ドバイで注目のNEWオープン&イベントをご紹介♡2020年のTravel listに追加してみて!

旅先として注目が高まっている都市「ドバイ」。
ブルジュ ハリファやドバイ ミラクルガーデンなどに続いて、新たな人気観光スポットになりそうなスポット&イベント情報をご紹介します。
ドバイに興味のある人はもちろん、NEXTスポットを探している人は、要CHECK!

  • 作成日:

ADVERTISING

行ってみたい!これからオープンする最新施設情報【2020年度版】

エイン ドバイ

人工島「ブルーウォーターズアイランド」内に建設中で、完成すると世界一大きな観覧車となる「エイン ドバイ」。
高さ250メートルの巨大観覧車から見える美しい海岸沿いの風景から、バージュ アル アラブ、パームジュメイラ、そしてバージュ カリファといったドバイを象徴する建物の数々を眺めることができます。
新たなドバイの絶景スポットとなること間違いなし!
<2020年完成予定>

ミュージアム オブ ザ フューチャー

3Dプリンターでオフィスを作るなどの試みで知られるドバイ フューチャー ファンデーションによって設立された「ミュージアム オブ ザ フューチャー」は、未来のテクノロジーを感じられる新しいコンセプトの体験型博物館。
ドーナツ型のユニークな建物は、新たなフォトスポットになる予感!?
<2020年オープン予定>

ドバイ クリーク ハーバー

ドバイのダウンタウンからも、ドバイ国際空港からも車で約10分という便利なロケーションに位置する「ドバイ クリーク ハーバー」。
ウォーターフロントエコリゾートやマリーナ、ヨットクラブといった複数の用途に向けて開発中。
港の中心となる「ドバイスクエア」では、ショッピングや食事はもちろん、世界規模のレジャーアトラクションが楽しめるみたい。
港の中心には、現在“世界一高いビル”としてギネス記録を持つ「バージュ カリファ」の記録を塗り替えるといわれる新たな観光スポット「ドバイ・クリーク・タワー」が建設中です。
<2020年オープン予定>

ドバイに行くなら必ずステイしてほしい最新ホテルをご紹介!【2020年度版】

ロイヤル アトランティス レジデンス&リゾート

新たに開業する予定の「ロイヤル アトランティス レジデンス&リゾート」。世界中にラグジュアリーなリゾートを展開する、アトランティス リゾート系列なので期待大!
海沿いに位置する、斬新で美しいデザインのホテルの宿泊は、2020年という節目の1年を忘れられないものにしてくれるはず♡
滞在中は、館内に新たにオープン予定の世界各国からの選りすぐりのシェフや、ミシュラン星付きシェフのレストランにて多国籍な料理の数々が楽しめます。
<2020年開業予定>

ローブ ラ メール リゾート

アラビア湾や美しいドバイの街並みを堪能できる「ローブ ラ メール リゾート」は、人気ビーチフロント地区の「ラ・メール」に位置しています。
366の客室を備え、リーズナブルな価格、近代的でトレンドをしっかり押さえているホテルを探している人にぴったり♡
<2020年下期開業予定>

ドバイで参加必須のイベントは?【2020年度版】

ドバイ フード フェスティバル(DFF)

「ドバイ・フード・フェスティバル」は、中東で唯一の街をあげての食の祭典。
ドバイの美食を余すところなく紹介すべく、毎年恒例で開催しています。
200以上の国籍の人々が住むドバイで、多国籍な美食の数々を堪能してみて!
<開催期間:2020年2月~3月(詳細未定)>

ドバイ・ショッピング・フェスティバル(DSF)

「ドバイ・ショッピング・フェスティバル」は、毎年恒例のショッピングの祭典で、花火やコンサート、くじ引きなども行われます。
2019年の開催では、今まで以上の割引率でショッピングが楽しめたり、ポップアップでのファッションショーや車や現金といった豪華賞品が当たる抽選会が行われ、大盛況でした。
2020年の目玉企画にも期待大!
<開催期間:2019年12月26日(木)~2020年2月1日(土)>

ドバイ・ワールドカップ2020

ドバイで開催される世界最高峰の競馬イベントとして世界でトップクラスの馬が集い、最高賞金を狙って熱い戦いを繰り広げる「ドバイ・ワールドカップ2020」が来年も帰ってきます!
ドバイの街全体が盛り上がる年に一度の競馬の祭典は見逃せません。
<開催期間:2020年3月28日(土)>

払い戻しサービスで、ショッピングをお得に楽しもう!

ドバイでは2018年11月18日より海外からの来訪者18歳以上を対象に、VAT(付加価値税)払い戻しサービスもスタートしてます!
観光はもちろん、お得にショッピングも楽しめるドバイを、次のTravel listにいれてみては?

ニュースの出典元:ドバイ政府観光・商務局

次の記事