一度は食べるべき!フィンランドの冬のごちそう3選♡

GENIC NEWS

Visit Finland(フィンランド政府観光局)が、フィンランドの冬のごちそうをご紹介!
フィンランドへ食べに行っても、自宅で作ってフィンランド気分に浸るもよし!?
食べたら、フィンランドをもっと好きになるはず♡

一度は食べるべき!フィンランドの冬の一品

ロヒケイット(サーモンのスープ)

どのようなシーンにも合う、フィンランドで一番ポピュラーな冬の定番料理!
サーモンフィレや茹でたジャガイモ、ネギがゴロゴロ入った、ヘルシーでクリーミーな温かいスープ。
トッピングされたディル(セリ科のハーブ)のアクセントも◎。
どの地方でも食べることができ、特に鮭になじみ深い日本人にとても人気のある一品。
ちなみに、サーモンフィッシングはラップランドが随一の場所とされており、冬の釣りを体験するベストスポットとしておすすめ。

グロッギ(スパイス入りホットワイン)

クローブ、シナモン、しょうがなどのスパイスが香る、温かいワイン♡
アルコール、ノンアルコール、どちらでも楽しめます。
昔からフィンランドのクリスマスシーズンには欠かせないもので、輝くイルミネーションのもと、クリスマスマーケットなどでいただきます。
スパイスを追加したり、アルコールの種類を変えたり、バリエーション豊富。
カクテルのベースにもなる一方、ノンアルコールで作れば大人だけでなく子供も楽しめます。

ポロン・カリストゥス(トナカイの煮込み)

フィンランドの北部ラップランドの郷土料理。
砂糖漬けのコケモモやコケモモのジャム、ラップランドのアーモンドポテトで作るポテトクリーム、そしてキュウリのピクルスが添えて。
煮込む前に、特有のにおいやクセを取り除くため、薄切りのトナカイ肉をたっぷりのバターでゆっくり煮込みます。
ラップランドを訪れたらぜひ試したい一品!

ニュースの出典元:Visit Finland(フィンランド政府観光局)

前の記事