イタリアの世界遺産「ドロミティ」の絶景を簡単に撮れるフォトスポット

your_passport(@your_passage)

イタリアとオーストリアの国境近くに広がる「ドロミティ(ドロミテ、ドロミーティ)」は、2009年に世界自然遺産に登録された世界に類のない景色を楽しめるエリア。
美しいドロミティの景色が撮れるフォトスポットを紹介します。
比較的アクセスしやすく、気軽に訪れることができるスポットばかりです。

  • 作成日:
charlies_wanderings

イタリア・アルプス北部にあるドロミティ(ドロミテ、ドロミーティ/Dolomites)は、垂直の壁、断崖絶壁、狭く深く長い谷が密集している、世界で最も美しい山脈のひとつ。
3,000メートル以上の高さにそびえる18の峰があり、広大で見どころが多い観光スポットです。
世界遺産に登録されているのは、西のボルツァーノから東のコルティナダンペツォまでの9地域。

jess.wandering

ドロミティは、夏はハイキングや登山、冬はスキーのメッカとして有名です。ハイキングは初心者でも気軽に行けるロープウェーがあるところから、高い登山技術を要すコースまで様々。
他にもロッククライミングやサイクリング、キャンプなどアウトドアスポットの印象が強いドロミティですが、アウトドアに興味がなくても絶景を楽しめるスポットがたくさんあります。

reneeroaming

ドロミティ観光で外せない人気スポットのひとつ、「フネス谷(Val di Funes)」。
人気のワケは、体力や登山技術がなくても簡単に訪れることができるから。
ドロミティの雄大な山々をバックに、緑豊かな牧草地や農場、風光明媚な教会などがあり、撮影欲を刺激する美しい景色を楽しめます。

veggiewayfarer

フネス谷にはサン・ピエトロ村やティソ村などの小さな村々がありますが、世界中の観光客がこぞって訪れるのは”北イタリアが誇る美しい村”として有名なサン・マッダレーナ村です。
Chiesa di Santa Maddalenaという小さな教会は、ドロミティで最もたくさん撮影されているフォトスポット。
このドロミティの山を背景に教会を撮れるフォトスポットは、教会から15~20分くらい歩いたところにあります。
本気でカメラ撮影をするなら、望遠レンズや広角レンズなど様々なレンズを用意しましょう。

veggiewayfarer

ドロミティの西側にある小さな湖「カレッツァ湖」。
上の写真のカレッツァ湖の展望台は、雄大なドロミティと美しい湖が一緒に見られる絶景スポット。
現在は修復されて大きなウッドバルコニーがあります。

カレッツァ湖はエメラルドグリーンの水を湛えた高山湖で、日光に反射した色から「虹の湖」とも呼ばれています。
また、カレッツァ湖に住む美しい人魚と魔術師との悲しい恋の伝説から「虹の湖」と呼ばれるようになったという説も。この伝説にでてくる人魚の像が湖の中にあるので湖周辺を散策がてら探してみてください(カメラをズームにしないと気づかないかもしれません…)。

jess.wandering

客室からドロミティの山々を楽しめる、5つ星ホテル「Forestis Dolomites」。
自然に癒されるスパや屋外プールも人気があります。
このホテルがあるドロミティのプランチョス(Plancios)は、ブライエス湖やファルツァレーゴ峠などへのアクセスも便利です。フネス谷へは路線バスや車で約1時間の距離です。

フネス谷( Val di Funes )/フネス<イタリア>

出典: reneeroaming

S. Maddalena, 481, 39040 Funes BZ, イタリア
<行き方>
ボルツァーノから車で約45分。
ブレッサノーネ駅からバス(340番)で約30分。

カレッツァ湖(Lago di Carezza)/ノーヴァ・レヴァンテ<イタリア>

出典: veggiewayfarer

<行き方>
ボルツァーノから車で約30分。
ブレッサノーネから車で約1時間。

駐車場:無料
※ハイシーズンは有料。

Forestis Dolomites/ブレッサノーネ<イタリア>

出典: jess.wandering

Palmschoß 292, 39042 Bressanone BZ, イタリア

Forestis Dolomites Instagram
Forestis Dolomites 公式WEB(英語)

イタリアで訪れたい!絶景世界遺産

Photo:nanja__

リアル絵画の世界!トスカーナの美しい田舎道

Photo:frauki

写真集に入り込んだみたい!鏡のような水面が美しい湖

世界中のフォトスポットを地図で!

GENIC WORLD MAP

GENIC編集部のコラムで紹介したスポットは、こちらの世界地図からもご確認いただけます。

※ 本記事内のすべての個人写真は、アカウント所有者より許可を得て掲載しております。

前の記事