ピンク湖や白い砂丘♡西オーストラリアの感動必至スポットたち

プロトラベラー aiai

西オーストラリア州には、ピンクの湖や白い砂丘など、他にはないような絶景が溢れています。イルカやジュゴンなど動物の宝庫でもあります。自然好きの人は一度は行くべき!そんな西オーストラリア州の見どころを、プロトラベラーのaiaiがご紹介します。

岩の群れ、ピナクルズ

aiai0311

世界遺産のピナクルズは、ナンバン国立公園の中にある、不思議な形をした岩の群れです。
パースから車で約3時間と、レンタカーで行きやすい距離です。パースから、長距離バスや4WDのツアーなども出ています。

西オーストラリアのピナクルズ

大きな岩やとがった岩などが、広大な砂漠の地から突き出ています。

西オーストラリアのピナクルズ

日中の青空と黄色い砂地のコントラストも素敵ですが、サンセットタイムのピナクルズもとても綺麗です。
赤く染まっていくピナクルズも良いし、シルエットもかっこ良く、他の惑星にいるかのような光景です。

Google Maps

ランセリン大砂丘

aiai0311

ランセリン大砂丘は、パースから車で約2時間のところにある、ランセリンという海辺の町にある白い砂丘です。
パースからは、ピナクルズとセットのツアーが出ていることが多いです。
日帰りで気軽に行ける点もおすすめです。

西オーストラリアのランセリン砂丘

目の前に広がる壮大な真っ白い世界に、興奮が止まりません!
4WDで砂丘をジェットコースターみたいに駆け巡ったり、サンドボードで滑ったりすることもできます。
そのままコロコロ転がるだけでも楽しいので、汚れても良い服や動きやすい服がおすすめです。

aiai0311

砂紋もとっても綺麗!
ふかふかの砂丘の上を歩く感触もぜひ味わってください♡
砂がカメラに入り込んでしまう可能性があるので、袋に入れるなどガードしておくと安心です。

Google Maps

ハットラグーン

西オーストラリアのピンクレイク

パースから車で約6時間、西オーストラリアをロードトリップするならぜひ立ち寄っていただきたい、ハットラグーン。
別名「ピンクレイク」の通り、本当にピンク色をした湖です。

aiai0311

気候や時間帯、天気によって、ピンクが濃かったり薄かったりと、見え方が違います。

西オーストラリアのピンクレイク

塩分濃度が高く、そこに生息しているバクテリアが体内でカロテンを形成するので、ピンク色になっています。

Google Maps

シャークベイ

世界遺産のシャークベイは、自然が豊かで美しく、ジュゴンやジンベイザメ、イルカ、エイ、エミュー、そしてカンガルーなど、さまざまな動物が生息しています。
パースから車で約10時間と長距離ですが、それでも行く価値のある大自然が待っていて、ロードトリップを楽しみながらぜひ訪れていただきたいです。
パースからツアーも出ています。

モンキーマイア

西オーストラリアのモンキーマイア

モンキーマイアは、野生のイルカに餌付けできる、西オーストラリアの定番観光スポットのひとつです。
餌付けは無料。予約も不要で、誰でも参加できます。

aiai0311

こんなに浅瀬でイルカを見られることは、なかなかない!
餌付けの時間は決まっているので、事前にネットやホテルで確認しておきましょう。

西オーストラリアのモンキーマイア

その他、モンキーマイアはエミューやペリカンなど、いろいろな動物の宝庫!
ビーチはのんびりしていて、イルカを見た後はちょっとまったりとしていくのも良いですよ。

Google Maps

シェルビーチ

西オーストラリアのシェルビーチ

シェルビーチはその名の通り、貝殻でできたビーチです。
可愛らしい小さな貝殻で埋め尽くされた白いビーチと海、空の青とのコントラストが美しい。

西オーストラリアのシェルビーチ

海の中は透明度抜群!

西オーストラリアのシェルビーチ

遠浅の穏やかな海は、海に浸かってのんびりするだけでも気持ち良いです。
砂浜と違って貝殻は、砂がつくことがなく、寝転がってゆっくりするのにもおすすめ。
ただ、尖ったシェルもあるので、敷物やサンダルは必須です。

飛行機で上空から

aiai0311

シャークベイは、車で一つひとつのスポットを回るのも良いですが、その美しい大自然を上空から見るのもおすすめ!
自然の不思議や壮大さ、地球の美しさに感動すること間違いなしです。

aiai0311

これは、Useless Loopという塩田。さまざまな水色のパッチワークがかわいい。
飛行機ツアーのお値段は決して安くはないですが、思い切って奮発する価値はあると思います!

シャークベイ飛行機ツアー会社はこちら

aiai

2016年よりミツバチワークスに所属し、プロトラベラーとして活動を開始。「プロトラベラーの中で1番写真に厳しい!」と仲間たちに言われるほど、写真として写し出される世界にこだわりを持つ。Instagramに投稿されるカラフルな写真たちは、優しく、そしてHappyな雰囲気に満ちており、見る人に癒しを与えている。

Recommend

前の記事