【Nikon Zマウントレンズ2種類を撮り比べ 】自分の「本当に好きなもの」を人生に迎えるために

人生の豊かさは、人も物も場所も、自分の「本当に好きなもの」に誠実に従い、手のひらの中に迎え入れられたかで決まると思っている。

少しでも違和感を覚えたものは、その時はたとえ小さな綻びでも、やがて大きな歪みになってしまうこともある。だからこそ、長く付き合うことになるであろうものほど、自分の心と何度も対話を重ねて、選ぶ必要があるのだ。

今回は私、古性のちの「人生でずっと付き合っていくもの」のひとつで、どっちを購入しようかずっと迷っていたNikonのレンズ、NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 SとNIKKOR Z 50mm f/1.2 Sを撮り比べさせてもらえることになった。

  • 作成日:
  • 更新日:

実は先日、すごく久しぶり(3年ぶりくらい)に新しいカメラ、Nikonのフルサイズミラーレスカメラ Z6IIを購入した。
何度も自分の中のもうひとりの私と相談しながら、よし、人生共に歩んでいこう! と一大決心をして手のひらの中に迎えてみたものの、それでも優柔不断な私は肝心のレンズが決められず。気になる2つのレンズで、うんうん頭を抱えていたら「どうぞ、どちらもゆっくり使ってみてください」と悩む時間をもらえることになったのだ。

# 「僕がいるから大丈夫だよ」といつでも温かく見守ってくれているレンズ「NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S」のこと

お借りしたレンズひとつめはNIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S。1本で近くから遠くまでをカバーしてくれる、安心感のあるレンズ。側にいると「大丈夫。僕が何でも撮るから任せて!」と声が聞こえてきそうなくらいに、とにかく大体の撮りたいものはカバーしてくれる。頼れる彼氏かお父さんのようなレンズだ。

1.一番欲しい「その瞬間」を逃さない。抜群のオートフォーカスの速さ

仕事柄、遠い旅先へカメラを連れていくことが多い。そこに流れている空気感とか、温度感とか、そういう一瞬をわずかでも逃したくない。そんな時、オートフォーカスが速いこのレンズはとても重宝する。すでに使っていた友人から「この子はねえ、速いよ」とは聞いていたけれど、実際に使ってみて「これは速い、というより爆速だ!」と感動した。撮りこぼしたくない一瞬を、見事に捉えてくれる。

「おやすみ世界、またあした」使用レンズ:NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 焦点距離:70mm 絞り:F/8 SS:1/1600秒 ISO感度:400

「瀬戸内と言えば、な風景です」使用レンズ:NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 焦点距離:39mm 絞り:F/2.8 SS:1/8000秒 ISO感度:500

「あつあつを召し上がれ」使用レンズ:NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 焦点距離:24mm 絞り:F/3.2 SS:1/125秒 ISO感度:250

「刻々と窓の色が変わる贅沢な時間」使用レンズ:NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 焦点距離:24mm 絞り:F/5 SS:1/2500秒 ISO感度:400

2.1本で色んな表情を魅せてくれる

旅先で「この画角も撮りたいし、でもこれも撮りたい...」となった時、いつもレンズの交換にあわあわしてしまって、ベストな瞬間を逃してしまったりする。広角から寄る絵まで、1本でカバーでき、このレンズを使うとそれがなくなる。だから撮影に思いっきり集中できる。

「どこまでも広がる青の世界」使用レンズ:NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 焦点距離:24mm 絞り:F/6.3 SS:1/50秒 ISO感度:1250

「凛と明日を見つめる」使用レンズ:NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 焦点距離:59mm 絞り:F/5 SS:1/25秒 ISO感度:1000

「柔らかな午後の光」使用レンズ:NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 焦点距離:48mm 絞り:F/2.8 SS:1/640秒 ISO感度:320

「飲みかけのドリンクが持つ温度感にいつもなぜか惹かれてしまう」使用レンズ:NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 焦点距離:58mm 絞り:F/2.8 SS:1/250秒 ISO感度:320

「白・赤・青のバランスカラーがキュート」使用レンズ:NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 焦点距離:40mm 絞り:F/3.2 SS:1/320秒 ISO感度:800

