【あの人が撮り下ろす!巷でウワサのお取り寄せ #1】オリン

SNSを中心に活躍する8名のクリエイターに、話題のお取り寄せフードの撮影を依頼!撮り下ろしの際に彼女たちが考えたストーリーとは?この写真から表現したかったこととは?
元々可愛いビジュアルの商品たちが、より輝きを増すスタイリングや構図に注目です。
#1は、エモいを切り取るカメラマン、オリンさんが撮り下ろす「代官山キャンディーアップルのりんご飴」です。

  • 作成日:
  • 更新日:

ADVERTISING

オリン

フリーランスカメラマン 思い出撮影、 企業のPR撮影、アーティストの撮影をしながら“出張フリーランスカメラマン”として活動。noteでもカメラや写真について発信中。
愛用カメラ:FUJIFILM X100V

オリン×りんご飴

りんご飴専門店 代官山キャンディーアップル 王道プレミアムプレーン

トキメキを忘れないりんご飴

「私たちの日常には必ず“トキメキ”という気持ちが存在していると信じています。このりんご飴にはその“トキメキ”を忘れさせない可愛さがあると感じました。りんご飴を通して“トキメキ”と“彩り”が寄り添っているということを表現しました」。

スタイリングのこだわりは?

「見た人が驚くような遊び心を大切に、ユーモアやストーリー性のある小物で演出。 色が合っているか?プロップが多すぎないか?配置のバランスで主役を邪魔していないか?を意識してスタイリングしました」。

構図のポイントは?

「この写真は、立体感を表現するため正面に近い斜め上からのアングルで。影も一緒に写したくて、左寄りに撮影したのがポイント。窓から入る柔らかい自然光で撮影することで、いつもの生活との親近感を演出しました」。

撮影時に意識したことは??

「りんご飴は、光に透かしてみると赤色の強い印象が一変し、透明に輝くガラスのようにキラキラしていたので、そこをきっちり写真に閉じ込めたいと思い、日当たりのいい部屋で自然光で撮影しました」。

ごちそうさまでした!

「透明の袋にラッピングされた状態で、冷凍で届いた冷たいりんご飴。お祭りで買うりんご飴みたいでワクワク。甘みがギュッと凝縮されていてとてもおいしかったです!」

オリン Instagram
オリン Twitter
オリン note

りんご飴専門店 代官山キャンディーアップル

日本中のりんごの中から厳選したりんごに細かい工程で作られた飴をコーティングした、本格りんご飴の専門店。
Item▶︎青森県産 最高級サンふじりんご 飴Bセット(王道プレミアムプレーン4個入り)2,592円

代官山キャンディーアップル Instagram
代官山キャンディーアップル HP

GENIC VOL.58 【巷でウワサのお取り寄せ】
Edit:Izumi Hashimoto

GENIC VOL.58

テーマは「おいしい写真」。
口福を感じる料理やスイーツとの出会い、オリジナリティ溢れるフードの創作、こんなシーンには二度とお目にかかれないかもと思った瞬間。様々な表現者たちが繰り広げる “おいしい” の世界を召し上がれ。

Amazonへ

おすすめ記事

【GENIC 2021年4月号】テーマは「おいしい写真」

次の記事