千本鳥居で有名な伏見稲荷大社のふもとに、自家焙煎きな粉スイーツが人気の「吉祥菓寮」がオープン!

GENIC NEWS

1934年に創業、日本で初めて節分煎り大豆を商品として販売した「桂華堂」を前身とする「吉祥菓寮」は、自家焙煎きな粉を使用したこだわりのきな粉スイーツが人気。
カフェとしては3店舗目となる「吉祥菓寮 京都伏見稲荷店」がオープン!
おすすめは、自家焙煎きな粉を使用したきな粉ジェラート♡
春季限定の新作パフェも見逃せない!

自家製ジェラートを常時10~12種類!風味の違いを味わってみて

吉祥菓寮 京都伏見稲荷店では煎りたて大豆の風味を楽しんでいただくため、他店舗同様に大豆の焙煎室をカフェに併設。
自家焙煎きな粉を使用したきな粉ジェラートがおすすめ。風味豊かな「ミヤギシロメ」や幻の大豆と呼ばれる「黒千石」など、大豆の品種ごとにフレーバーを楽しんで。

焦がしきな粉パフェ 1,100円(税別)
ジェラート 400円(税別)~
本わらび餅 1,000円(税別)

春季限定!ふんわり薫る桜にアールグレイの味わいを加えた新作パフェ

桜薫る春色パフェ

ふんわり薫る桜にアールグレイの味わいを加えたパフェ。桜ガナッシュや桜アイス、桜ゼリーを重ねた層に紅茶ゼリーを挟んでます。
キュートな見た目と桜の薫りで春の訪れを楽しんで。

1,400円(税別)
春季限定(2020年4月上旬迄予定)
取扱い店舗:祇園本店/京都伏見稲荷店

吉祥菓寮 京都伏見稲荷店 店舗情報

2020年3月13日(金)オープン!
〒612-0012 京都市伏見区深草一ノ坪町27-20
10:00~18:00(17:30LO)

ニュースの出典元:株式会社麦の穂

前の記事