「いつもここで見守っているよ」使用レンズ:NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 焦点距離:48mm 絞り:F/3.5 SS:1/1250秒 ISO感度:800

3.今自分が生きている世界は美しい、と改めて気づかせてくれる

このレンズを使って世界を覗くと、何気ない風景も、自分の手のひらも、とにかく透明感がすごい。全部がキラキラして見えて、「ああ、こんなに美しい世界に今生きているのか」と嬉しくなる。私の中ではNIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sの最大の魅力は、これかもしれない。

「夜のメリーゴーラウンドには魔法がかかる」使用レンズ:NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 焦点距離:46mm 絞り:F/2.8 SS:1/100秒 ISO感度:400

「去る秋の贈り物」使用レンズ:NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 焦点距離:50mm 絞り:F/2.8 SS:1/1250秒 ISO感度:200

「早朝に目があったふさふさのねこじゃらし」使用レンズ:NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 焦点距離:70mm 絞り:F/2.8 SS:1/5000秒 ISO感度:320

「海を行く海月のような青傘」使用レンズ:NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 焦点距離:51mm 絞り:F/2.8 SS:1/3200秒 ISO感度:250

#覗いたファインダーの向こう側の世界に恋をするレンズ「NIKKOR Z 50mm f/1.2 S」のこと

もうひとつは、ふわっと優しいボケ感を出してくれる単焦点レンズ「NIKKOR Z 50mm f/1.2 S」。最初はその大きさにびっくりしてしまったけれど、最終的にはそんな小さなこと気にならなくなってしまうくらいに、魅了された。

1.その圧倒的な柔らかさに全人類が恋をする

「覗いた瞬間に恋をした」だなんて、どこかのキャッチコピーのような台詞がするすると頭の中に舞い降りてきてしまったのがこのレンズ。とにかく、光も色も、その先に広がる世界が柔らかい。

「いつもの台所にて」使用レンズ:NIKKOR Z 50mm f/1.2 S 焦点距離:50mm 絞り:F/1.2 SS:1/50秒 ISO感度:220

「冬の紫陽花」使用レンズ:NIKKOR Z 50mm f/1.2 S 焦点距離:50mm 絞り:F/1.2 SS:1/3200秒 ISO感度:250

「触れたら壊れてしまいそうな美しさ」使用レンズ:NIKKOR Z 50mm f/1.2 S 焦点距離:50mm 絞り:F/1.2 SS:1/3200秒 ISO感度:125

「そっと春を待っている」使用レンズ:NIKKOR Z 50mm f/1.2 S 焦点距離:50mm 絞り:F/1.6 SS:1/2500秒 ISO感度:250

2.Fを開いて撮るポートレートの美しさが最強で最高

人より植物や風景とカメラを通して対話することが多く、普段あまりポートレートは撮らない。けれど、絶対にこのレンズと相性が良いのはポートレートだろうと思い、今回、友人たちにお願いしてシャッターを切らせてもらった。もはや美しい以外の感想が出てこないのだけれど、人を撮影して初めて「感動」した。

「しんしんと降り続ける雪と横顔」使用レンズ:NIKKOR Z 50mm f/1.2 S 焦点距離:50mm 絞り:F/2.5 SS:1/640秒 ISO感度:250

「寒い日のほっと一息」使用レンズ:NIKKOR Z 50mm f/1.2 S 焦点距離:50mm 絞り:F/1.3 SS:1/200秒 ISO感度:100

「飾らない笑顔が一番素敵」使用レンズ:NIKKOR Z 50mm f/1.2 S 焦点距離:50mm 絞り:F/2.5 SS:1/4000秒 ISO感度:2000

「雪見ひとりチャイ会」使用レンズ:NIKKOR Z 50mm f/1.2 S 焦点距離:50mm 絞り:F/2.2 SS:1/400秒 ISO感度:100

3.鮮明に写り、ふわりと輪郭が溶ける。食べ物たちの色気がすごい

よく「色気がある食べ物写真」を目にすることがあるけれど、自分の写真にそれを感じたことはなかった。けれど今回このレンズを通して生まれてはじめて「色気があるってこういうことか!」と実感した。ピントが合うところはキリリと、他はふわっと輪郭が溶けている。

