ドイツ発のマテ茶ドリンクが日本初上陸!新感覚のティースカッシュドリンク「ChariTea Mate」

GENIC NEWS

ドイツ発サステナブルドリンクブランド「ChariTea (チャリティ)」のマテ茶フレーバー「ChariTea Mate(チャリティマテ)」が、4月下旬より本格販売されました。茶葉の味を最大限に引き出し、ほんのりとしたやさしい甘みが特徴のドリンク。おいしさは美食家たちのお墨付き◎

新感覚のティースカッシュドリンク「ChariTea Mate」

日本初上陸となる「ChariTea」は、“ホームメイドレシピのおいしいドリンク”をモットーに2009年に立ち上げられたドイツ発のサステナブルドリンクブランドです。
今回発売された「ChariTea」のマテ茶フレーバー「ChariTea mate」は、幅広い飲み方が楽しめるのが魅力。
イギリスの高級食品小売組合が主催する「食のオスカー」とも呼ばれる権威ある美食の国際大会「Great Taste Award」で1つ星★も受賞しています。

オーガニック・フェアトレード原料を使用し、茶葉の味を最大限に引き出し、ほんのりとしたやさしい甘みが特徴のチャリティーは、子どもから大人まで楽しめるドリンクです。スッキリとした飲み心地は、和洋中どんなジャンルのお料理ともペアリングが可能です。

チャリティマテおいしさのこだわり

・有機JAS認証取得(オーガニック)
・原材料は全てオーガニック原料を使用
・甘みにはアガベシロップを使用
・原材料は6つだけのシンプルレシピ
・スリランカの有機農場で栽培されたマテ茶と紅茶の絶妙なブレンド
・着色料・甘味料など人工合成添加物一切不使用

チャリティがサステナブルドリンクと呼ばれる理由

・​売り上げの一部を茶葉の原産地でもある南米地域に利益還元
・原料は全てオーガニック・フェアトレードの農場で作られたものを使用
・1ボトルにつき約7円をLEMONAID&ChariTea財団に還元
・リサイクル&アップサイクルが可能なガラスボトルを使用

など、生産者・メーカー・消費者・地球の全てがオーガニックな循環となるビジネスモデルを体現化しています。

チャリティマテのおいしい飲み方

1.冷やしてそのままスッキリと​
マテ茶にはミネラル、特に鉄分とカルシウムの含有量が高く、ビタミンはAとBを多く含んでいます。葉緑素も豊富に含むことから、通称「飲むサラダ」とも言われています。(日本マテ茶協会調べ) 食欲が減退しがちな夏、冷やしてチャリティマテを飲めば暑い夏でもカラダスッキリ!

2.お酒と割ってティーカクテルに
ジンやウォッカなどの蒸留酒との相性が抜群なチャリティマテ。ほんのりとした甘みもあるので、トニックウォーターの代わりにチャリティマテで割って大人なスタイルで楽しむのもオススメ。蒸留酒は糖質もゼロ、オーガニックなチャリティで割ればカラダにやさしいカクテルの完成です。

アイテム詳細

▪️Organic ChariTea Mate チャリティマテ 
価格:398円(税抜)
内容量:330ml
商品名:チャリティー有機マテ茶
原材料:炭酸水、有機マテ茶、有機紅茶、有機アガベ、有機オレンジジュース、有機レモンジュース
原産国:ドイツ

ニュースの出典元:アリサン有限会社

Recommend

前の記事