世界遺産の始まりの場所!巨大神殿「アブ・シンベル神殿」

charlies_wanderings

ピラミッドやスフィンクスと並ぶ
エジプトの人気スポット「アブ・シンベル神殿」
世界遺産創設のきっかけとなった遺跡です

  • 作成日:
  • 更新日:

ADVERTISING

mvandersluis

アブ・シンベル神殿は、エジプト王ラムセス2世(紀元前1279年~13年)が建てた2つの神殿からなる遺跡です。
ナイル川西岸、クルスクの南側にある砂岩の崖に彫られたこの神殿は、1813年に発見されるまでは知られていませんでした。

1960年代には、ダムの建設計画により、水没の危機にあいましたが、ユネスコの協力によって移築工事が行われました。
この、アブ・シンベル神殿の救出がきっかけとなり、世界の遺跡や自然を守る「世界遺産」という制度ができたのです。

voyagefox_

上の写真は、アブ・シンベル大神殿。
神殿の入り口の両側にラムセス2世の像が4体並んでいます。
ラムセス2世像の足の周りには、ラムセスの子供たち、王妃ネフェルタリ、母ムトゥイを表す小さな像が彫られています。
移築工事中は、多数に切断されたとは思えない、精巧なつくりです。

アブ・シンベル神殿には、年に2回(2月22日と10月22日)、大神殿の一番奥にある至聖所に、朝日が差し込む奇跡が見られる”ラムセスデー”と呼ばれる日があります。
もともとはラムセス2世の誕生日とラムセス2世が王に即位した日に、この奇跡が起こるように設計されていましたが、移築した現在は日にちがずれてしまいました。

voyagefox_

大神殿のすぐ北側には、女神ハトホルを祀るために、王妃ネフェルタリに捧げられた小さな神殿があります。
こちらの神殿では、ネフェルタリ像を2体のラムセス2世像がはさむ形で立ち、それが対になっています。

アブ・シンベル神殿は、ライトアップされる夜も楽しめます。
別途入場料が必要ですが、神殿の内部の神秘的なレリーフも必見です。

アブ・シンベル神殿(Abu Simbel Temple)/アスワン・ゴヴェーノラテ<エジプト>

出典: charlies_wanderings

Abu Simbel,Egypt
※アスワン空港からアブ・シンベル神殿への無料シャトルバスあり

エジプト政府観光局 公式WEB

おすすめ記事

#海外旅行に関する記事

GENICによる、おすすめの海外旅行。人気の観光地、フォトスポット、カフェ、ホテルなどを中心にご紹介。女子旅、カップル旅、ひとり旅の計画などにお役立てください。

Photo:skipwithgrace

#世界の不思議と謎に関する記事

世界は、現代の科学では解明できない謎と不思議とミステリーで溢れています。古代文明の遺跡、建築物、自然の脅威、アート等、ロマンに溢れた記事をご紹介します。

世界中のフォトスポットを地図で!

GENIC WORLD MAP

GENIC編集部のコラムで紹介したスポットは、こちらの世界地図からもご確認いただけます。

※ 本記事内のすべての個人写真は、アカウント所有者より許可を得て掲載しております。

次の記事