【私が創り出すときめきの世界 #7】Maria Olkhovikさんのモノクロアートの世界

「好き」という気持ちは、頑張る原動力になる。
「好き」がどんどん膨れ上がると、自分だけの特別が欲しくなる。
「自分だけの特別」を創り上げ、世に放つことで「好き」を伝道させているアーティストたちをクローズアップ。
#7では、ロシア出身のイラストレーター Maria Olkhovikさんの一途な思い、そして溢れ出る情熱に迫ります。

  • 作成日:
  • 更新日:

Maria Olkhovik

イラストレーター 1988年生まれ、ロシア出身。。言語学の学士号と国際関係学の修士号を取得している才女ながら、アートスクールに通いイラストの基礎を習得。
Instagramでの発信をきっかけに、昨年より本格的にイラストレーターとして活動中。

「スケッチブックアート」

「”怠けもののスケッチ”(笑)。お気に入りの一枚です」。

“第一印象をその場で残せるスケッチブックは、外出時の相棒”

モスクワで、イラストレーターとして活動しているマリア。モノトーンでスタイリッシュなイラストを、お気に入りのモレスキン社製のスケッチブックごと撮影しているのが印象的。
「最小限の素材で最大限の表現ができる、シンプルなモノクロアートが好き。スケッチブックがあれば風景など、いいなと思った第一印象をその場ですぐに思い出として残せるから、外出時にはいつも持ち歩いています。旅行の際はその場で描いて同じ建物の前で撮影したりするけど、自宅やホテルでインテリアなどを描いてテーブルの上で撮影することも多いです。見る人に自由に解釈してもらいたいから、撮影時の背景はシンプルというのが私のルール。今後はクレヨンやパステルなど、カラーを使った作品も増やしていきたいと思っています」。

「ロンドンで見つけたキュートなカフェ」。

「アルネ・ヤコブセンのエッグチェアと、コペンハーゲンのホテルのバスルーム。簡潔さと実用性を備えた北欧デザインって、つくづく素敵!」。

Q. どんなものを描くのが好き?

気分や季節で変化
「普段の生活では、旅行の写真やインテリアなどを描くことが多いけど、気分や季節しだいで変化します。たとえばコロナの自粛期間中は自宅にある静物を描くことが多かったけど、そのあとは夏の日差しを浴びに行った海辺のバカンスでの風景を描いています。人物も描くけど、人物を構図の中心にするのではなく、風景の一部として描くのが好き」。

「香港はたくさんのインスピレーションが舞い降りる、大好きな街。通常なら毎年1回は訪れます。特にここは、お気に入りの場所」。

Q . お気に入りの画材は?

モレスキンのスケッチブック
「イタリアのモレスキンのスケッチブックは、紙の色やクオリティがパーフェクト!ペンはサクラクレパスのピグマ、三菱鉛筆のポスカ、ドイツのファーバーカステルがお気に入り。地元のアートショップで購入しています」。

「愛犬、フランキーのポートレート。彼のバースデー記念に描いたもので、つやつやの毛並みがチャームポイント♡」。

Q . イラストはどのように学びましたか?

アートスクールとYouTube
「4年間アートスクールで基礎を学びました。デジタルアートについて特定のことを学びたい場合は、YouTubeやオンラインのアート講座を利用します。イラストレーターとして活動するようになったのは、Instagramを通じてアート業界の人々と出会ったことがきっかけ。最初の仕事は、パッケージのイラスト作成でした」。

「NYトリップでは、That’s NY!なストリート&ビルをキャッチ」。

Maria Olkhovik Instagram

GENIC VOL.56 【私が創り出す、ときめきの世界】
Edit:Satoko Takeda

GENIC VOL.56

「“好き"を撮る」をテーマに、 好きなものを愛でるように撮って表現する人たちにフォーカス!

Amazonへ

おすすめ記事

【私が創り出すときめきの世界 #3】ipnotさんの緻密すぎる手法と斬新な着眼点に脱帽!

写真の一部をイラストに!「Grime Art」のやり方講座

旅ガールの新しいTO DO「#ペインティング女子」

前の記事