沖縄県宮古島に“隠れ家”的リゾート「the rescape」が誕生!

GENIC NEWS

2019年5月、沖縄県宮古島の東海岸エリアにリゾート「the rescape(ザ・リスケープ)」が開業。手つかずの自然の中で、本来の心と身体を取り戻し、宮古島の大自然や文化を感じてみて。ライトアップされたテラスが広がるバーで、泡盛片手に素敵な夜を♡

「the rescape」開業

沖縄県内でも希少性の高い天然ビーチと原生林に囲まれた手つかずの自然が残る宮古島・東海岸エリアのまさに隠れ家(ハイダウェイ)とも呼べる立地に位置するthe rescapeは、大自然の中でゆったりと流れる時間を五感で感じ、本来の心と身体を取り戻す時間を提供するハイダウェイリゾートとして誕生。
「rescape」は、日常生活から離れ心身をリセットする 「retreat」と、脱出するなどの意味を持つ 「escape」を合わせた名称です。

自然と島の文化を感じる客室

プレミアスイートヴィラ

ゲストルームは、1棟独立のヴィラタイプを中心に40平米から112平米までの9タイプ41室。
室内でも自然や時間の移ろいを感じられるよう、リビングの大きな窓をはじめ寝室や浴室にも窓があり、内部の色彩や照明計画で外部の自然環境をより美しく見せる工夫が施され、シンプルなデザインで自然を最大限に楽しめるような空間に。

プライベートプール(41室中3室は屋外ジャグジーあり)

客室や共用部には、琉球藍で染めたテキスタイルやクバのオブジェ、手成形のガラス照明など沖縄や宮古島の手しごとが取り入れられ、客室玄関には宮古島で魔除けとして伝わる水字貝を吊るすなど、宮古島の文化を感じられるデザインが各所に見られます。

大自然を活かしたオリジナルアクティビティ

プールテラス

敷地の一番奥には、南国のリゾート気分を満喫できるプールテラスがあります。ホテル目の前のビーチで毎朝開催されるサンライズヨガなど、施設内外の豊かな自然を身体いっぱいに感じられるオリジナルアクティビティがあり、それぞれのスタイルで自然の魅力を感じられる体験ができます。

素潜り漁見学ツアー

当ホテルのフロントマネージャー兼素潜漁師のスタッフが案内する「素潜り漁見学ツアー」も開催。

島の食材を味わう宮古島キュイジーヌ

レストラン

大きな窓から宮古ブルーの海を一望できるレセプション棟2階には、宮古島の豊かな海と大地で育まれた島食材を使った料理が堪能できるレストランがあります。
朝食には宮古島の食材をふんだんに盛り込んだアイランドプレートを、ランチにはグリーンカレーや島のオーガニック野菜を使用したサンドイッチなどを、ディナーにはフランス料理をベースにした宮古島キュイジーヌを。ディナータイムは、客室や共用部のアートも手がけた沖縄陶芸界の第一人者 大嶺實清さんや、ガラス作家おおやぶみよさんによる器も楽しめます。

ライトアップされ幻想的な水盤テラスが広がるレセプション棟1階のバーでは、泡盛や島のハーブやフルーツで作るカクテルなどを、敷地内の森のラウンジでは、淹れたてのコーヒーが楽しめます。

Miyako Island Plate

<営業時間・メニュー> ※ 料金は全て税・サービス料込
レストラン
朝食:7:00~11:00(L.O. 10:00) Miyako Island Plate 3,000円
ランチ:12:00~15:00(L.O. 14:00) ザ・リスケープ グリーンカレー等 1,800円~
ディナー:18:00~22:00(L.O. 21:00) フルコース“クマザ海岸” 12,000円
席数:42席(うち個室12席)

バー
18:00~22:00(L.O. 21:30) パラダイスモヒート等 1,500円~
席数:28席

ホテル内のアートやインテリアと連動したギャラリーショップ

レセプション棟1階には、地域の文化や素材を題材にデザイン活動を行うUDSのプロダクトブランド「su+(スプラス)」によるギャラリーショップを併設。
the rescapeの客室や共用部のアートワークを手がけたクリエイターの作品などが揃い、沖縄や宮古島に古くから伝わる伝統を大切にしながら革新を続ける作り手の想いや、島に長く受け継がれてきた民工芸品の魅力を発信しています。

the rescape 基本情報

住所:沖縄県宮古島市城辺長間1901-1
アクセス:宮古島空港より車で約15分 / みやこ下地島空港ターミナルより車で45分
開業日:2019年5月6日
電話:0980-74-4120
客室数:41室
付帯施設:レストラン、バー、ギャラリーショップ、プールテラス

Google Maps

ニュースの出典元:沖縄UDS株式会社

Recommend

前の記事