心を動かすボケ写真が撮りたい!【やさしすぎるカメラの取説】

GENIC編集部

fabmusealina

ちょっとしたコツを覚えるだけ!
デジタル一眼カメラ(一眼レフカメラやミラーレスカメラ)だからこそできる前ボケや背景ボケ撮影のテクニックを覚えて、被写体を際立たせてみましょう。

テクニック1:AUTOモードでボケ写真にチャレンジ

>>被写体はクッキリ、手前がキレイにボケる「前ボケ」

fabmusealina

前ボケにしたい素材にカメラを近づける
+
被写体をカメラから離す

被写体の手前にボケを入れることで、フィルターをかけたような優しい雰囲気になります。

前ボケにしたい素材(1枚目の写真の場合は花)を探し、ちょうどいい前ボケの分量を探り、被写体となる人物をカメラから離れたところに立たせ、人物にフォーカスを合わせてバランスを見ながら撮影してみましょう。
ボケが小さいと、要素が多く見えてうるさい写真になってしまうので注意です!
キレイに前ボケを作ることでストーリー性が感じられる写真になります。

>>同じ要領で「背景ボケ」撮影を!

meg_legs

抜けのいい背景を選ぶ

カメラと被写体を近づけて撮影

カメラが被写体のアイスクリームに近づくと背景がボケやすくなるので、最短撮影距離(カメラのセンサーには被写体に近づく限界の距離がある)ギリギリまで近づきましょう。
また、被写体と背景が近いと、ピントの合う範囲に背景が入ってしまい、ボケが小さくなるので、背景が離れるようなカメラ位置やアングルを探って。

テクニック2:絞り値(F値)を操作して被写体をドラマチックに浮き上がらせる!

カメラをAモード(絞り優先モード)に設定
+
絞り値を小さくし、ピントの合う範囲を狭くする

Aモードとは?

Aモードは絞り値(F値)を自分の好きな数値に設定できます。
露出(写真の明るさ)やシャッタースピードはオートになります。

絞り値(F値)とは?

絞りの開き具合でレンズを通る光の量を調整。絞り値(F値)はF3.5のようにF○.○という数値で表します。

背景を大きくぼかして、一つの被写体を際立たせたいときは、F値を一番小さくします(開放F値)。
反対に、全体にピントを合わせたいときはF値を大きくします。

左:F1.4(背景ボケが大きい)
中:F5.6
右:F11(背景ボケが小さい)

ただし、F値を大きくすると光の入る量が少なくなるので、暗い場所ではシャッタースピードが遅くなり、手ぶれしやすくなるので気をつけて。

AUTOモードでボケが物足りないと感じる人はトライしてみてください!

GENIC VOL.52【GENIC的やさしすぎるカメラの取説2019!】
Text: Miho Comuro
illustration: Ayumi Kuriyama
Edit: Yoko Tadano

GENIC VOL.52

「アジア」と「カメラの使い方」の2大特集!

Amazonへ

ボケ写真を撮るなら、デジタル一眼カメラが最適!

Photo:katie.one

ピントは私以外!「主役は背景」の前ボケ手法がグレート

Photo:professionaltraveler

花畑での撮り方に進化を発見!最新のテクとは?

前の記事