螺旋階段と幻想的な絵画を求めて巨匠の邸宅へ!「ギュスターブ・モロー美術館」

vi66nya

フランス・パリにあるたくさんの美術館の中でも画家のアトリエにお呼ばれしたような気分で絵画を鑑賞できる、螺旋階段の美しい邸宅美術館「ギュスターブ・モロー美術館」を紹介します。

  • 作成日:
  • 更新日:

ADVERTISING

travel_like_an_alien

「私の家を遺贈します。ラ・ロシュフコート通り14番地にある私の家と、段ボールに入った絵画、デッサン、50年分の作品、この家の中にある全てのものを国に遺贈します」
そんな遺書を書いたのは、19世紀のフランスの象徴主義を代表する画家、ギュスターヴ・モロー。
巨匠が終生過ごした邸宅は、この遺言により「ギュスターヴ・モロー美術館」として1903年に国立美術館として公開されました。

fabmusediana

ギュスターヴ・モローの自宅兼アトリエだった邸宅は、美術館としては決して広くはありませんが、14000点以上という膨大なコレクションを所蔵しています。
館内の展示室には、オレンジ色の壁を埋め尽くすほどの絵画が飾られていて圧巻。
また、何千点ものドローイングを本のように見開きで展示するといった場所を取らない工夫がしてあり、かなり濃密な美術鑑賞を楽しむことができます。

thegingerwanderlust

絵画はもちろんですが、ギュスターヴ・モローがアトリエとして使用していた3~4階にある螺旋階段も必見です。
モロー自ら増設したと伝えられている階段は、あまりにも美しく、これ目的で訪れる人がいるほど。
フラッシュや三脚はNGですが、撮影はOKです。

パリには、ピカソ美術館やロダン美術館など他にも芸術家の邸宅を改築した美術館が数多くあります。
邸宅美術館の良さは、アートに詳しくなくても、お宅訪問している感覚で芸術を楽しめること。かつて、名作が誕生した空間を訪れれば、素敵なインスピレーションを得ることができるかも。
そんな邸宅美術館の中で、最も神秘的な世界に浸れるのが、ギュスターブ・モロー美術館なのです。

ギュスターブ・モロー美術館(Musée national Gustave-Moreau)/パリ<フランス>

出典: vi66nya

14 Rue de la Rochefoucauld, 75009 Paris, フランス
月、水~日 10:00~18:00
定休日:火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
入場料:€7
※毎月第1日曜日は無料
※ParisMuseumPassを持っている場合は無料

ギュスターブ・モロー美術館 公式WEB

おすすめ記事

Photo:anniesbucketlist

#世界の美術館に関する記事

パリやアブダビにあるルーブル美術館、世界でもっとも美しいと言われるアムステルダム国立美術館、フォトスポットとしても人気の国立新美術館など、国内外にある世界の美術館を紹介します。

Photo:cherrielynn

豪華絢爛!鑑賞まで楽しみたいパリのオペラ座

Photo:irinahp

巨匠たちが愛したパリの店がカッコイイ

世界中のフォトスポットを地図で!

GENIC WORLD MAP

GENIC編集部のコラムで紹介したスポットは、こちらの世界地図からもご確認いただけます。

※ 本記事内のすべての個人写真は、アカウント所有者より許可を得て掲載しております。

次の記事