夜に際立つ美しさ「東雲キャナルコートCODAN」で特に人気のフォトスポット

yudai3377jp

東雲(しののめ)キャナルコートCODANは、6つの街区にわかれている公団住宅。都心へのアクセスもよく、敷地内には保育園やコンビニなどさまざまな施設があり、とても便利です。それぞれ違った建築家が設計している6つの街区の中から、フォトスポットとして特に人気のある場所をご紹介。

  • 作成日:

ADVERTISING

mackys22
mackys22

東京駅から電車で約10分、東雲にある公団住宅「東雲キャナルコートCODAN」。40,000㎡もの敷地にデザインの違う6つの街区(エリア)があり、居住地だけでなく子育て支援施設として学童保育や保育園、高齢者施設も備わっています。他にもコンビニやパン屋、ヘアサロン、クリニックなど、生活に便利な施設が集まり、まるで1つの街のよう。緑も多く、快適に過ごせる空間が提案されています。

tsuno2no
wonder_vision

1~6の街区はそれぞれ異なる建築家が設計しており、特徴があります。上の写真の1街区は山本理顕、2街区は伊東豊雄が手掛けており、どちらもグリッド状の外観が特徴。3街区は隈研吾、4街区は山設計工房(山田正司)、6街区は元倉真琴・山本圭介・堀啓二設計共同体が手掛けていて、すべてURの賃貸住宅。5街区はADH/WORKSTATION設計共同体が手掛けており、唯一、民間の賃貸住宅です。

shu__927
shu__927
miyazaki_japan

東雲キャナルコートCODANでフォトスポットとして注目を浴びているのが「2街区」の14号棟。3m感覚で構成された住棟の中に、斜めにデザインされたコモンヴォイド(コモンテラス)が際立つ外観です。このコモンヴォイドと呼ばれる2層吹き抜けの共用空間は、天井に色が塗られています。夜になるとライトアップにより美しく色づき、フォトスポットとして人気に。

ma.paesaggio
zeo_film
casper0stagram

昼間の撮影スポットとしても人気ですが、夜は迫力のある画が撮れるので特におすすめ。計算しつくされた照明の美しさが際立ちます。2街区の14号棟をおすすめしましたが、東雲キャナルコートCODANは名だたる建築家のデザインした建築物を楽しめる場所として、建築好きにはたまらないスポットです。興味のある人はカメラ片手に訪れてみてください。
※住宅ですので、住民の邪魔にならないよう十分に配慮の上、撮影してください。

おすすめ記事

#国内旅行に関する記事

GENICがおすすめする人気の国内旅行。女子旅、カップル旅、ひとり旅の計画などに役立つ情報が満載です。日本全国の観光スポットやカフェ、ホテルについても随時更新中です。

世界中のフォトスポットを地図で!

GENIC WORLD MAP

GENIC編集部のコラムで紹介したスポットは、こちらの世界地図からもご確認いただけます。

※ 本記事内のInstagramの写真は、アカウント所有者より許可を得て掲載しております。

次の記事