ゲランの90年以上愛される伝説の名香から「シャリマー スフル ドランジェ」が登場!

GENIC NEWS

インドの皇帝と愛妃、永遠のラブストーリーから生まれた、ゲランの名香「シャリマー」。
そんな「シャリマー」コレクションから、新たに“オレンジのそよ風”を意味する「スフル ドランジェ」が登場!
オレンジブロッサムにオマージュを捧げ、太陽のように明るく優雅に漂う、光輝く香りを表現したフレグランス「シャリマー スフル ドランジェ」で、新たな“究極の女性らしさ”を楽しんでみて♡

オリエンタルな官能さと、オレンジの純真さが出会った香り♡

シャリマー スフル ドランジェ

オレンジの小枝や葉から採取されたオレンジブロッサム、ネロリをブレンドすることによって、フレッシュで青々しく、シトラスなアクセントを吹き込み、“香りのシンフォニー”ともいうべき情緒豊かな香り!
今回のボトルデザインは「シャリマー」の伝統的なシルエットはそのままに、豊かに実るオレンジと、美しく咲き誇るオレンジブロッサムが弾けるように描かれた特別なデザインです。

12,600円(税抜)
オーデパルファン  50mL
12月1日(日)全国限定発売

シャリマーコレクション ラインナップ

時代を超えて愛される「シャリマー」

今から400年程前、ムガール帝国の皇帝シャー・ジャハーンは最愛の王妃ムムターズ・マハルのために、サンスクリット語で“愛の神殿”を意味する「シャリマー庭園」を贈りました。
そんな最愛の王妃が亡くなると、皇帝はひどい悲しみに打ちひしがれ、不滅の愛を証明するため建設したのが、かの有名なタージ・マハル。
この物語に感銘を受けた三代目調香師ジャック ゲランは、このフレグランスを“愛の神殿”を意味するシャリマー庭園から「シャリマー」と名付け、1925年に世界初のオリエンタル フレグランスとして発表しました。
レイモン・ゲランがデザインした「シャリマー」のボトルは同年、パリ万国博覧会で最高賞を受賞。
その曲線はシャリマー庭園の泉からイメージされたもので、扇形の透明なサファイア色のキャップは、シャリマー庭園に永遠に流れる噴水を象徴しています。

全国の有名百貨店ゲランコーナー、直営店ゲランブティック・サロンにて販売。

ニュースの出典元:ゲラン株式会社

Recommend

関連するタグ