【撮欲も満たす“おひとりさま旅”スタイル #12】Mari

旅好きならば一度は試してみたい“ひとり旅”。国内から海外まで、自由気ままに旅をするソロトラベルのエキスパートに聞いた「ひとり旅スタイル」はワクワクするストーリーが満載です。
ひとり旅をしたくてもあと一歩が踏み出せないでいた、あなたの背中をトンッと押してくれること間違いなし。みなさんが実践している撮影ワザも必見です。
#12では、ハワイひとり旅歴20年のMariさんのひとり旅スタイルを紹介します。

  • 作成日:
  • 更新日:

ADVERTISING

Mari

京都出身。ハワイひとり旅歴20年。シャンパンを嗜みながら大人のおひとりハワイを過ごすのが至福の時。
愛用カメラ:iPhone 11pro

ひとり旅について3つの質問

Q.ひとり旅の必需品は?

インスタをはじめてからはiPhone 11proが必需品。

Q.ひとり旅の荷物は?

スーツケース派。

Q.ひとり旅の撮影ワザは?

レストランではひとり旅の優雅さを感じられるように、誰もいない向かいの席をあえて入れてみることも。
自分を入れて撮ってもらう場合は、お店やホテルのスタッフの方などに「歩いている後ろ姿を撮って欲しいので、縦向きでこの場所から何枚かシャッターを切ってほしい」など要望を伝えます。

気ままにマイペースにストレスフリーなハワイひとり旅

「シェラトン ワイキキの1階にあるバー、RUMFIREでは、景色の良いテラスシートで熱々のフレンチフライとシャンパンをいただきます」。

Mariさんが小さなころから、何度も訪れてきたというハワイ。
自分の好きなときに気ままに行ってみたいと思い、ハワイひとり旅にトライしたそう。

「大好きなホテル、シェラトン ワイキキのオーシャンフロントルームをチョイス。起きたらすぐラナイから海を撮影するのが滞在中の日課」。

「ひとり旅の良さは、気ままでマイペースでストレスフリーなところ。好きなホテルをチョイスして、好きなだけプールで過ごし、お気に入りのカフェで朝食やブランチをいただく。好きなときにシャワーをしてお気に入りのレストランでディナー。撮影も納得いくまで時間を費やせます。日本語も通じやすいハワイなら、初めての人でも安心なノープラン旅が楽しめます」。

Mari Instagram

GENIC VOL.57 【撮欲も満たす ”おひとりさま旅”スタイル 】
Edit:Izumi Hashimoto

GENIC VOL.57

テーマは「100人の旅という表現」。
表現者たちのオンリーワンな旅スタイルや、撮欲も満たすひとり旅、旅するように暮らす多拠点生活など、様々な旅する人とその想いに迫ります。

Amazonへ

おすすめ記事

【撮欲も満たす“おひとりさま旅”スタイル #11】オア明奈

【撮欲も満たす“おひとりさま旅”スタイル #10】Natsuki

GENIC 2021年1月号 100人の出演者リスト

次の記事