【撮欲も満たす“おひとりさま旅”スタイル #8】中嶋といろ

旅好きならば一度は試してみたい“ひとり旅”。国内から海外まで、自由気ままに旅をするソロトラベルのエキスパートに聞いた「ひとり旅スタイル」はワクワクするストーリーが満載です。
ひとり旅をしたくてもあと一歩が踏み出せないでいた、あなたの背中をトンッと押してくれること間違いなし。みなさんが実践している撮影ワザも必見です。
#8では、ソロトラベラー・ライターの中嶋といろさんのひとり旅スタイルを紹介します。

  • 作成日:

中嶋といろ

ソロトラベラー、ライター/ 1990年生まれ、神奈川県出身。Instagramには全て自撮り、全てひとり旅の写真を毎日アップ! ブログ(https://withbe.net)では、旅のスケジュールや費用、写真の撮り方などもシェア。
愛用カメラ:OLYMPUS PEN E-PL10/GoPro HERO8 Black/HUAWEI P30

ひとり旅について3つの質問

Q.ひとり旅の必需品は?

暑い国に行くときは帽子とストール、歩きやすくて洗うこともできるラバーシューズ。

Q.ひとり旅の荷物は?

スーツケース派。

Q.ひとり旅の撮影ワザは?

自分を写すときはGoPro HERO7Blackを専用の三脚につけて、スマホとアプリを連動させて確認しながら撮影します。GoProは、動画で撮影した中の1コマを写真にできるので、歩いているところを動画撮影して、あとから良い場面を切り取って写真にしています。

会社員として働きながら、週末は国内ひとりお散歩旅へ

「私の旅は行きたいところを地図に印していくところから始まります。イラストが素敵な、愛媛県の道後村の地図の前で」。

「歩くのが大好きなので、一人のときは存分にお散歩をして景色や地元の雰囲気、街の香りを楽しみます」という中嶋さんのお気に入りスポットはお城。「お城は、その街や土地が一番よく眺められる高い場所に立っている場合が多く、景色が抜群。歴史が好きなので、どんな人がどんな暮らしをしていたのかを垣間見ることができるのもたまりません」。

「ここは高知城。どこのお城にのぼっても思うのは天守閣からの眺めって最高!ってこと」。

「私にとってひとり旅は、自分がどんな場所や物に惹かれ、どんな感情になるのかなど、普段なんとなく見ないふりをしている自分の感情や感覚と向き合う時間。そんな時間を通して"私ちょっと成長してるかも"と少し誇らしく思えるのも、私がひとり旅を続ける理由です」。

中嶋といろ Instagram

GENIC VOL.57 【撮欲も満たす ”おひとりさま旅”スタイル 】
Edit:Izumi Hashimoto

GENIC VOL.57

テーマは「100人の旅という表現」。
表現者たちのオンリーワンな旅スタイルや、撮欲も満たすひとり旅、旅するように暮らす多拠点生活など、様々な旅する人とその想いに迫ります。

Amazonへ

おすすめ記事

【撮欲も満たす”おひとりさま旅”スタイル #7】エリカ

GENIC 2021年1月号 100人の出演者リスト

前の記事