内にあるキャンピングリゾート「花と星」でグランピングもおすすめ。星空と花畑の幻想的な写真を撮るチャンスです。
また、季節の花がベストシーズンを迎える頃に、星空撮影会もおこなっているので、公式WEBをチェックしてみてください。

くじゅう花公園/大分県<日本>

出典: daisuke_clover

大分県竹田市久住町大字久住4050
<営業時間>
8:30~17:30(最終受付 17:00)
※気象状況により変更の可能性あり。
<入園料金>
大人(高校生以上) 1,300円
小人(5歳以上) 500円
<休園日> シーズン中は無休
※冬期休園あり (12月1日~2月末)
<行き方・アクセス>
車:九重ICから、やまなみハイウェイ、瀬の本経由で約1時間。
バス・タクシー:JR豊肥本線 豊後竹田駅から大野竹田バス(久住経由直入支所行き)で「久住支所前」下車。タクシーで約10分。
<駐車場> 300台
<駐車料金> 無料

くじゅう花公園 公式WEB

おすすめ記事

#国内旅行に関する記事

GENICがおすすめする人気の国内旅行。女子旅、カップル旅、ひとり旅の計画などに役立つ情報が満載です。日本全国の観光スポットやカフェ、ホテルについても随時更新中です。

世界中のフォトスポットを地図で!

GENIC WORLD MAP

GENIC編集部のコラムで紹介したスポットは、こちらの世界地図からもご確認いただけます。

※ 本記事内のInstagramの写真は、アカウント所有者より許可を得て掲載しております。

次の記事