ローカルフードを味わい尽くす!オランダのデリシャス旅♡ -前編-

GENIC編集部

風車や花畑が有名なオランダは、世界的に知られたチーズの産地でもあり、「食」をテーマにした旅をするのにもオススメの場所!
今回は、ファッショントラベラーのYUUKIが、オランダ第二の都市、ロッテルダムや郊外の街へ繰り出して経験してきた、「オランダの食の全方位」を、前後編に分けてお届けします♡

オランダ1日目

14:00 ブリュッセルを発ち→KLMでオランダへ

16:15 チーズ農家Booij Kaasmakersで工場見学

私にとって初めてのチーズ工場見学!

View this post on Instagram

. Oh My Cheese🧀🧀🧀 . 初めてのチーズ工場見学🏭 好きな食べ物ランキングに入るチーズなのでヨダレ垂らしながら 回りました🤤 ここのチーズがとにかく美味しくて片っ端から試食させて貰い、 お気に入りを買って帰ってきたから食べるの楽しみ。 . 念願の壁チーズとも「ハイ!チーズ🧀」出来たし、 とにかくチーズがずらーっと並ぶ姿には圧巻! このチーズ1つ12kgもあったよ! . そして見学させて頂いた @booijkaasmakers 🏡 両親のチーズ工場を引き継いだ娘さんが旦那さんと経営しているのだけど、彼女は本当にチーズ作りが大好きだそうでこの家に生まれた事がハッピー過ぎると言っていた。 チーズ工場を継ぐ為に今後必要である新しい考えや経営面を大学で学びに行ったんだって。 とってもハッピーに仕事をしていてこちらもハッピーな気分にさせて貰った。 Thank you @booijkaasmakers 💛 . ここのチーズはロッテルダムの @fenixfood でも買えるよ♡ . . #オランダ大好き #netherlands_stock #booijkaasmakers #lifestockfilm

A post shared by Y U U K I ᑍ Fashion & Travel (@lifestock_yuuki) on

念願の壁一面のチーズとのご対面は感動でした(笑)。チーズがずらーっと並ぶ姿はとにかく圧巻!
このチーズは1つ12kgもあるんです。

両親のチーズ工場を引き継いだ娘さんが旦那さんと経営しています。彼女は本当にチーズ作りが大好きだそうで、この家に生まれたことをとてもハッピーと言っていました。
チーズ工場を継ぐために、必要な新知識や経営について大学に学びに行ったそうです。
ここオランダでも、次世代の若者たちの力を見せてもらいました。
とってもハッピーに仕事をしている様子を見ていると、私までハッピーな気分に。

ここのチーズがとにかく美味しくて、片っ端から試食させてもらい、お気に入りを買って帰りました。

18:00 ホテル Villa Augustusにチェックイン

オランダに移動して最初のホテルは『Villa Augustus』。
古い工場をリノベーションしたホテルで、プロジェクトを手掛けたのは、起業家2人とグラフィックデザイナーの1人という珍しい組み合わせ。ロッテルダムにある『Hotel New York』も手掛けていて、注目を集めているそうです。

一歩足を踏み入れると中はまるでおもちゃ箱みたい!古い佇まいからは想像できない内装でした。あちらこちらが可愛いディスプレイで埋め尽くされていて、どこに何があるんだろうと中を探検したくなります。

お部屋は敷地内の至る所にあって、私が泊まったボートハウスと呼ばれる湖に浮かぶお部屋の他にも塔の上のお部屋などが。
ボートハウスは湖に浮かんでいるもんだから、夜中に近くをボートが通った時は地震かと思いました。笑

部屋に置いてある雑誌はホテルのオリジナル。とっても凝ったグラフィックがいっぱいで、販売もされていたのでお土産や旅の思い出に購入!

19:00 Augustusでディナー

ディナーはホテルに併設されているレストラン『Augustus』でいただきました。

宿泊客以外のお客さんも多く、遅くまで明るいこの季節はテラス席が満員になるほど賑わっていました。

Augustusでは、どのお料理にも敷地内のファームで採れた野菜がふんだんに使われています。ちょうどシーズンだったホワイトアスパラガスがプリッとしていて、とても美味しかったです。

オランダ2日目

9:00 農園 De Buytenhofを訪問

お父さんの農場を引き継いだ息子さんが果樹園をメインに生まれ変わらせた『De Buytenhof』は、ロッテルダムから1時間くらいの場所にあります。

View this post on Instagram

. 後半はオランダへ🇳🇱 初めてのロッテルダム郊外の街をいくつか訪問しました。 . 📍 De Buytenhof 息子さんがお父さんの農場を引き継いで果樹園メインで生まれ変わらせたんだって。 . 農園を見学させてもらいながらイチゴ狩りもしたんだけど、オランダの野イチゴは酸っぱかった🍓🍓 . 息子さんはケアファームとしても活動されてて、新しい世代が新しい時代に沿って楽しく働いている。 一概には言えないけど、日本で沢山ある後継ぎ問題とは真逆で素晴らしいなと思った。 . . #netherlands_stock #オランダ大好き

