今季は“ジャラづけ”!?フェンディの人気アイコンバッグが極小サイズになって登場!

GENIC NEWS

2019年春夏でも話題になり、今なおファン増加中、FENDI(フェンディ)の大人気アイコンバッグ「Baguette(バゲット)」が、今季の秋冬コレクションで、ユニークなナノサイズバーションへと変身。小さくても機能性が◎なナノサイズバゲットは、ジャラづけがおすすめ。

“ミニ”より小さい「ナノバゲット」

1997年にシルヴィア・フェンディがデザインし、2019年春夏コレクションで復活を遂げた、フェンディのアイコンバッグ「バゲット」。
2019~20年の秋冬コレクションでは、ひとつじゃ到底満足できない!いくつも欲しくなる!物欲がとまらない!キュートなナノサイズになって登場です。

伝説のバッグのバランスを保ち、本来のユニークなスタイルやDNAを忠実に受け継いでいます。

現代のミレニアル世代のスタイルにぴったりな「ナノ バゲット」は、レギュラーサイズのバッグのクオリティとクラフツマンシップを反映しながら、小さくても機能性に富んだデザインに進化しています。


「ナノ バゲット」はプレイフルでコンパクトなのに、必要不可欠なものと秘密を持ち歩くのにピッタリ。とてもフレキシブルなので、いろいろな方法で身につけられます。
取りはずし可能な細いチェーンストラップでクロスボディに、背面についているバックルを使えば、他のバッグのストラップやベルトに付けることもできます。
アイコニックなセレリアレザーからラグジュアリーなクロコまで、素材のバリエーションはほぼ無限!

2019年8月28日(水)より、フェンディ直営店とfendi.comにて発売開始。

ニュースの出典元:フェンディ ジャパン

Recommend

関連するタグ