作りたて生タピオカ♡台湾発のタピオカ専門店「WHO'S TEA」が日本にやってきた

GENIC NEWS

ひげのモチーフがデザインされたカップが印象的な、台湾発タピオカ専門店「WHO'S TEA(フーズティ)」が、日本初上陸しました。店内で手づくりされた無添加の生タピオカが味わえます。タピオカの種類もバリエーション豊か!タピ活している人は必見です。

WHO'S TEAが日本初上陸

台湾で話題のタピオカ専門店「WHO'S TEA」の日本第1号店が、6月28日(金)イオンモール成田にオープンしました。

WHO'S TEAは、2011年に台湾の台中で1号店をオープンし、現在、台湾に40店舗、中国、アメリカなどに19店舗を展開しています。
メニューへのこだわりは、店内で手づくりする無添加の台湾製生タピオカ。種類は、いちご、抹茶、黒ゴマ、マンゴーなどバリエーション豊富な品揃えで、タピオカドリンクの製造過程を、店頭で楽しむことができます。

新鮮なタピオカからつくるドリンクは全部で15種類。ドリンク以外にもサンドイッチなど人気のフードメニューも揃います。

「WHO’S TEA」とは、中国語で「ひげ茶」という意味。ひげをブランドのモチーフとし、カップやストッパー、店内などさまざまな場所にブランドモチーフであるひげがデザインされ、多くの人に親しまれています。

<メニュー(一部)>
■黒ひげミルクティー M 600円、L 700円
■白ひげチーズティー M 600円、L 700円
■台湾80年代ミルクティー M 500円、L 600円
■ミックスフルーツティー M 500円、L 600円

WHO'S TEA 店舗情報

住所:千葉県成田市ウイング土屋24
営業時間:10:00~22:00
オープン日: 2019年6月28日(金)

Google Maps

ニュースの出典元:合同会社WHO'S TEA JAPA

Recommend

関連するタグ