色鮮やか!保存の効く冷凍ブルーベリーで簡単おやつのレシピ紹介

GENIC NEWS

カナダのブルーベリー生産最大手のひとつ、シルバーバレーファームが、日本のおうちでも手軽に楽しめるブルーベリーレシピの紹介などを行う「Berry at home」プロジェクトを開始。
今回は、その中から、「ブルーベリーメソッド」というキャンペーンで発信しているオリジナルのレシピをご紹介します。
冷凍庫に常備できるブルーベリーで、簡単おやつを作ってみてください。

ブルーべリーおやつレシピ

栄養ばっちり!「ブルーベリーチーズ メルト」

マフィンとチーズ、冷凍ブルーベリーを使った簡単おやつ。

<材料>
・全粒小麦のマフィン2個 それぞれ半分に切ったもの(普通のマフィンでもOK)
・粒のマスタード 小さじ4(お好みで)
・スライスチーズ 8枚
・生、または冷凍ブルーベリー 4/5カップ 
・フレッシュタイム 大さじ1(あれば)

<作り方>
(1)クッキングシートを敷いた天板にイングリッシュマフィンを並べ、軽くトーストします。
(2)マスタードを各トーストの上に塗ります。各トーストにスイスチーズのスライスを1枚乗せた上に
ブルーベリーを均等に並べさらに上からスライスチーズをもう1枚乗せます。
(3)さらに1〜2分、またはチーズが溶けて少しこんがりするまで焼きます。仕上げにタイムをトーストの上にお好みで添えます。

5分でできる!?「ノーベイク ブルーベリーココナッツエネルギーボール」

ココナッツとのマリアージュが美味しく、白と青紫の見た目も楽しいおやつ。

<材料>
・冷凍ブルーベリー 1カップ(解凍したもの)
・ココナッツパウダー 1/2カップ
・メープルシロップ 1/4カップ
・ココナッツオイル 1/4カップ
・無加糖の細切りココナッツ 1/2カップ

<作り方>
(1)フードプロセッサーで、ブルーベリー、ココナッツパウダー、メープルシロップ、ココナッツオイルを混ぜ合わせます。
(2)直径2.5センチほどの円形に整え、細切りココナッツをまぶします。
(3)密閉容器に入れ、冷蔵庫で冷やし固めます。

甘さと塩味が絶妙!朝食にもおすすめ「ブルーベリーピスタチオパフェ」

ヘルシーな材料でつくる、ちょっと贅沢なパフェ。

<材料>
・プレーンのギリシャヨーグルト 1/2カップ(ふつうのヨーグルトでもOK)
・冷凍ブルーベリー 1カップ 
・ピスタチオ(塩味がついているタイプがおすすめ)みじん切り 1/4カップ
・ハチミツ 大さじ2

<作り方>
①ヨーグルト、ブルーベリー、ピスタチオを、2杯のグラスに層のように盛ります。
②仕上げにハチミツをかけます。

シルバーバレーファームの公式サイトでは、他にもブルーベリーを使ったレシピを発信しているのでCHECKしてみてください。
カナダのシェフによるオリジナルのレシピも公開予定です。

「シルバーバレーファーム」とは?

カナダのブリティッシュコロンビア州に農園があるシルバーバレーファーム社は、北米のブルーベリー生産最大手のひとつ。
1981年にビリン家が創業した農園です。
2004年からブルーベリーのパッケージ加工まで手掛けるようになり、2010年からカナダ国内で冷凍ブルーベリーを「SNOWCREST」ブランドとして出荷開始。
有名スーパーの冷凍コーナーで販売されています。

ニュースの出典元:Silver Valley Farms Ltd.,

前の記事