“食べるバター”って何?季節をポップに感じる旬の味♡秋冬の新作バターが気になる!

GENIC NEWS

食のコスメティックブランド「CANOBLE(カノーブル)」から、2019-20年秋冬コレクション第一弾として秋冬の新味がオンラインショップとポップアップストアに登場!

季節をポップに感じる、秋冬の新作バターが登場

季節をバターで表現する2019-20年秋冬コレクション第一弾は、「ゆず」「りんご」「みかん」をフィーチャーしたブールアロマティゼ「土佐YUZUドゥーブルショコラ」「高知ゆずバター」「ベイクドアップル・チャイティー・ラテ」「ショコラオランジェ・グランマニエ」。
それぞれの食材や季節感を表現したバターです。

土佐YUZUドゥーブルショコラ

フレッシュバターに高知産の柚子皮をすり潰して丸ごと11%も練り込み、めずらしい柚子果汁のチョコレートとホワイトクーベルチュールチョコを合わせた、柚子皮の香りや苦味とバターのミルク感にカカオのクリーミーな甘さで、日本を代表する柑橘ビターフレーバーの「YUZU」を表現。

高知ゆずバター

フレッシュバターに高知産の柚子を果汁や皮まで丸ごと22%も練り込み、徳島産の和三盆糖でコクをのある甘味をプラスしたブール・アロマティゼ。
清涼感のある柚子皮の香りと果汁のキレのある酸味に、柚子の個性でもある独特の苦味、それらの素材をまとめあげるのが和三盆糖のコクのある深い風味と甘味。すべてが自然素材で作られた和バターの新しい提案。

ベイクドアップル・チャイティー・ラテ

バターとともに長時間じっくり焼き上げた「焼きリンゴ」と、スパイスの複雑な香りの効いたチャイティーを合わせてフレッシュミルクで仕立てた、寒い時期におすすめのフレーバーバター。
「焼きリンゴ」は、蜜の入らない時期や品種を選んで調達し、低温で3時間スパイスやお砂糖と一緒にじっくりと焼き込むため、りんご本来の野性味を味わえます。

ショコラオランジェ・グランマニエ

オレンジ果汁を練り込んだフレッシュバターに、刻んだクーベルチュールチョコレートを合わせて、グランマニエで高貴な風味をまとわせたノーブルなブールアロマティゼ。
グランマニエはコニャックにビターオレンジの蒸留エキス分を加えてオーク樽で熟成させたフランスのオレンジ・リキュールで、チョコレートやミルクとの相性が抜群。

商品情報

商品シリーズ名:
LE BEURRE AROMATISÉ(ブールアロマティゼ)

2019-20年秋冬コレクション第一弾商品名:
土佐YUZUドゥーブルショコラ
高知ゆずバター
ベイクドアップル・チャイティー・ラテ
ショコラオランジェ・グランマニエ

発売日:2019年9月25日
ポップアップ初お披露目は10月16日からの伊勢丹新宿店B1F

価格: 1,240円(税抜)

ニュースの出典元:ナショナルデパート株式会社

Recommend

関連するタグ