menu

写真家 井津建郎の作品展「BLUE」が東麻布のPGIにて開催

©Kenro Izu, courtesy of PGI

写真家 井津建郎(いづ けんろう)が、谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』に触発され、またパブロ・ピカソの『青の時代』作品にインスパイアされて制作した「BLUE」の作品展が、東京東麻布の写真専門画廊「PGI」にて、2023年11月22(水)〜2024年1月13日(土)に開催されます(ただし12月25日〜1月4日は冬季休廊)。青と質感に富み、気品に満ちた静けさを湛える作品約20点をぜひご堪能ください。

  • 作成日:
  • 更新日:

ADVERTISING

井津建郎

1949年大阪府生まれ。日本大学芸術学部に学んだ後渡米。以来50年間ニューヨークを拠点として作品制作と発表を続ける。2021年、日本に帰国し、金沢を拠点に活動を再開する。
30数年間にわたってエジプトを始め、ヨーロッパ、中東、アジアの石像遺跡、聖地を14×20インチのカメラで撮影、プラチナプリントによる表現を続ける。1993年にアンコール遺跡撮影のため初めて訪れたカンボジアで、多くの子供たちが地雷の犠牲になっている現実を目の当りにし、非営利団体フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーを設立。カンボジアとラオスに小児病院を建設と運営するなど多くのプロジェクトに携わる。
作品はニューヨーク・メトロポリタン美術館はじめ、アメリカを中心に多数の美術館に収蔵されている。作品集は2017年に「Seduction」、2018年に「Eternal Light」、2020年に「Requiem」、2021年に「Fuzhou -the forgotten land」、2022年に集大成の写真集「Impermanence」など18冊の写真集を出版。

井津建郎 Instagram
井津建郎 HP

21歳で渡米後、40年以上にわたり、祈りや人間の尊厳をテーマに発表を続けてきた写真家 井津建郎の作品

「BLUE」はニューヨークのスタジオで撮影された作品で、舞踏ダンサーをモデルにした「Body」と、静物や枯れた草花を題材にした「Still Life」から、構成されています。

©Kenro Izu, courtesy of PGI

©Kenro Izu, courtesy of PGI

©Kenro Izu, courtesy of PGI

©Kenro Izu, courtesy of PGI

これらの作品は深い陰影による美を表現しており、日本の美的感覚と陰影の重要性を表現した谷崎一郎の「陰翳礼讃」に触発されたものです。また、ピカソの「青の時代」へのオマージュとして2001年から2004年に大型カメラで撮影したネガから、プラチナプリントとサイアノタイプを組み合わせて制作されました。展示では約20点のプラチナ・サイアノプリントが公開されます。これらの作品は青と質感に富み、気品に満ちた静けさを持っています。

BLUEシリーズの作品は、谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』に触発され、またパブロ・ピカソの『青の時代』作品にインスパイアされて、『青の時代』制作のちょうど100年目を意識して、2001年から2004年の間に制作した。
『陰翳礼讃』は学生時代に日本で読んだが、当時それほど感じるところが無かったのが、数十年後アメリカで友人から贈られた英語版を読んで感銘を受けた。おそらくその頃、作品制作や生活の折々に、陰影に美を見ている自身に気づき、日本人としてのアイデンティティを意識し始めたことも大きな要素だと思う。
改めて日本語版を取り寄せて読み、そこに日本の美学の一端を見た。
「掻き寄せて結べば柴の庵なり、解くればもとの野原なりけり」と言う古歌にあるように「東洋人はなんでも無い所に陰影を生じせしめて、美を創造する」ようである。そして「美は物体にあるのではなく、物体と物体の作り出す陰影のあや、明暗にあると考える。」と谷崎は言う。

ある夜更けにふと目を覚まして入った居間、月の光を浴びて青く輝く花瓶のある空間は、日常の我が家の居間とは異なる、気配に満ちた空間であった。
それは、チベット寺院の仄暗い本堂の奥深く安置され、かろうじて鈍く金色の光を放つ仏像の周りに漂う濃い陰影と、そこから忍び寄る緊張感、そして千年以上の間、祈りを受け続けた聖なる山を包む、あの濃密な空間の陰影とも相通ずる気配であった。
光と影が、その境界を失う一瞬、確かと思った存在さえも闇の中へ溶け去り、その気配だけが残る。

井津建郎

©Kenro Izu, courtesy of PGI

©Kenro Izu, courtesy of PGI

井津建郎は1971年、21歳のときに渡米し、以後約40年以上にわたり、祈りや、人間の尊厳をテーマに発表を続けてきました。1979年に初めて訪れたエジプトで、人智を超えたものの存在に魅せられ、世界各地の〈聖地〉、石造遺跡や建造物の撮影を始めます。その後もブータンやインドなどを訪れ、人間のうちに宿る神聖を見出し、信仰に生きる人々にカメラを向けてきました。
1983年からは、14×20インチの超大型カメラによる撮影を始め、世界的に高い評価を得ました。大判フィルムによる精緻な描写と、プラチナ・プリントによる豊かな階調で、聖地に漂う濃密な空気感と尊さを見事に表現しています。時間をかけて対象と向き合い、一枚一枚丁寧に写された作品には流れる時間と気配が漂い、見るものの想像力を掻き立て、感情を揺さぶります。

写真家 井津建郎の作品展「BLUE」情報

開催日時

2023年11月22日(水)〜2024年1月13日(土)11:00〜18:00
日・祝日休館
12月25日〜1月4日は冬季休館

入場料

無料

会場

PGI
〒106-0044 東京都港区東麻布2-3-4 TKBビル3F
※オートロックのため、来場時はインターフォンを押してください。

PGI HP
PGI X
PGI Instagram
Google Map

行き方・アクセス

<電車>地下鉄大江戸線「赤羽橋駅」から徒歩で約5分
地下鉄大江戸線・南北線「麻布十番駅」から徒歩で約8分
日比谷線「神谷町駅」から徒歩で約8分

  • 【お問い合わせ先】
  • PGI
  • www.pgi.ac
  • 電話 03-5114-7935
次の記事