【恋する目線のシューティング #2】枝 優花(映画監督&写真家)

GENIC編集部

気がつけば、目で追っている。ついシャッターを切ってしまう。
「好き」を撮った写真には、きっとその人だけの恋する眼差しが表れているはず。
#2では、映画監督、写真家として活躍する枝 優花さんの目線と、恋心に迫ります。

枝 優花

枝 優花 映画監督、写真家 1994年生まれ、群馬県出身。
初長編映画『少女邂逅』が新宿武蔵野館を皮切りに全国公開し2ヶ月のロングランヒットを記録。
香港国際映画祭や上海国際映画祭に招待され、バルセロナ・アジア映画祭で最優秀監督賞を受賞。2019年日本映画批評家大賞の新人監督賞を受賞。また、写真家としても活動し、多くのアーティスト作品や広告を手掛ける。

刹那

川に反射する空の美しさを写したくて。水面の、そのままの良さを生かすようにしました。

気がつくと 空を見上げて 立ち尽くしている。

繊細な心の動きを写しとった作品を生み出す枝さん。今回掲載したのは、枝さんが恋をしているという空の写真と、俳優の仲野太賀さんを撮り下ろした写真。

たくさんの色ときらめきを捉えたかった。縦構図が面白く、色のグラデーションが一番よく見えるように撮影しました。

ドラマの撮影の合間に、太賀さんを撮影させてもらいました。個人的に太賀さんの首はチャームポイントだと思う。

映画は構築型の文学、写真は瞬間的な感覚芸術。

「シャッターを切る時は、その対象物に対して恋に近い感情を持っていると思います。空は同じ瞬間が2度現れない美しさの象徴。どんどん変化する様子を目でじっくり追えることが美しいと思います。

燃えるような夕焼け。

空の色とショベルカーの融合。何か物語が見えそうな余白を作りたくて。

被写体と精神的距離感が近い。そんな写真が、私らしい。

太賀さんの写真は、ドラマ撮影の合間に六本木で撮りました。写真に湿度を保ちたいので、いつも彩度の具合を気にしています」。被写体と、精神的距離の近い写真が自分らしいと語る枝さん。

実は太賀さんの手元は草をいじってるので、顔が子供みたいに集中しています。

奥の水色、ピンク、緑、そこに射す白い光が水中みたいでいいなと思い撮ったもの。

東京の道にまっすぐ伸びる、太賀さんより大きい緑。なんとも言えない表情が好きです。

シャッターを切る時、恋をしている。

「いつでもカメラを持っているわけではないけど、恋する瞬間は不意に訪れるので……それが難しいです。けれど、写真を撮ることで何度でもその時の気持ちを振り返ることができるのは幸せなことだと思います」。

色と雲が混ざってなんとも言えないものになっている瞬間。グラデーションに魅了されました。

雲のきらめき。これも縦構図の面白さを生かして撮影しました。

枝 優花 Instagram
枝 優花 Twitter

INFO

ドラマ24「あのコの夢を見たんです。」(テレビ東京)
民放ドラマ初主演となる仲野太賀を迎え、南海キャンディーズ・山里亮太の短編小説を待望の映像化。
監督には枝優花をはじめ、大九明子、瀬田なつき、松本花奈と、今の映画界を牽引する若手作家が集結。
2020年10月クール放送予定。

GENIC VOL.56 【恋する目線のシューティング】
Edit:Yoko Abe

GENIC VOL.56

「“好き"を撮る」をテーマに、好きなものを愛でるように撮って表現する人たちにフォーカス!

Amazonへ

おすすめ記事

【写真を通して伝えたいこと #3】古性のち(フォトグラファー)

【写真を通して伝えたいこと #5】葵(21世紀生まれの写真家)

前の記事