Instagramの新機能!TikTokのような15秒の短尺動画を楽しめる「リール」

Instagram(インスタグラム)から、Instagram上で最長15秒の短尺動画を作成したり、発見できる新機能「Reels(リール)」が登場!

  • 作成日:

Instagramの新機能「リール」とは?

リールは、豊富なクリエイティブツールを使って動画を簡単に作ることができる新機能。
まるでTikTokのように、流行のダンスに挑戦したり、興味を持っているテーマについて伝えるなど、動画を通じて、新しい方法で自分を表現することができます。

リール動画を作成・投稿するには?

STEP1:撮影

1.ストーリーズ専用カメラを起動
2.画面下部に表示されるオプションから [リール] を選択
3.画面の左側に表示される様々なクリエイティブツールを使用し、中央の撮影ボタンを長押しして動画を撮影
・複数のクリエイティブツールを使って編集が可能
 クリエイティブツール:音源、エフェクト(ARカメラエフェクト)、速度、タイマー、位置合わせの5種類
・15秒のうち、複数の動画クリップを組み合わせても、1本のクリップのみでも作成可能
・スマートフォンのギャラリーから動画をアップロードしたり、クリップごとにエフェクトや速度など、撮影の設定を変更することも可能

STEP2:編集

撮影が終了したら、編集画面でテキストやスタンプを追加
※テキストツールで追加した文字は、どのタイミングで表示・非表示するか選択可能

STEP3:投稿

リール動画を投稿する準備ができたら、投稿画面でカバー写真を変更したり、キャプションを記入したりしてシェア

[フィードにもシェア]を選択すると、プロフィール画面にあるグリッドにもリール動画が表示されますが、削除して表示されないようにすることもできます。

自分が投稿したリール動画は、プロフィール画面にできる専用タブから視聴できます。

リール動画には、いいね!やコメント、再生回数も表示されます。

発見タブにもリール動画の専用スペースが新設! [注目] ラベルが付くことも

発見タブに新設されるリール動画の専用スペースには、Instagram上で注目を集めているカルチャーを代表するような動画が表示されます。

一部のリール動画には [注目] というラベルが付きます。
[注目]ラベルは、公開アカウントがシェアした動画の中からInstagramが選んだもの。自分の動画が注目のリール動画として発見タブに表示される場合は通知が届きます。

前の記事