A post shared by Y U U K I ᑍ Fashion & Travel (@lifestock_yuuki) on

農園を見学させてもらいながら、イチゴ狩りなども楽しめました。オランダのイチゴは酸味が強かったです。

息子さんは農業と福祉を連携するケアファームとしても農園を活動させています。新しい世代が新しい時代に向けて、楽しく働いている姿が素敵でした。
こちらの農園で栽培したりんごを使ったアップルジュースは、濃厚でとても美味しかったです。

10:30 郊外からスキーダムへ

ジンの元となったアルコール「ジュネヴァ」の発祥の地スキーダム。
ここには、国立ジュネヴァ・ミュージアムがあります。

「ジュネヴァ」は、オランダ、ベルギー、フランス、ドイツの一部で作られたものしかその名で呼べない、という希少性の高い蒸留酒。ジュネヴァ用の穀物をひくために風車が使われていたんだとか。

スタンダードなジュネヴァは、喉にカッとくる強さ。
様々なスパイスをブレンドしたものがあり、レモングラスがブレンドされた「BOBBY’S」にチャレンジ。
香りがあり、すっきりとした味わいでジンをあまり飲まない人にも飲みやすい味わいでした。

11:00 風車を見学

オランダと言えば思い浮かべる風車ですが、スキーダムには7基の風車が現存しています。
33メートルの高さを持ち、世界最大の風車なんだそう。

そのうちの1つ、「クジラ」と呼ばれる風車は中がミュージアムになっており、風車にも上ることができます。
風車の羽はそばに寄ってみると、意外と回転速度がはやく吸い込まれそう!

12:45 ロッテルダムへ

13:30 ルーフレストランOp Het Dakでランチ

ロッテルダム中央駅の目の前にあるビルのルーフトップにあるレストラン。
ルーフトップには菜園があり、そこで育てられた野菜やハーブを使用したお料理がいただけます。

郊外には、お庭で作られた野菜を使うレストランはよくありますが、都市のど真ん中でその発想ができるオランダの人、とっても凄いですよね。
店内はコンパクトで、こだわりのある内装がとってもキュート。
ビーツのガスパチョや、ソイミートのグリルなど、ベジメニューが豊富です。

17:00 水上タクシーで中心部へ

水上タクシーで中心部にある、再開発エリアへ向かいます。

17:30 Fenix Food Factoryでクラフトビール&ストロープワッフルを

ロッテルダムの埠頭エリアにあるフードコート『Fenix Food Factory』。
元々は倉庫として使われていた建物がリノベーションされて誕生しました。
この地域は再開発が進み、おしゃれエリアへと変貌を遂げている注目スポットです。

フードコートには、カフェ、ベーカリー、レストラン、チーズ屋さん、ブックショップ、バー、ブリューワリー、ストロープワッフル専門店など12軒があり、どのお店も地元の新鮮な食材を使用しているそうです。
Booijのチーズもこちらで買えるので、郊外まで行く余裕がない人にもオススメ。

オランダの名物お菓子のストロープワッフルのお店『STROOP WAFFLE ROTTERDAM』。
甘いものが多いストロープワッフルですが、このお店にはテイストがたくさんあります。レモン味などさっぱりいただけたる物もあるので、甘いものが苦手な人でも◎

18:30 Room Mate Brunoへチェックイン

ロッテルダムで泊まったホテルもインテリアのこだわりがいっぱいでした。『Room Mate Bruno』は、星座がテーマに使われていてとってもキュート♡
色使いがカラフルなのに落ち着いていて、ちゃんと大人向けの雰囲気に仕上がっているのはさすがヨーロッパのホテルです。

ここのホテルにはフードコートが併設されていて、夜はおおぜいのお客さんで賑わっていました。

この木製のテラスへはフードコートから行けるので、宿泊客じゃなくてもOK。

19:00 Matroos&Het Meisjeでディナー

ブルーを基調とした内装がキュートなレストラン。
夏場だったので、前の広場にテーブルが出されていて雰囲気最高!
ヨーロッパのレストランは店員さんに制服がないところが多く、皆それぞれのスタイルの服装で働いていてとっても可愛いのです。

コースのお皿もブルーで統一されていて、素敵でした。
盛り付けも美しく、紙のような食材や初めて見る食材もたくさん使われていて楽しい食事でした。

オランダ3日目は…

夏のヨーロッパは日が長いので旅行にはぴったり。
ディナーを楽しんだ後にサンセットタイムがやってくるなんて、とってもいいですよね。

オランダ3日目からの様子は後編にて…

後編はこちら

written by YUUKI

FASHION TRAVELER

Instagram @lifestock_yuuki

関連するタグ