menu

「八幡平ドラゴンアイ」は大自然が生み出す“短命”な奇跡的現象

estrella1868

秋田県と岩手県にまたがる山「八幡平(はちまんたい)」の頂上付近で見ることができる、幻の絶景「八幡平ドラゴンアイ」。限られた時期にしか見られない奇跡の自然現象で、この姿を見ようと多くの人が訪れます。八幡平ドラゴンアイについて、開眼時期や行き方などについても紹介します。

  • 作成日:

ADVERTISING

一度は見たい幻の絶景「八幡平ドラゴンアイ」

ryusei0111
sorairo.1113

秋田県と岩手県にまたがる八幡平の頂上付近で見ることができる、八幡平ドラゴンアイ。八幡平山頂付近に位置する「鏡沼(かがみぬま)」の自然現象によってできる、神秘的な景色です。
冬の間に沼を覆うほど積もった雪と、春になって沼に流れ込む雪どけ水が絶妙なバランスを保ったときに“開眼”します。
この眼のような景色が龍の眼に似ていることから“ドラゴンアイ”と呼ばれています。

“開眼”時期は短い

estrella1868

八幡平ドラゴンアイの開眼時期は、気象条件等により、時期が前後する場合がありますが、例年5月下旬~6月上旬ごろです。
春になり、周辺部と中心部が雪どけすることでドーナツ状になり、まるで眼のような姿になります。
完全な眼の形になった状態の期間はさらに短く、数日間とも。限られたときにしか見ることのできない、貴重な絶景。この時期を逃すと次の年まで見ることができなくなりますのでご注意を。
最新のドラゴンアイの状況は八幡平市観光協会のHP「ドラゴンアイ情報」にてご確認ください。

sheep_cafeteria

八幡平ドラゴンアイまでは、八幡平山頂駐車場から歩いて約20分。まだ雪が残る登山道を歩くので、長靴や防水スニーカーなどを履いて。
登山道を歩いた先にある、神秘的な光景に感動すること間違いなしです。
初めての方はガイド付きのツアーを利用するのもおすすめ。

clip_428

八幡平ドラゴンアイは沼です。開眼している時期は、沼の雪どけが進んでおり、沼へ下りることは大変危険です。設置されているロープの沼側には決して立ち入らないように。

clip_428

夜になると満天の星が広がります。ドラゴンアイと天の川のコラボレーションでより一層、幻想的に。

ドラゴンアイのシーズンオフはトレッキングを楽しむ

tabiblo_._._jpn

高山植物を見ることができる八幡平は、県内外からトレッキングを楽しむ人々が訪れる人気スポットでもあります。八幡平は平らな台形状の地形なので、山頂周辺のトレッキングコースは初心者にもおすすめ。
約100万年前に生まれた火山が連なるこの地は、火山帯独特の自然で覆われており、どこまでも広がるなだらかな高原は、「天然の火山博物館」とも呼ばれています。

また、複数の火山で形成されている八幡平だけに、周辺には多くの温泉があります。トレッキング後は、雄大な大自然の中にある温泉に浸かって、ゆっくりと癒しの時間を。

ドラゴンアイの近くには「ドラゴンの涙」も

okayowithkyon

鏡沼の近くには美しいエメラルドグリーンの「メガネ沼」があり、最近では「ドラゴンの涙」と言われ、ドラゴンアイと共に訪れる人も。

selfyna_1980

また、周辺には水蒸気爆発によってできた火口が多く、その火口に水が溜まり「八幡沼」や「ガマ沼」などの多くの沼を見ることができます。
八幡平ドラゴンアイを訪れた際には、ぜひ立ち寄ってみて。

※八幡平ドラゴンアイ周辺で無人航空機(ドローン)を飛行させる際には、林野庁へ入林届を提出する必要があります。詳細は、林野庁および環境省の担当部署までご確認ください。

八幡平ドラゴンアイ(はちまんたいドラゴンアイ)/秋田<日本>

八幡平ドラゴンアイ 基本データ

<住所>秋田県仙北市田沢湖玉川
<開眼時期>5月下旬〜6月上旬ごろ
※気象条件等により、時期が前後する場合あり
<駐車場>八幡平山頂駐車場あり

行き方・アクセス

<車>東北自動車道「鹿角八幡平IC」から八幡平山頂まで約50分
<電車&バス>JR「田沢湖駅」から八幡平山頂までバスで約2時間15分

→八幡平山頂から徒歩約20分で八幡平ドラゴンアイ へ

ドラゴンアイ情報(八幡平市観光協会)

おすすめ記事

#国内旅行に関する記事

GENICがおすすめする人気の国内旅行。女子旅、カップル旅、ひとり旅の計画などに役立つ情報が満載です。日本全国の観光スポットやカフェ、ホテルについても随時更新中です。

世界中のフォトスポットを地図で!

GENIC MAP

GENICで紹介したスポットは、こちらの世界地図からもご確認いただけます。

※ 本記事内のInstagramの写真は、アカウント所有者より許可を得て掲載しております。

次の記事