東京・お台場「チームラボボーダレス」が”秋”の景色に!季節・期間限定の作品をご紹介

アート集団チームラボの東京・お台場《地図のないミュージアム》森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレスに、今の季節だけ見られる、秋の景色が登場しました。
「呼応するランプの森」では、10月から秋の色でランプが輝く「山の紅葉」が楽しめます。他にも、季節とともに変化した秋の作品を体験できます。

  • 作成日:

季節とともに移ろう作品群に、秋の花々や黄金色の稲穂、紅葉が登場

増殖する無量の生命 / Proliferating Immense Life - A Whole Year per Year

10月の花: 彼岸花
teamLab, 2020, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

10万本まで増殖し、一斉に散り朽ちていく巨大な花「増殖する無量の生命 - A Whole Year per Year」に、彼岸花(10月)が登場します。
作品に触ると、花の方から倒れかかるように折れ曲がり、朽ちていき、そしてまた新しい花々が生まれます。10万本の花々が一斉に散る時、一面が散りゆく花びらで覆われ、朽ちていく姿が最も華やかで美しい瞬間です。

地形の記憶 / Memory of Topography

棚田の稲穂
teamLab, 2018, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

紅葉
teamLab, 2018, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

赤とんぼ
teamLab, 2018, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

悠久の里山の景色を描いている作品「地形の記憶」では、9月から「棚田の稲穂」「赤とんぼ」、「紅葉」などの様々な作品で秋の景色を楽しめます。

呼応するランプの森 - ワンストローク、山の紅葉 / Forest of Resonating Lamps - One Stroke, Autumn Mountain

teamLab, 2016, Interactive Installation, Murano Glass, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

teamLab, 2016, Interactive Installation, Murano Glass, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

10月から、秋の色でランプが輝く「呼応するランプの森 - ワンストローク、山の紅葉」が登場します。

積層された空間に咲く花々 / Flowers - Layered Ultrasubjective Space

10月の花: 菊
teamLab, 2018, Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi, Voices: Yutaka Fukuoka, Yumiko Tanaka

小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々 / Flowers Bloom in an Infinite Universe inside a Teacup

teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

会場内のティーハウス「EN TEA HOUSE 幻花亭」では、お茶をテーマにした作品空間で、お茶に季節の花々が咲き続ける無限の世界をそのまま飲むことができます。
10月はコスモス、キンモクセイ、菊など、秋の花々が登場します。

森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス 情報

東京都江東区青海1-3-8(お台場パレットタウン)
料金:大人(高校生以上)3,200円、障がい者割引 1,600円、子ども(中学生以下)1,000円
※3才以下は無料
※障がい者割引の対象は、障がい者手帳を持参。本人と同伴者1名まで。
※開館時間・休館日はシーズンによって異なります。詳しくはラボボーダレスのウェブサイトを確認してください。

  • 【お問い合わせ先】
  • 森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス
  • borderless.teamlab.art
前の記事