とにかく艶っぽい。鼻を近づけると、匂いが漂ってきそうな、そんな雰囲気さえ感じる。

「みんな恋する固めプリン」使用レンズ:NIKKOR Z 50mm f/1.2 S 焦点距離:50mm 絞り:F/2 SS:1/160秒 ISO感度:100

「これひとつで見栄えが変わる料理の顔」使用レンズ:NIKKOR Z 50mm f/1.2 S 焦点距離:50mm 絞り:F/1.3 SS:1/2000秒 ISO感度:250

「みんな大好き、ナスとチーズのおやきで朝ごはん」使用レンズ:NIKKOR Z 50mm f/1.2 S 焦点距離:50mm 絞り:F/1.8 SS:1/250秒 ISO感度:400

「絶品もちもちベーグルたちの誘惑」使用レンズ:NIKKOR Z 50mm f/1.2 S 焦点距離:50mm 絞り:F/2.2 SS:1/6400秒 ISO感度:2000

# 生き方に合わせた使い勝手の良いレンズと、究極の好みに振り切ったレンズと。どちらと歩んでいくか

「自宅の一番日当たりの良い場所にて」使用レンズ:NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 焦点距離:33.5mm 絞り:F/4 SS:1/4秒 ISO感度:800

月並みな言い方をすると、正直どちらもとても良い。叶うならどちらも欲しい。
「最初に迎えるレンズ」という意味合いでいくのであれば、安心感と安定感のある、NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sがベストなのだと思う。
 
ただ今の直感で選ぶのであればNIKKOR Z 50mm f/1.2 Sなのだ。もう、本当に良い。撮っている時の鳥肌が半端じゃない。
 
なので多分、結果私は「どちらのレンズとも歩んでいくこと」を選択するのだと思う。順番はきっとNIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sが先になるし、NIKKOR Z 50mm f/1.2 Sを迎えにいくのはちょっと先になってしまうかもしれないけれど。

どちらか一方ではなく、どちらも連れていくこと。
それが多分私の「本当に好きなもの」に誠実に従うことなのだと思う。
そう確信した、今回の撮り比べだった。

古性のち

1989年横浜生まれ。世界中を旅しながら「写真と言葉」を組み合わせた作品を作るフォトグラファー / BRIGHTLOGG,INCの取締役。飾らない日々をドラマチックに表現することが好き。

古性のち Twitter
古性のち Instagram
古性のち note

【編集部よりお知らせ】伊佐知美×古性のち Z 6II SPECIAL TALK

伊佐知美×古性のち Z 6Ⅱ SPECIAL TALK

トラベルクリエイターの伊佐知美さんと古性のちさんによるZ 6II 対談。
彼女たちに欠かせない“旅”と“写真”について、Z 6II で撮影された作品を交えてお伝えしています。

表現の幅が広がるNikon Zマウントレンズ

NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ニコン Z シリーズカメラ用標準ズームレンズ。撮影シーンを問わず、ハイクオリティーな静止画、動画が楽しめるのはもちろん、小型・軽量ボディーなのも魅力。

Nikon WEB

NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

開放F値1.2で圧倒的に美しく滑らかなボケを実現する大口径標準単焦点AFレンズ。
極めて高い解像力と大きく滑らかなボケが、表現に劇的な変化をもたらしてくれます。

Nikon WEB
Nikon Instagram

関連記事

#Z6II に関する記事 一覧

Nikon(ニコン)の人気ミラーレスカメラZシリーズの最新機種Z 6II。Z 6IIで撮影された写真と感想・レビューからフルサイズカメラの魅力を紹介しています。

古性のちに関する記事 一覧

1989年横浜生まれ。世界中を旅しながら「写真と言葉」を組み合わせた作品を作るフォトグラファー / BRIGHTLOGG,INC 取締役。写真を通じ⽇々に⼼を寄せる⼈々が集うオンラインコミュニティ 「.colony」を主宰。世界の青を集めるのが好き。
愛用のカメラはNikon Z 6IIとFUJIFILM X-T3。

次の記事